« Sony VAIO L SVL2411 分解するぞ | トップページ | 今度はHDDケースでオウルテック 黒角 OWL-ESL35S/U3 »

Sony VAIO L SVL2411 SSD換装するぞ

Sony VAIO SVL2411の分解で中身がわかったので,次はベーシックにSSD換装を。
128MBでは手狭なのだが,手元にあったCFD CSSD-S6T128NHG5Qを使うことにした。外付けSSDケースも気に入らなかったので... ォィォィ 理由はそこかょ > オレ。

まずは手順通りにHDDユニットを取り外す。
ここに3.5インチ変換マウンタでSSDを固定するのだが,HDDとSSDとではコネクタ位置が異なり,シャーシ開口部と合わない。

Sd2

シャーシの内部でコネクタを接続できるようSSDを位置決めすれば問題ない。

Vl33 Sd3

SSD換装前にHDDのクローンを作っておいたのだが,すんなりは認識してくれず。

Sd1

よくあるパターンらしいので,この辺を参考にしながらMBRを修正したのだが... スタートアップ修復できず。
回復ディスクのWindowsバージョンを変えても同じで,Windowsバージョンと互換性がないやら,スタートアップオプションを保存できないやら,F11で起動したりしなかったりと全く解決できず断念。
仕方がなくクリーンインストールでMBRを書き込もうとしても,SSD/BIOS設定が違うとかで何もできず。

どうやら64bitなのでMBRではなくて,EFIやらGPTやら訳のわからないことをクリアしないとダメっぽい。
結局最後はリカバリーディスクから初期化することにした。復元にはかなりの時間がかかる... ぜんぜん目盛りが進まないぞ~。

Sd4

やっとリカバリーが完了。もちろん起動も問題なし... なんだけど何となく空き容量が小さいような。
何とSSD内にリカバリー領域まで作られていた。そこまで復元するのか?

Sd5

OEMパーティション:たぶんVAIO Careとかで使うのだろう。
回復パーティション:リカバリー領域だろう。
EFIシステムパーティション:これが悩ませたGPT。
予約済みパーティション:これは削除してC:ドライブと統合させた。

OEMパーティションと回復パーティションは不要なので2つは削除~統合できたが,EFIシステムパーティションが中間にあってC:ドライブとは統合できず。
なんだそりゃ。ただでさえ手狭の128MBなのに21GBと98GBに分断されてしまうとは。EFIシステムパーティションさえ移動できれば...

ということで,EFIシステムパーティションの位置を変えることにチャレンジすること数日。
EaseUS Partition MasterとAOMEI Backupperを駆使して,EFIシステムパーティションを削除や復元しても同じ場所で変わらず。
EFIシステムパーティションを一旦削除してスタートアップ修復しても元の場所に作られてしまう。

かなりギブアップ気味だったが,手作業でEFIシステムパーティションを作ってみることにした。何やらわからないGPTなのだが...

1) EaseUS Partition Masterで大胆にEFIシステムパーティションを削除
2) Windows7 インストールディスクのシステム回復ツールのコマンドプロンプトを立ち上げる
3) こんな感じでコマンド入力
diskpart
list disk
select disk 0
create partition efi size=100
format quick fs=fat32
exit
bcdboot C:\Windows /l ja-jp
4) こんなんでいいの?って感じだが無事にWindows7が起動

きとんとEFIシステムパーティションが先頭に作成されておりイメージ通り。(しかも元々の260MBから100MBとコンパクトにできたのもちょっとうれしい)

Sd6

EaseUS Partition Masterで空き容量とC:ドライブを統合すると,

Sd8

見事にEFIシステムパーティションとC:ドライブ(119GB)が完成した。

Sd7

ではやっと落ち着いたところで,SSDの効果を。

1) Crystalmark 2004R3のベンチマーク(2回)

SVL2411 SSD換装 SVL2411
CrystalMark 291902,289923 251822,254564
ALU 67693,66466 69041,69490
FPU 55451,55105 55961,56058
MEM 55288,54923 53758,56126
HDD 43373,43542 15554,15011
GDI 17237,17249 17153,17465
D2D 11626,11580 11513,11747
OGL 41234,41058 28842,28667

2) Windows エクスペリエンス インデックス (左がSSD換装後,右がオリジナル)

Sd9 Vaio

当たり前だがHDDのスコアが大幅に向上,体感速度も間違いなく機敏になった。
Windows7の起動時間はログイン画面まで45秒くらいかかっていたものが,16秒と1/3くらいに短縮された。本当にスパスパ動く感じだ。
またそれ以上にHDDの動作音が完全になくなり,静音化できたのはうれしい。CPU温度が45℃以下ではほぼ無音レベル。
温度が50℃を超えると冷却ファンが動作してブ~ンと普通のレベルになるが,HDDアクセス音がないのは最高だ。
(ちなみにSSDの温度は30℃以下のヒエヒエ)
常時静かなだけにファン動作時の音が逆に目立ってくるが,やはりSSDの効果は絶大だ。

【 警告 】 機器の分解・改造により故障や事故等の不具合が発生する危険性があります。一切の責任を取れませんので実施されるときはご自身の責任でお願いします。

|

« Sony VAIO L SVL2411 分解するぞ | トップページ | 今度はHDDケースでオウルテック 黒角 OWL-ESL35S/U3 »

04 デスクトップPC・周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/59682798

この記事へのトラックバック一覧です: Sony VAIO L SVL2411 SSD換装するぞ:

« Sony VAIO L SVL2411 分解するぞ | トップページ | 今度はHDDケースでオウルテック 黒角 OWL-ESL35S/U3 »