« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月の20件の記事

オレの定番すぎる保護フィルム OverLay

定番シリーズで次は保護フィルムOverLay備忘録。

ASUS TransBook T90 Chi:OverLay Blliriant

Ch13

Lenovo YOGA Tablet2OverLay Brilliant

Ob01

iPhone5S:OverLay Magic/Brilliant

Ol2

Sony Xperia Z UltraOverLay Magic

Pf1

Sony Xperia Tablet SOverLay Magic

Xptb22

Nintendo 3DS LLOverLay Brilliant

Ds1

LG optimus GOverLay Magic

G14

LG Optimus chat L-04COverLay Brilliant

ol1.jpg

Sharp LYNX SH-10BOverLay Brilliant

Ol1

Toshiba dynapocket IS02OverLay Brilliant

Isf2

HTC Touch Pro HT-01AOverLay Brilliant

Ob1

HTC Touch Pro E30HTOverLay Brilliant×2枚

Hf1

HTC Touch Diamond S21HTOverLay Brilliant

Overlay

記憶にあるだけで15枚か... これは間違いなく多い。ミヤビックスにお金払い過ぎ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレの定番すぎるケース PDair

PDairは何個買ったのだろう。ということで記事や記憶をさかのぼってみた。

AQUOS PAD SH-06F:縦型ポーチ

Pd1

Sony Xperia Z Ultra:縦型ポーチ

Pd2

Nintendo 3DS LL:横型ポーチ

Ds3

Sony Xperia Pro MK16a:縦型ポーチ

Pda02

HTC Touch Pro E30HT:縦型ポーチ

Pd06

HTC Touch Pro HT-01A:縦型ポーチ

Ht08

HP H2210:手帳型,フリップ型

8個か... 思ったほど多くない。

せっかくなのでキーホルダーコレクションも。

Pd5

Pd9

Ds6

Pda09

Pd7

Pd13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra ケースはどれがいい?(その2)

Xperia Z Ultraのケースを探したが,結局のところワンパターンのPDairへ。
手帳ケースタイプやポーチタイプなどいろいろ揃っているが,一番シンプルで薄い縦型ポーチタイプにした。
色は過去に経験したケースからの色移りを恐れて本体と同じホワイト... 弱気だな。 >オレ。

Pd1

PDair品は何個も購入したことはあるが黒以外は初めて。オフホワイトとかではなく完全な真っ白で,Xperia Z Ultra本体よりも白い。

Pd2 Pd10

細部の作りはいつもながら丁寧で良好。サイドゴムだけは黒色のまま。

Pd3 Pd4

Xperia Z Ultraを入れてみるともちろんピッタリサイズ。ファブレット本体の2~3倍の厚さになってしまうが,使用時は取り出すので問題ない。
かなり丈夫な作りで始めはケースがきつく感じるが,使っているうちに馴染んでほどよいホールド感になる。

Pd5

ケースに入れたままイヤホンやmicro SDカードは使える。電源ボタンはサイドゴムの下にくるので,間違って電源ONとなることはなさそうだ。

Pd6

USBコネクタは使えるので充電は問題ない。マグネットコネクタで充電するときは本体をずらしてケーブル接続することになる。

Pd7

... とこんな感じで大きな不満はないのだが,ちょっと残念なことに今回は目立つ裁縫ズレがあった。
WEB上の写真でも同等の品質なのでたぶん不良レベルではないだろう。

Pd8

もちろん忘れていません,オマケのPDairキーホルダー(5個目)。今回はレッドステッチでカジュアルバージョン。

Pd9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra ケースはどれがいい?

Xperia Z Ultraのケースをずっと探していたが,店舗に市販されているものを一通り見てもどれもこれもイマイチ。
手帳カバータイプが多く販売されているが,あのスタイルは性に合わない。
ラスタバナナに専用スリーブケースがあるが,現物を触ってみるとペラペラな材質で粗品レベル。

とりあえず手元にあるソフトケースに適当に物色したら,100均のメッシュケースがかなり近いサイズだった。
幅はピッタリだが少し長い。端部のクッションも心細い。とにかくチープ感たっぷり...

