« 2017年11月 | トップページ | 2018年3月 »

2017年12月の2件の記事

Sony DSC-RX100 フラッシュが故障した

Sony DSC-RX100のフラッシュが全く点灯しなくなってしまった...。裏技のバウンス撮影ばかりしていたのが悪いのだろうか。

Fl1 Fl2

幸いなことに5年の延長保証に入っていたので,迷わずメーカー修理することにした。

これがフラッシュの交換部品。フラッシュの根元にフレキシブルケーブルがあり,バウンズ撮影で中途半端な角度に保持するとケーブルに負担がかかりそうな感じだ。
無理な力がかからないよう黒いテープで補強されているようにも見える。

Fl3 Fl4

やはり裏技にはリスクがつきものってことなので気を付けようっと。

【 追記 】
修理後にフラッシュが飛び出ると電源が突然落ちるようになってしまった。ケーブルの接続不良だろうか... と思っていたら対策方法がFAQにありました。

(Q) 電源が切れる(サイバーショット)
(A) バッテリーもしくはバッテリーチャージャー(充電器)の端子が汚れていないか確認します。

何だそれ?って思いながらもバッテリーの端子を洗浄したら直ったぞ。
端子が汚れて接触が弱い状態でフラッシュが飛び出ると,その衝撃で接触不良となり電源が落ちるという原因か... なるほどって感じ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

dtab Compact d-01J ケースはどれがいい?

dtab Compact d-01Jでもスリップインケースを探してみた。もちろん専用ケースはないので,同じようなタブレットで探すしかない。
dtab Compact d-01Jは124mm×216mm×7.3mmなので,似たサイズはGalaxy Tab S8.4:126mm×213mm×6.6mm,
Galaxy Tab A(2017):124.1mm×212.1mmx8.9mm,Xperia Z3 Tablet Compact:123.6mm×213mm×6.4mmあたりが一番近そうだ。
これらのタブレットに対応した本革のスリップインケースはお気に入りPDairにいちおうあったけどちょっとお高めで...

意外にもKindle Fire HD8 2016:128mm×214mm×9.2mmもサイズ的にはそう遠くはないので,お手軽にこんなPUレザーケースも悪くないが材質や作りでチープ感があってイマイチだ。
アレコレしつこく探していたら,質感と価格がいい感じのスリップインケースを見つけたぞ。Kindle Fire HD8 2016用のケースなので長さがちょっと不安になりながらポチッとな。

Cs1 Cs2

材質はPUレザーだが見た目は革そのもの。エッジ処理や縫い目も丁寧な作りで高級感があり期待できる。

Cs3 Cs4

早速dtab Compact d-01Jを滑り込ませてみると,幅はちょっと余裕があるが悪くない感じだ。

Cs5 Cs6

そしてその長さは... ガ~ンッ 極わずかに足らない。ほんの0.数ミリってところだが若干はみ出てしまうよ~。
カバーとして十分に機能するので実害はないのだがケースマニアにとってはちょっと残念。

Cs7

...とあきらめるのはまだ早い。本体にケースが馴染んでくると何とピッタリサイズになったぞ。超ラッキー!

Cs8

ケースの厚さも薄くてdtab Compact d-01Jの薄さも犠牲にせず,これこそスリップインケースという大満足のお買い物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ | 2018年3月 »