« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年12月の3件の記事

WN802 ってどんな感じ?

WN802を実際に使ってみた感想などを。

1) 動作は比較的機敏だが,ベンチマークしてみるとさほど良くない
M81Cよりは高性能っぽいが,TW508より若干いいくらいのレベルで思ったほどではない。
やはり省電力とグラフィック強化したローエンドという位置付けだな。

Crystalmark 2004R3のベンチマーク

TransBook T90 Chi YOGA Tablet2 LaVie Tab TW508 VivoTab8 M81C マウスコンピューターWN802
CPU Z3775 Z3745 Z3736F Z3745 Z8300
CrystalMark 97111 86538 80623 75599 78030
ALU 28933 22942 20094 19699 20647
FPU 25003 20148 17085 16529 17396
MEM 18414 16624 18046 14734 18084
HDD 12799 19570 19129 18802 15196
GDI 5182 4324 3768 3602 3761
D2D 3333 (エラー) (エラー) (エラー) (エラー)
OGL 3447 2930 2501 2233 2946

2) 画質はかなり悪い
白色部などギラギラと干渉模様が目立つ。こんなひどい液晶を見るのは久しぶりだ。
画質調整でコントラストや青を強くしたり,黒系をベースとした壁紙にすると若干気になりにくくなるが,慣れるまで辛抱。
一方で明るさ0%でも意外と見えるのはうれしい誤算だ。

3) 画面端のタッチパネル操作がおかしい
画面の最外周部の調整が甘いのか誤操作しやすい。タッチパネルの設定で調整してみたが改善できず。
タッチペンを使っても努力むなしく,かなりのストレスで致命的...。TouchMousePointerの併用はマストだ。

Pen

4) スリープ死しやすい
これはWindowsタブレット共通の問題かもしれないが,画面真っ暗やPCシャットダウン画面になりシャットダウンや復帰の操作できいのは困りものだ。
いろいろ設定変更で軽減できるが,WN802は電源ボタン+音量ダウンでなぜか復帰できる。

5) リカバリーできない
マニュアル通りに回復メニューよりリカバリーしても工場出荷時の状態に戻らない。ドライバ不足のようで,無線LANアダプタやいろいろなものが不能となる。
その中でタッチパネルも操作できないので,外付けキーボード/マウスなしでは何もできない...

Device

6) その他
microSD露出のワンポイント比較:左写真はTranscend TS64GUSDU1,右写真はSAMSUNG PRO MB-MG64D
この辺りはお好みで...

Sd1 Sd2

Sd3 Sd4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windowsなタブレット 懲りずに7台目... WN802 マウスコンピューター

タブレットPCはASUS VIVO Tab8 M81Cで完結したかと思いきや,マウスコンピューター WN802を買ってしまった。
VIVO Tab8 M81Cは悪くないのだが,やはりモッサリ感があって動作が遅い気がする。

そんなとこに発売となったのがWN802だ。Atom x5-Z8300って新しそうだし,初めからWindows10ってのも面倒くさくない。
日本メーカー品なので中華パッドより安心品質だろう。Windowsフォンも少し気になりながらもポチッとな。

Wn01

本体の見た目はどれも同じようなものなのだが,裏側はメタル調をベースに上下の部分が対称となった小洒落たデザインだ。
ただ残念なのは白い部分はプラスチッキーで成形がやや甘いのと,色がアイボリー系なんだけど...

Wn02 Wn03

初めから画面保護フィルムが貼ってあるが,浮いていたりゴミが入っていたりイマイチなので直ぐに剥がしたほうがいい。

Wn04

側面のボタン類は出っ張っているので押しやすいが,見た目よりも機能重視って感じだ。

Wn06 Wn07

底面のスピーカー部はかなりチープ感が出ている。音は非常に薄っぺらでとりあえず鳴っているレベルだが,基本的にはイヤホンを使うので問題ない。

Wn05

上部にインターフェース類が集まっている。実用的でいいのだが,Windowsボタンもあるのでケースの出し入れ等でスイッチが入ってしまう。回避する設定はあるのだろうか?
またmicroSDカードはかなり露出する設計だ。ある意味ワンポイントと思ったほうがいい。

Wn08

あれッエッジ部が欠けている~... と思ったらマイク部だった。ん~紛らわしい。

Wn09 Wn10

さらに画面縁の中央部に何かポッチがあるのだが,明るさセンサーか何かなのだろうか?

Wn18

付属品のACアダプタとUSBケーブル類。これまた実用性重視であまり使いたいと思わない。

Wn11 Wn12

せっかくなのでM81Cと並べた様子。全体サイズは一回り小さくて,高さ1.7mm×幅3.4mmだけコンパクトになっている。
特に側面が狭額縁に見えるのはとても印象がいい。

Wn13 Wn14

厚さはM81Cより若干厚いのだが,実際に持ってみるととても薄く感じる。これは側面のR形状に工夫されているためだろう。

Wn15

スリップインケースに入れた様子。
左はDigio2 TBC-FC81403SL,サイズが小さくなったのでガバガバ感が増している。
右はサンワサプライ PDA-IPAD45BK,本体がまだギリギリはみ出すが使えるレベルだ。横はガバガバだけど。

Wn16 Wn17

細かな動作関連のレビューは後ほどに...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VAIO TAP21 初期化してみた

VAIO TAP21を初期化してみた... ってWindows10にしないのかって?
タブレットPCはWindows10にしたほうが絶対にいいけど,デスクトップPCならWindows8.1のままでも気にならない。

さてSSD換装したTAP21だったが,マニュアル通りの手順でレスキューモードで立ち上げても,起動失敗とかでリカバリー領域が使えなくなっているぞ。

V1

仕方がないのであらかじめ作っていおいたリカバリーメディアで初期化したが,やはりクローンコピーだと無理なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »