カテゴリー「03 タブレット・ノートPC」の107件の記事

OneMix4 プラチナエディションを買ったぞ

OneMix4 プラチナエディションを買った。ミニノート大好きなオレには当然の流れなのだが...

ワクワクしながら液晶画面を開いてみたら、画面がムラムラなんだけど!
液晶保護フィルムがはじめから貼ってあるらしく、フィルムのムラだった。保護フィルムを剥がしたら直ったけどそれでいいのか?

細部の作りも悪くないのだが、値段相当かと言うとあと一歩って感じで、特にキーボードがイマイチだ。

日本語キーボードを選んだが、配列に癖があり、いつまでたっても慣れないくらい変だよ。
また矢印キーの構造がおかしく、左右キーの下側を押しても反応しない。キートップは大きくても実際は小さい。これは設計不良レベルだね。

ちょっと作業すると、直ぐに冷却ファンが回ってうるさい。バッテリーも持ちはそれほど長くない... とモバイルノートとしては致命的にバランスが悪い。

自己満足の世界なので、優越感を満たしてほしいところだが、残念すぎる1台だね。

| | コメント (0)

Lenovo Yoga Book C930 が壊れた。ショック...

Yoga Book C930のキーボードに線欠陥が... とても気に入っていたのでショックは大きい。
大切に使っていたのに、ちょうどメーカー保証が切れた頃に発生するとは不運すぎる。

| | コメント (0)

久しぶりにタブレット買いあさり

最新モデルを見比べて,何台も買ってタブレットを見直しました。
時間があったらレビューしたいのですが,趣味のゴルフが忙しくて...

| | コメント (0)

Lenovo Yoga Book を3台連続で買ったぞ

Lenovo Yoga Bookを全部買ってみた。Android版、Windows版、最後にC930(Windows版)
とてもギミックなノートPCでコンセプトは素晴らしいと思う。特にC930はE-Inkのキーボードと組み合わせは、最初で最後のモデルだろう。
薄型ノートとしてもダントツの薄さかと思う。

| | コメント (0)

Xiaomi Mi Max2のケースはどれがいい?

Xiaomi Mi Max2は予想以上によかったので革ケースに入れよう。
定番のPDairには専用ケースがなかったので,類似サイズの機種から選ぶことになる。Xperia Z UltraとGalaxy Mega 6.3が一番違いサイズだろう。

型番 Xiaomi
Mi Max2

Sony
Xperia Z Ultra
Samsung
Galaxy Mega 6.3
88.7mm △ 92mm:ちょっと大きめ ○ 88mm:ジャストサイズ
長さ 174.1mm △ 179mm:ちょっと大きめ △ 167.6mm:ちょっと小さめ
厚さ 7.6mm △ 6.5mm:ちょっと薄め ○ 8.0mm:ジャストサイズ

Galaxy Mega 6.3のほうがサイズ的には近いがあとはケースの好みとなる。まとめてみるとこんな感じになる。

入れ方 蓋の有無 Sony
Xperia Z Ultra用
Samsung
Galaxy Mega 6.3用
縦入れ スリップイン Vertical Pouch Case
△ 以前に購入したことがあるがイマイチだった
Vertical Pouch Case
× 角の形状がマッチしない可能性あり
縦入れ 蓋付き Envelope Style Case
○ シンプルで無駄がない感じ
-
横入れ スリップイン Horizontal Pouch Case (Belt Clip)
× ベルトクリップは邪魔なだけ
Horizontal Pouch Case (Belt Clip)
× ベルトクリップは邪魔なだけ
横入れ 蓋付き Business Style Case
△ 悪くないがマグネットがやや邪魔
Business Style Case
△ 悪くないがマグネットがやや邪魔

Galaxy Mega 6.3のBusiness Style Caseがサイズとしてはマッチしていると思う。しかしカードホルダーやマグネットなど仰々しいので厚さがケースの気になる。
またUSB充電やイヤホンとのケーブル接続を考えると縦入れのほうが利便性が高い。
サイズ的にはやや大きめで不安はあるも機能的にはXperia Z UltraのEnvelope Style Caseが最適だろう。

...で届いた革ケースがこれ。今回はSH-06Fとお揃いで茶色にしてみた。

Mx14 Mx13

センターのステッチがオシャレに演出。

Mx16 Mx15

パタパタと蓋の開け閉めがたまらなくいい感じ。蓋の裏側にPDairの刻印があるのもさり気ない。

Mx17

サイド部のボタンがちょうどよく露出される。ボタンを押すことはないだろうが...

Mx18

ただ残念なことにサイズはちょっと大きめだ。幅は問題ないが¥長さが1cmくらい隙間ができてしまう。実害はないのだが...

Mx19

ジャストサイズ~ッとまではいかなかったが,今回も十分に許容範囲で満足なケースをチョイスできたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Xiaomi Mi Max2を買ってみたら かな~りいい感じ

AQUOS PAD SH-06Fは今でも使いやすい最高のサイズなのだが,dtab Compact d-01Jとサクサク動作と比較するとさすがに遅さを感じるようになってきた。
7インチクラスの最新タブレットはどれがいいか?7インチまではなくても最近では6インチ台のファブレットも増えてきたものだ。

Sony Xperia C5 Ultra → XA Ultra → XA1 UltraはZ Ultraの流れで6インチに若干サイズダウンされているが,そのサイド部のベゼルレスからくるコンパクトさは魅力的だ。
しかし現物を見てみると意外と細部の作りが雑でちょっと購買意欲がわかない。

そんなこんなでいろいろと物色しながら最終的に選んだのがコレ Xiaomi Mi Max2。画面サイズは6.44インチでXperia Z Ultraを彷彿する。
日本では電波の周波数がマッチしないこともあり,なかなか手に入らないので,中国サイトGeekbuying よりポチッと購入。

