カテゴリー「05 デジカメ」の18件の記事

Sony DSC-RX100 フラッシュが故障した

Sony DSC-RX100のフラッシュが全く点灯しなくなってしまった...。裏技のバウンス撮影ばかりしていたのが悪いのだろうか。

Fl1 Fl2

幸いなことに5年の延長保証に入っていたので,迷わずメーカー修理することにした。

これがフラッシュの交換部品。フラッシュの根元にフレキシブルケーブルがあり,バウンズ撮影で中途半端な角度に保持するとケーブルに負担がかかりそうな感じだ。
無理な力がかからないよう黒いテープで補強されているようにも見える。

Fl3 Fl4

やはり裏技にはリスクがつきものってことなので気を付けようっと。

【 追記 】
修理後にフラッシュが飛び出ると電源が突然落ちるようになってしまった。ケーブルの接続不良だろうか... と思っていたら対策方法がFAQにありました。

(Q) 電源が切れる(サイバーショット)
(A) バッテリーもしくはバッテリーチャージャー(充電器)の端子が汚れていないか確認します。

何だそれ?って思いながらもバッテリーの端子を洗浄したら直ったぞ。
端子が汚れて接触が弱い状態でフラッシュが飛び出ると,その衝撃で接触不良となり電源が落ちるという原因か... なるほどって感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影用LED照明 サンテック LED126 6474

本ブログでも写真を多用しているが,きちんと撮ろうとすると照明が意外と難しい。
フラッシュをたくときは反射防止のためバウンスフラッシュなんて小技を使ったりしている。Sony DSC-RX100のフラッシュを手で押さえて角度を上に向けているだけなんだけど...

てなわけで撮影用のLEDライトを探してみた。中国メーカーの安物が多く,作りの悪さで絶対に後悔しそう。
そんな中で偶然見つけたのがサンテック LED126 6474。日本メーカー品だけど実はB級品で通常は色温度が5200Kのところ4600Kと低い...

Led1 Led2

LEDが126個搭載されていて,照明部の大きさは146×97(雲台168)×42.5mmと思ったよりもコンパクト。

Led3

スイッチ類の細部の作りもしっかりしている。中国製でも日本メーカー品質って感じだ。

Led4 Led5

さっそく電池を入れて動作テスト。メーカー/新古の違う乾電池/2次電池とバラバラな組合せは好ましくないが単三電池を6本も使うので...

Led6

<取扱説明書より引用>

Led02

LEDの色ムラもなく問題なく点灯(右写真はソフトフィルターを外したところ)。何となく色目が緑っぽいというのが感想。たぶん色温度が低いので黄色味が強くでているのだろう。

Led7 Led8

<取扱説明書より引用/5200Kの場合だが...>

Led01

Led03

アンバーフィルター(左写真)に替えるとかなり黄色くなって確かに電球色って感じた。
またマゼンタフィルター(右写真)は取扱説明書に書いてある通りに緑味が薄くなる。4600KのB級品ではこれが標準だろう。

Led9 Led10

持ち運ぶためにやはりケースに入れたいものだ。手持ちのケースで試したところCDソフトケースあたりがジャストサイズってところだ。

ファスナー式のソフトケースでもシュー部の角度を調整すればピッタリ入る。

Led11 Led12

巾着タイプのクッションケースでもシュー部を折りたためばきちんと入る。

Led13 Led14

4600Kと色濃度で気になるところはあるが,輝度があれば色目は撮影時のホワイトバランス設定や撮影後の写真加工で何とかなるので,しばらく使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 に液晶保護フィルム

RX100に保護フィルムを貼ってみた。FZ150のときはハクバ品を貼ってイマイチだったので,今回はKenko品を選んでみた。
ハードコートはもちろん,真空蒸着タイプと何やらすごそうな反射防止コート,防汚加工と全部入り。

Pf1

ジャストサイズといいながら,ちょっと小さめでソニーのロゴがやっとカバーできるレベル。フィルムのコシも粘着力もほどよくて貼りやすい。
紫っぽい反射色があるが,ハクバ品の時のようなマダラ感はないのでとてもきれいだ。

Pf2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 ケースはどれがいい?(その3)

RX100のセミハードケースに続きソフトケースも選んでみた。

エレコム GRAPH GEAR DGB-059BK: サイズ的に問題なさそうだし,RX100が適用機種に載っているので安心だろう。
よくあるクッション性のあるソフトケースだが,丁寧に裁縫してあり品質は良好。