Zuc1 Zuc2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンパクトな巻き取り式microUSBケーブル(その6)

懲りずにまた巻き取り式microUSBケーブルを買ってみた。小洒落たコネクタ形状で巻取りリール部が小さいのが今回のポイント。

Cb1

ケーブルが細くて薄いため巻取りリール部を薄く小さくできたようだ。変なロゴシールがないのも逆にシンプルでいい。
(ケーブル長さは他と比べて数cm短い)

Cb2 Cb3

別に不満はないのだが,残念ながら充電専用でデータ通信はできなかった。ダメだこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 に液晶保護フィルム

RX100に保護フィルムを貼ってみた。FZ150のときはハクバ品を貼ってイマイチだったので,今回はKenko品を選んでみた。
ハードコートはもちろん,真空蒸着タイプと何やらすごそうな反射防止コート,防汚加工と全部入り。

Pf1

ジャストサイズといいながら,ちょっと小さめでソニーのロゴがやっとカバーできるレベル。フィルムのコシも粘着力もほどよくて貼りやすい。
紫っぽい反射色があるが,ハクバ品の時のようなマダラ感はないのでとてもきれいだ。

Pf2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 ケースはどれがいい?(その3)

RX100のセミハードケースに続きソフトケースも選んでみた。

エレコム GRAPH GEAR DGB-059BK: サイズ的に問題なさそうだし,RX100が適用機種に載っているので安心だろう。
よくあるクッション性のあるソフトケースだが,丁寧に裁縫してあり品質は良好。

El1 El2

SPG-IP2-Mとのサイズを比較すると幅が広く薄い。

El3 El6

実際にRX100を入れてみると,厚さが膨らんでSPG-IP2-Mと同じくらいのサイズになる。

El4 El7

ストラップ穴も開いているが,ダブルファスナーなのでファスナー間からストラップを通せるのでとても扱いやすい。

Rxc1

ではどちらがいいのかって?ケースバイケース(ダジャレではない)だろうが,個人的はDGB-059のほうが好みだ。
カメラ本体に形状が追従して非常にコンパクトに収納できるのがいい。ファスナーでの取り出しは面倒だが,逆に全体がカバーされている安心感がある。

SPG-IP2-Mはサッと取り出せて便利なのだが,フタ部の隙間やマグネットの弱さがセミハードの安心感を損なっている。
専用ケースではないので少し遊びがあり,カメラ本体が中でガタガタ動くのもイマイチだ。
またカメラを取り出してもケース自体の占有体積は変わらず,場所を取り続けるのもデメリットに感じる。

ベルトに固定して運ぶときはSPG-IP2-Mのほうが見た目もいいが,バックやポケットの中,首にぶら下げて運ぶならDGB-059が適しているだろう。
(DGB-059はポケットに入れても違和感がないが,SPG-IP2-Mはさすがに厳しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 ケースはどれがいい?(その2)

RX100のレザーケースはあきらめてセミハードケースにしよう。
ぴったりサイズで定番らしいハクバ PIXGEAR SPG-IP2-MBK(メーカーHPには黒がないのだがもしかして廃番?)

Cs1

先に買った牛革ケースよりもしっかりとした作りだ。材質はセミハードなので見た目以上に硬くて丈夫。

Cs3 Cs4

RX100を入れてみるとやや遊びがあってジャストサイズとまではいかないが,確かに十分なフィット感だ。
残念ながらマグネットは弱くて心細い。ケースのコシに負けて開きやすい。

Cs5 Cs6

とにかくこれでRX100のケース探しは一段落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony SBH52って必要か?

BluetoothハンドセットSBH52は携帯電話のように通話ができるのか... Xperia Z Ultraと組み合わせるとクールのような気もする。
んッ... 待てよ,MW600を持っているじゃん。> オレ。

Sp3

久しぶりに取り出したMW600だが,かなり前に充電したバッテリーがまだ残っていて驚き。
これにスピーカー機能があればSBH52と同じことができるはず。

ミニピンプラグとスピーカー一体のものを探してみたが,マイクロホンはあってもスピーカーはあまりないようだ。需要がないので当たり前だが...