そして待つこと40日間...(って遅すぎ~) やっと到着したぞ。

Mx1

デザインはiPhoneのパクリでサイズを大きくしただけって気もする。全体的に丸みを帯びたデザインなためとても握りやすくてスペック以上に薄く感じる。

Mx2 Mx3

中国語がチョロっと記載されているが,文字が小さいので気になるレベルではない。(ブラックのグローバルモデルは英語のみかと)

Mx4

細部の作りはdtab Compact d-01Jよりもいいと感じるくらい上質で大満足。カメラや指紋認証

Mx6 Mx5

USB端子やイヤホン端子

Mx8 Mx7

電源ボタンに音量ボタン,一切の手抜きを感じない。Xiaomiの本気度を感じる機種だ。

Mx9

SH-06Fと比較してみると本体の縦サイズは同等なのだが,画面サイズの差はたった0.5インチでも縦横比の違いもありかなり小さく感じる。
SH-06Fと同じように使うのは難しそうだ。

Mx10 Mx11

ベゼル幅を比較してみるとこんな感じで,逆にSH-06Fの優秀さを感じる。

Mx12

実際に使ってみていちばん感じたのは,バッテリーの持ちが驚異的にいいこと。スマホというよりはタブレットとしてダラダラ使いたいので,長時間耐えられるのは本当に助かる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ピンソケットの電源ケーブルは残念すぎる~

海外製のノートPCの電源アダプタは,3ピンで巨大+ケーブルが太くて硬いとモバイル感ゼロという残念な仕様です。(異常するぎる...)
電源ケーブルを替えると間違いなくハッピーになれます。

Dl1

3ピンコネクタ(ミッキータイプ)がちょっとゴツイがそれ以外はシンプルな形状で,ケーブルも太過ぎず取り扱いしやすい。これが普通なのだが...

Dl2 Dl3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Androidっぽいタブレット dtab Compact d-01Jを買った

ドコモ dtab Compact d-01Jが到着した。もちろん色はゴールドっす。

Dt1 Dt2

前の記事のカメラ部はこんな感じの細かなラインのパターンになっていてちょっとオシャレに見える。

Dt3

細部に渡って精巧な作りで物欲が満たされる。Amazon Fire HD8とは大違いだ。

Dt5 Dt4

サイズは通常の8インチタブレットと同程度で厚さはとても薄い。特にサイド部がカーブしており更に薄く感じる。
その分 バッテリーの時間だけはちょっと短いような気がするが,使い勝手のほうは全く問題ない。
こういうタブレットを待っていたのでよくぞ作ってくれたHuawei様。久しぶりに大~満足なモバイルギアだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Androidっぽいタブレット dtab Compact d-01Jの色はどっちがいい?

ドコモのdtab Compact d-01Jにするにもシルバーとゴールドの2色あるようだ。まずは現物を見てこようっと。
シルバーは可もなく不可もなく無難って感じだ。ゴールドはいかにもAppleパクリって気がしたが,かなり控えめな色で高級感があり悪くない。
逆に画面側の縁がワンポイントになってシルバーよりもスマートに見える。

J2

裏側を見るとカメラ部の表情が全く違っている。シルバーは真っ白で色が浮いているように感じる。
一方 ゴールドのほうは細いラインでメタル調になっており,メタルシャーシとも一体感がある。

J1

これは迷わずにゴールドをポチッとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Androidっぽいタブレット 次は何がいい?

Fire HD8(2016)が壊れたので次はどうしようか?やはり8インチクラスのタブレットはないと何かと困るものだ。
またFire HD8(Newモデル)を買うか?今ならプライム会員のクーポンコード『FIRE8PROMO』でかなり安く買えるようだ。

またHuawei Mediapad M3が今どきのAppleもどきのデザインで人気があるようなので一緒に比較してみた。

< ref. >
Fire HD 8
(2016)

Amazon
Fire HD 8
(Newモデル)
Huawei
Mediapad
M3
Docomo
dtab Compact
d-01J
< 所有 >
AQUOS PAD
SH-06F
画面サイズ 8インチ 8インチ ◎ 8.4インチ ◎ 8.4インチ × 7インチ
解像度 1280 x 800 1280×800 2560x1600 2560x1600 〇1920×1200
CPU クアッドコア
1.3GHz
クアッドコア
1.3GHz
◎ オクタコア
2.3GHz+1.8GHz
◎ オクタコア
2.3GHz+1.8GHz
〇 クアッドコア
2.3GHz
RAM 1.5GB 1.5GB ◎ 3GB/4GB ◎ 3GB 〇 2GB
容量 16GB 16GB/32GB ◎ 32GB/64GB 16GB 〇 32GB
128mm 128mm ○ 124.2mm 〇 124mm ◎ 106mm
長さ 214mm 214mm × 215.5mm × 216mm ◎ 175mm
厚さ 9.2mm × 9.7mm ◎ 7.3mm ◎ 7.3mm ◎ 8.4mm
重量 341g × 369g 〇 310g 〇 325g ◎ 233g
その他 - - ◎ LTE,指紋認証 ◎ LTE,指紋認証 〇 LTE

Fire HD8(Newモデル)は厚くて重いのか... 裏を返せば丈夫ってことかもしれないが,今以上に悪化するのはちょっとキツイな。
また手持ちのAQUOS PAD SH-06Fと比較して見劣っているのもイマイチだ。
一方 Mediapad M3はかな~り優秀でタブレットの究極形って感じ。またM3をベースにしたdtab Compact d-01Jでも十分すぎる性能バランスと思う。

こりゃFire HD8(Newモデル)をリピートすると安物買いの銭失いになりそうなので,ここは最新技術を搭載したdtab Compact d-01Jにすべきだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