El1 El2

SPG-IP2-Mとのサイズを比較すると幅が広く薄い。

El3 El6

実際にRX100を入れてみると,厚さが膨らんでSPG-IP2-Mと同じくらいのサイズになる。

El4 El7

ストラップ穴も開いているが,ダブルファスナーなのでファスナー間からストラップを通せるのでとても扱いやすい。

Rxc1

ではどちらがいいのかって?ケースバイケース(ダジャレではない)だろうが,個人的はDGB-059のほうが好みだ。
カメラ本体に形状が追従して非常にコンパクトに収納できるのがいい。ファスナーでの取り出しは面倒だが,逆に全体がカバーされている安心感がある。

SPG-IP2-Mはサッと取り出せて便利なのだが,フタ部の隙間やマグネットの弱さがセミハードの安心感を損なっている。
専用ケースではないので少し遊びがあり,カメラ本体が中でガタガタ動くのもイマイチだ。
またカメラを取り出してもケース自体の占有体積は変わらず,場所を取り続けるのもデメリットに感じる。

ベルトに固定して運ぶときはSPG-IP2-Mのほうが見た目もいいが,バックやポケットの中,首にぶら下げて運ぶならDGB-059が適しているだろう。
(DGB-059はポケットに入れても違和感がないが,SPG-IP2-Mはさすがに厳しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 ケースはどれがいい?(その2)

RX100のレザーケースはあきらめてセミハードケースにしよう。
ぴったりサイズで定番らしいハクバ PIXGEAR SPG-IP2-MBK(メーカーHPには黒がないのだがもしかして廃番?)

Cs1

先に買った牛革ケースよりもしっかりとした作りだ。材質はセミハードなので見た目以上に硬くて丈夫。

Cs3 Cs4

RX100を入れてみるとやや遊びがあってジャストサイズとまではいかないが,確かに十分なフィット感だ。
残念ながらマグネットは弱くて心細い。ケースのコシに負けて開きやすい。

Cs5 Cs6

とにかくこれでRX100のケース探しは一段落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 ケースはどれがいい?

RX100にぴったりの牛革ケースがあるらしいので買ってみたが... とりあえず入手した2個を比較。

ライカのロゴがワンポイントとなってカッコよく見えなくもない。何やら雰囲気が違うと思ったら,

Xx1 Xx2

サイドフックの取り付け位置が違っているぞ。またベルトループの取付けも異常に斜めになっている。(ひとつは平行なので仕様ではないと思う)

Xx3 Xx4

単にサイドフックの位置が違うだけなら問題ないのだが,ひとつは内側に固定金具が剥き出しになっている。これではカメラ本体が傷付く可能性が大きくてケースの意味がない...

Xx5 Xx6

サイズやデザイン的にはかなり惜しいが,そんなこんなとちょこちょこ品質の不具合があって,やはり価格なりの作り。

Xx7

ちなみに付属ベルトやストラップは縫い合わせがずれていたり,とても雑な作りで商品としての魅力は全くなし。(使うのが恥ずかしいレベル)
なぜか2個のストラップの仕様が違っているのも不思議。

Xx8

いくらなんでも適当すぎない??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 物欲ファイヤーッ

2年前のネオ一眼オレブームでPanasonic DMC-FZ150を買ったのだが,残念ながら自分の使い方には合っていない。
サイズが大きくて外に持ち出すことがない。なので超望遠を使うことは全くない。画質はコンデジレベルできれいではない。
何となくデジイチに引け目を感じる... などなど。モバイラーにとってサイズは一番重要ってことで,やっぱりコンデジに戻ろう。

コンデジのなかで1インチの大型センサーを搭載したSony DSC-RX100がすこぶる評判がいいらしい。
見た目一眼で実はコンデジのネオ一眼ではなく,見た目はコンデジで実は一眼レベルってことだろう。
とか考えているうちに物欲スイッチが勝手に作動して... 気付いたら手元に届いていた。

Sy1

レンズが大きめの普通のコンデジに見えるが,ここにとんでもない能力が秘められているのか。

Sy2

他の付属品。バッテリーは... 小さッ。

Sy3 Sy4

ACアダプタはどこかで見たような... 型番は違うがXperia Tablet S用と同じ形だ。

Sy5 Sy6

さてさてその実力のほどは。久しぶりにアトムくんの登場(2年ぶり,まだ持っていたのか... ) 比較としてはネオ一眼代表のFZ-150
(RX100の操作がよくわからない状態での撮影なのだが... )