キャンディースピーカー DEC-26522
サンワサプライ MM-MCSP1BK :これは一番イメージに近いが故障も多いようだ。
キューブ型ミニミニスピーカー ZY-77 :かなり音が小さいようだが,今回の用途では問題ないだろう。

早速 ZY-77を100均で買ってきた。

Sp1 Sp2

MW600と接続してみると... デカッ,カッコワルッ。

Sp4

機能的にはSBH52相当になっているはずだが,気になるのはマイクとスピーカー位置が近すぎること。これではスピーカーの音をマイクが拾ってしまいそう。

Sp5

実際に通話してみた。
・ スピーカー音が小さいのが幸いしてか,心配していたマイクは問題なさそう。とりあえずは問題なく会話はできる。
・ ポジション的にスピーカー部もつまんで耳に当てて会話するので,意外と使いやすい。

でもこんなのをポケットから取り出して通話していたら変な人の仲間入り。素直にBluetoothフォンを買ったほうがいいな。

捨てる前に分解してみた写真。

Sp7 Sp8

Sp9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 ケースはどれがいい?

RX100にぴったりの牛革ケースがあるらしいので買ってみたが... とりあえず入手した2個を比較。

ライカのロゴがワンポイントとなってカッコよく見えなくもない。何やら雰囲気が違うと思ったら,

Xx1 Xx2

サイドフックの取り付け位置が違っているぞ。またベルトループの取付けも異常に斜めになっている。(ひとつは平行なので仕様ではないと思う)

Xx3 Xx4

単にサイドフックの位置が違うだけなら問題ないのだが,ひとつは内側に固定金具が剥き出しになっている。これではカメラ本体が傷付く可能性が大きくてケースの意味がない...

Xx5 Xx6

サイズやデザイン的にはかなり惜しいが,そんなこんなとちょこちょこ品質の不具合があって,やはり価格なりの作り。

Xx7

ちなみに付属ベルトやストラップは縫い合わせがずれていたり,とても雑な作りで商品としての魅力は全くなし。(使うのが恥ずかしいレベル)
なぜか2個のストラップの仕様が違っているのも不思議。

Xx8

いくらなんでも適当すぎない??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

何気にソニー好き? > オレ。

最近気付いたのだが,何気にオレの身の回りにはソニー製品が多いような。ブログネタを抽出してみると...

《 イヤホン 》
もっとソニーってことで MDR-XB21IPも買ってみた

So1 So3

変換ケーブル目当てでソニー DR-EX62VPを買った

Sy01 Sy02

ソニーエリクソン Bluetoothワイヤレスヘッドセット MW600

Mw01


《 デジカメ 》

Sony DSC-RX100 物欲ファイヤーッ

Sy1 Sy2

《 携帯・スマホ 》
Xperia Pro MK16a >オレ。最強のスマートフォン

Mk01 Mk00

Cyber-shotケータイ S006 も買ったのか

S61

iida G9を買った

G1 G7

《 タブレット 》
Sony Xperia Z Ultra オレもファブレット使いに仲間入り

Ul1 Ul2

Sony Xperia Tablet S オレもタブレット使いに仲間入り

Xptb1 Xptb3

《 ノートPC 》
今更ながら VAIO UX50を買ってしまった

Ux502

モバイルマニア(VAIO PCG-U101,VAIO Gear infoCarry)

確かにたくさんあるが人並みって気もする。たぶん気のせいだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra マグネット充電ケーブル KU-XPMMG08

Xperia Z Ultraのクレードルはイマイチってことで,マグネット式のUSB充電ケーブルを探してみた。
サードパーティからいろいろ販売されているが,マグネットが弱くて外れやすいなど不具合があるようだ。
ソニー純正品と言われているものやクレードル DK30からケーブルを取り出す荒技もあるが,純正パーツでも弱いのは変わらないだろう。
取扱いではマグネットの強さよりもケーブルのコシのほうが重要な気がする。柔らかいケーブルを使ってそうなものは... サンワサプライに何種類かある。

