« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年5月の3件の記事

XPS One DVDドライブTeac DV-W28SLC 交換

XPS Oneの故障したDVDドライブを換装できるのだろうか?スロットインタイプなので選択肢はあまりなさそうだ。
Teac DV-W28SLC-1D1をいろいろ調べてみたが,DV-W28SLCはほとんどがOEM用で互換性は不明。
特にケーブルセレクト設定でマスター/スレーブタイプがあるので要注意らしい。

とりあえず換装できそうなDV-W28SLC-0J1という型番のものを入手してみた。一か八か...

Dr14

見た目はDV-W28SLC-1D1と全く同じ。

Dr12 Dr13

早速取り付けてみたが結果は失敗。マスター/スレーブの認識エラーのようでOSも正常に起動しない状況。
調べてみるとノートPC等での換装で同じような事例がたくさんあり,裏技が確立されているようだ。
①47番ピンをアルミテープ等で45番ピンとGND結線,②47番ピンを折り曲げてオープン ,③更に48番ピンも折り曲げて47番ピンとGND結線

そこで,①~③のうちダメ元で②の47番ピンを折り曲げてみたら,正常に認識されるようになったぞ。(先駆者の方々に感謝)

Dr16 Dr15

換装して変わったこと。
・ PC起動時や終了時のドライブ音が変わった。キュッとかわいく鳴く
・ EJECTセンサースイッチを使うと点灯したままの状態となる。ドライバーを再インストールしても変わらず。
原因は不明だが,DVDドライブ本体のEJECTボタンが関係しているかもしれない。
    換装前 DV-W28SLC-1D1:ボタンを押してもEJECT作動しなかった。
    換装後 DV-W28SLC-0J1:ボタンを押すとEJECT作動した。
この辺をもう少し調べてみると何か判るかもしれないが,実害もないし面倒なのでヨシとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外付けDVDドライブ パナソニック LF-P867C

XPS OneのDVDドライブが故障したので,大昔に入手したパナソニック LF-P867Cを取り付けてみた。
最近の外付けドライブはノートPC用スリムドライブを流用したトレイタイプが多いので, LF-P867Cのように蓋がパカッと開くタイプは珍しいと思う。

Dvd1 Dvd2

とても古い機種だが,CDケースサイズでいまだにコンパクトな部類に入るだろう。まだまだ現役だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XPS One DVDドライブTeac DV-W28SLC 故障

XPS OneのDVDマルチドライブが故障してしまった。スロットインタイプなのだがEJECTしてもDiscが排出されない。
とりあえずDiscだけでも救出しなければ... ということでまたXPS Oneを分解することに。

この手順で裏側のパネルを取り外せば,DVDマルチドライブにアクセスできる。

Dr1

型番はTeac DV-W28SLC-1D1。

Dr2 Dr6

あとは固定ネジやケーブルを外していけば簡単にDVDドライブユニットを取り外せる。

Dr3 Dr4

DVDドライブ本体にボタンやピン穴があるが,これを押したり突いたりしてもDiscは排出できなかった。やはりドライブを分解するしかないか...

Dr5

DVDドライブのネジを適当に外してドライブを分解,無事にDiscを救出完了。
ドライブを分解した状態でスロットインからDiscセット/排出の動きを確認してみたが,とてもメカニカルな動作で故障を直せる気がしない。
あれこれいじっていて判ったのだが,ピン穴を使ってこのギミックなメカをマニュアル操作できるぞ。

Dr7 Dr8

ドライブを分解しなくても次の方法でDiscを排出することができる。
①電源をOFFにしてPC本体の裏側パネルを外す。
②DVDドライブ部の基盤を固定している下側のネジを外す。

Dr10

③基盤を少しスライドさせて,DVDドライブのピン穴が見えるようにする。

Dr9

④ピン穴にクリップなどで押し込み,Discを排出する。スイッチを押すイメージではなく,何度もグイグイと押してメカニカルなギアを動かす。

Dr11

こういうときにスリットインタイプは不便だ。とりあえず外付けDVDドライブでも使うか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年8月 »