《 RX100の写真
Rx1 Rx2

《 FZ150の写真
Fz1 Fz2

《 RX100の写真
Rx3 Rx4

《 FZ150の写真
Fz3 Fz4

RX100はなんか暗くてピントもボケぎみ。一方でFZ150は焦点深度が深くてピントが合った明るい写真。
パッと見はFZ150が良さそうだがだが,よくよく見ると全く逆の印象。 RX100が断然に魅力的な絵作りなのだ。
こんなしょうもない写真だがボケ具合がいい雰囲気をかもし出している。
FZ150の写真は拡大してみると粒子の荒さが見えてざらついているのに対し,RX100はマッタリと自然な色でつながっている様子がわかる。
写真素人なのでうまく表現できないが,RX100のすごさはわかる気がする。記録として写真を撮るのではなく,見たものを絵として残して置きたくなる機種だ。

あとで気付いたのだが,RX100はボケ具合をダイヤルひとつで調整できるようだ。ボケているというよりはF1.8で無理やりぼかしている?
確かにこの距離差でのボケ状態に違和感を感じていた。でもRX100がいとも簡単に魅力的な写真を撮らせてくれるのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panasonic LUMIX DMC-FZ150にレンズ保護フィルター(2枚目)

FZ150のレンズ保護フィルター MARUMI DHG UVがイマイチだったので,パナソニック純正品 DMW-LMC52を買った。仕方が無く...

DMW-LMC52はしっかりとしたパッケージとケースに入っている。これが普通なのだが。

Fl1 Fl2

DHG UVと比較してみると枠の色が全く違うことがわかる。DHG UVは超薄枠と表記されているが,DMW-LMC52とさほど変わらないじゃん。

Fl3 Fl4

FZ150に装着してみたところ。DMW-LMC52はやや黒光りしてるがとっても色目がマッチしており,違和感はない。

Fl6 Fl9

Fl7 Fl5

MADE IN JAPANの文字がトップになってしまったが,こういうものなのか?できればLUMIXやPanasonicの文字のほうがよかったが。

Fl8

レンズキャップを付けたところ,残念ながら咬み込みが浅いのはDHG UVと同じだが,少しマシなような気がする。

Fl10

不満が全て解消したわけではないが,しばらく使ってみることにしよう。

【 追記 】 レンズフード装着に関してコメントがあったので追加

DMW-LMC52の上にレンズフードを付けたところ。レンズフードはフィルター部のネジとは関係ないところに装着するので,全く問題ない。(当たり前だが...)

Fd1

フード側から覗いたところ。保護フィルターがはみ出していないのでしっくり収まっているのがわかる。

Fd2 Fd3

もちろんレンズキャップも装着できる。構造的にフィルターがあったほうがレンズキャップしやすいかもしれない。

Fd4

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Panasonic LUMIX DMC-FZ150 文句なしのカメラ性能

カメラ性能って言えるほどFZ150を使いこなせていないのだが...

■ 少し暗めの屋内での撮影

Fz1 Fz2

■ 次は花のアップ

Fz3 Z1

Fz4 Z2

Fz5 Z3

Fz6 Z4

当たり前だが言うこと無しの画質なので,あとはテクニックを磨くだけ。(一番肝心なセンスがないんだけど... )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Panasonic LUMIX DMC-FZ150にはカメラバッグがいい

FZ150やFZ28は意外と軽いので普通のかばんでも十分に持ち歩ける。これならあまり仰々しいカメラケースはいらんぞ。
バッグからサッとデジカメを取り出してサクッと撮影っていうほうがスマートじゃん。デジ一眼じゃないんだし。
というこで,専用ケースはやめて簡易バッグを探してみよう。機能よりも見た目重視で...

吉田カバン PORTER FREESTYLEのカメラバッグ(Sサイズ)

Bag1

ネオ一眼やコンパクト一眼にちょうどいいサイズで十分な保護機能もありそうだし,これならデジカメ用以外でも使えるだろう。

早速 FZ150を入れてみたら,かなりピッタリでいい感じなのだが,これじゃ他に何も入れられないぞ。
バッテリーチャージャーと予備バッテリーくらいならギリギリ入るか... 。この向きで入れるとファインダーのデッパリがとってもジャマだ。

Bag3

取り出しやすさからはグリップを上にして入れたいところだが,さすがにそれは無理。Lサイズのほうがいいかも?

Bag2

ってか早く画質比較しろよっていう突っ込みはなしでお願いします。何事も形から入るほうなので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)