KU-XPMMG08          :巻取り式なので0.8mとやや短め
BM-XZ1FMGSTDUSB:クレードルタイプ,ケーブルは1mと長い
BM-XZ1FMGSTDMCR:クレードルタイプ,ケーブルは0.1mだが,micro USBケーブルで延長可能

クレードルタイプはケーブルを取り出せるかわからないので無難にKU-XPMMG08だな。巻取り部を分解してただのフラットケーブルとして使おう。
(ちなみに分解後のケーブル部の長さは77cmだった)

Mg1 Mg2

使いながら充電ってわけにはいかないが,単なる放置充電なら全く問題なく良好。クレードルより断然に使いやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony DSC-RX100 物欲ファイヤーッ

2年前のネオ一眼オレブームでPanasonic DMC-FZ150を買ったのだが,残念ながら自分の使い方には合っていない。
サイズが大きくて外に持ち出すことがない。なので超望遠を使うことは全くない。画質はコンデジレベルできれいではない。
何となくデジイチに引け目を感じる... などなど。モバイラーにとってサイズは一番重要ってことで,やっぱりコンデジに戻ろう。

コンデジのなかで1インチの大型センサーを搭載したSony DSC-RX100がすこぶる評判がいいらしい。
見た目一眼で実はコンデジのネオ一眼ではなく,見た目はコンデジで実は一眼レベルってことだろう。
とか考えているうちに物欲スイッチが勝手に作動して... 気付いたら手元に届いていた。

Sy1

レンズが大きめの普通のコンデジに見えるが,ここにとんでもない能力が秘められているのか。

Sy2

他の付属品。バッテリーは... 小さッ。

Sy3 Sy4

ACアダプタはどこかで見たような... 型番は違うがXperia Tablet S用と同じ形だ。

Sy5 Sy6

さてさてその実力のほどは。久しぶりにアトムくんの登場(2年ぶり,まだ持っていたのか... ) 比較としてはネオ一眼代表のFZ-150
(RX100の操作がよくわからない状態での撮影なのだが... )

《 RX100の写真
Rx1 Rx2

《 FZ150の写真
Fz1 Fz2

《 RX100の写真
Rx3 Rx4

《 FZ150の写真
Fz3 Fz4

RX100はなんか暗くてピントもボケぎみ。一方でFZ150は焦点深度が深くてピントが合った明るい写真。
パッと見はFZ150が良さそうだがだが,よくよく見ると全く逆の印象。 RX100が断然に魅力的な絵作りなのだ。
こんなしょうもない写真だがボケ具合がいい雰囲気をかもし出している。
FZ150の写真は拡大してみると粒子の荒さが見えてざらついているのに対し,RX100はマッタリと自然な色でつながっている様子がわかる。
写真素人なのでうまく表現できないが,RX100のすごさはわかる気がする。記録として写真を撮るのではなく,見たものを絵として残して置きたくなる機種だ。

あとで気付いたのだが,RX100はボケ具合をダイヤルひとつで調整できるようだ。ボケているというよりはF1.8で無理やりぼかしている?
確かにこの距離差でのボケ状態に違和感を感じていた。でもRX100がいとも簡単に魅力的な写真を撮らせてくれるのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra MVNOはどこがいい?

Xperia Z Ultraはデータ通信ができるので,せっかくだからMVNOと契約しとくか。2年前にイオンSIMIIJmioなど試したが,今の流行はどこなのか?
何やらキャンペーン中でお得らしいので一番人気のOCN モバイルONEでも試してみよう。

Ocn1

アンテナピクトやセルスタンバイなどバッテリー問題が出る可能性があるらしく,今回はSMS対応バージョンにした。

Ocn2

昔のような100kbps程度の劇遅プランではなく,LTEになって今のところすこぶる快適。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra 専用クレードル DK33

Xperia Z Ultra 専用クレードル DK33も買った。
まさかZ Ultra本体にクレードルが付属していると思っていなかったので,先に注文してしまったのだ。

Cr1 Cr2

クレードルの2モデルが揃ったので,せっかくなので本体付属のクレードル DK30と見た目でも比較しておこう。(写真の左がDK33で右がDK30)

Cr3

2モデルの差はUSBケーブルの有無だけだろうと思っていたが,意外にも高さが違うぞ。(写真の左がD K33で右がDK30)

Cr7 Cr4

マグネットコネクタ部も少し違っている。この形状によってどんな恩恵があるかはわからない。

Cr6 Cr5

最後に裏側の比較。DK33にはいろいろと記載されているがDK30はシンプル。

Cr8

DK33のほうを実際に使ってみたが,本体のコネクタ部とうまくミートせずに手探りするのが面倒すぎる。位置合わせマークでもあればいいのに...
たぶんクレードルが固定された状態の上にファブレット本体を載せるのではなく,クレードルがマグネットで吸い付いてアライメントされるのだろう。

ところが本体両面に保護フィルムが貼ってあると,隙間が少なくなってそれも難しくなる。
そればかりかクレードルの端部が保護フィルムを押し付けて,せっかく貼った保護フィルムが浮いてしまうぞ。どうにもこうにも使いにくいなぁ。

... ということで,クレードルが2個もあっても結局のところUSB端子から充電している。 > オレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra もちろん保護フィルム OverLay Magic

Xperia Z Ultraに保護フィルム OverLay Magicを貼った。画面側だけではなく背面側のフィルムも付いているのか。

Pf1

OverLayは何枚目かわからないくらい定番となっており,取扱いには慣れたもので寸分の狂いなくぴったりフィット。

Pf2

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Sony Xperia Z Ultra オレもファブレット使いに仲間入り

Xperia Tablet Sに大きな不満はないのだが,時代はファブレットってことで,Sony Xperia Z Ultraを買ってみた。
SOL24やSGP412JP ではなく,せっかくなのでグローバルモデルのC6833をポチッとな。

Ul1 Ul2

スマホと思うと異常なでかさだが,タブレットの代わりとしてはかなり小さい。サイズ以上に驚くのはその薄さ。時代の進歩を感じるすごさだ。
(写真の右はOptimus G,購入当時はやたら角ばったデカイスマホと思っていたが,今となっては至って普通の定番サイズ/形状)

Ul3 Ul4

C6833は海外では半年前のモデルなので目新しさはないと思うので,詳細のレビューはやめて付属品を少しだけ紹介しとく。

《 クレードル DK30  付属していると思わなかったのでかなり得した気分。

Ul5

《 ACアダプタ EP880とUSBケーブル EC801 海外仕様でプラグ形状が違うので日本では使えない。

Ul6 Ul7

Ul8

《 イヤホンマイク MH750 その音質の実力は不明。

Ul9 Ul10

これでオレもファブレット使いに仲間入り... というほど普及していないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nintendo 3DS LLだってPDairに入れちゃう

かっこいいNintendo 3DS LL(ゴア・マガラブラック)には本革のケースに入れてあげたい。となればオレ定番のPDairに決まり。

Ds2 Ds3

かなり仰々しいが相変わらずしっかりとした作り。ん~いい仕事してますな。

Ds4 Ds5

ゥォッと忘れていけないのがオマケのPDairキーホルダー(4個目)。なんと今回はレッドカラー。ますます使い道がないんだけど。

Ds6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nintendo 3DS LLだってOverLayを貼っちゃう

Nintendo 3DS LLにも液晶保護フィルムを貼っておこう。
液晶保護フィルムと言えば,オレ定番のOverLay Brilliant (本当はOverLay Magicにしたかったのだが無いようだ)

Ds1 Ds10

サイズもピッタリで貼ってあることがわからない自然な仕上がり。これで激しいゲームでも安心... ってゲームするの? > オレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Nintendo 3DS LLはカッコ悪いのだが

半年ぶりのブログ更新... たまりに溜まったデジものネタを放出するぞ。

まずは今更だがゲームネタでNintendo 3DS LL。

Ds7

DSはずっとカッコ悪いデザインと思っていたが,スペシャルパックのゴア・マガラブラックだけはかっこいい。

Ds9 Ds8

たとえMH4をやらなくても物欲をそそるハードウェアだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2014年5月 »