« 今更ながらXPS Oneパワーアップ... 最後に最強のSSD | トップページ | 久しぶりに地デジネタ Buffalo DT-F110/U2 »

ついでにAcer Veriton X270もパワーアップ

XPS Oneの改造で余ったパーツを使ってAcer Veriton X270もついでにパワーアップしてみた。
これがVeriton X270。コンパクトデスクトップPCだがビジネス用モデルなので拡張性は結構ある。

X14 X1

ついに封印シールを剥がす時がきた。これがVeriton X270の中身。

X2 X3

まずはメモリー増設... ってメモリースリットがDVDドライブの下にあっていきなりアクセスできないぞ。

X5

と思ったら,DVDドライブはフックを上げるだけで簡単にスライドして外せるギミックな仕掛けになっていた。

X6 X7

メモリースリットは2個でエルピーダ製の1GBのDDR2-800が載っていた。

X8 X10

これをXPS Oneから取り外したNanya製の1GB×2個に載せ換える。

X9

Crystalmark 2004R3のベンチマーク(2回)の結果では何となく遅くなっているような...。DDR2-800からDDR2-667にスペックダウンしたためだろうか...。
どうやらDualチャンネルになっていないようで,BIOSの設定でも項目は見当たらない。

メモリー増設 896 MB 1792 MB
MEM 8126,8163 7266,7338
Read [MB/s] 3636,3651 3508,3550
Write [MB/s] 1481,1500 1090,1116
Read/Write [MB/s] 1488,1482 1140,1147
Cache [MB/s] 14999,15085 15060,15031

お次はCPUの換装。ここは普通に外せばいい。

X13 X11

見事なくらいに集まってしまったCore 2 Duoコレクションからいくつか試しに換装してみた。

X12

Crystalmark 2004R3のベンチマーク(2回)をやってみるとその差は歴然。遅いE4500でもスコアは約2倍でE8500に関しては約3倍になっている。
やはりE8500はきちんとしたクロックで動かせれば速いのか。

CPU換装 Celeron 450 E4500 E8500(C0) E8500(E0)
ALU 9769,9815 19456,19449 31073,31102 31089,31090
Fibonacci 4067,4067 7886,7900 11120,11128 11108,11127
Napierian 1813,1827 3678,3673 8340,8338 8354,8327
Eratosthenes 1309,1340 2703,2699 3905,3902 3910,3911
QuickSort 2558,2559 5167,5155 7686,7712 7695,7703
FPU 9851,9830 19796,19865 28649,28637 28621,28660
MikoFPU 1047,1051 2112,2117 3061,3063 3064,3063
RandMeanSS 5314,5299 10676,10720 15493,15481 15463,15487
FFT 1809,1802 3646,3660 5236,5234 5237,5252
Mandelbrot 1659,1656 3340,3346 4837,4837 4835,4836

最後にHDDなのだが,こんなに最深部にレイアウトされている。一体どこからアクセスするのか見当もつかないぞ。

X4

どうやら前面パネルをまずは外すようだ。4ヶ所のツメで固定されているので慎重に外す。(下の写真にように見えないようなところにツメがある... )

Hdd9

ツメの場所さえわかれば前面パネルを簡単に取り外せる。

Hdd7 Hdd8

次にDVDドライブの固定シャーシ毎取り外す。(ネジは前面部に2ヶ所と電源部に1ヶ所)

Hdd5 Hdd4

Hdd3

これでやっとHDDにアクセスできるようになる。DVDドライブの固定といい何ともへんてこな設計だ。

Hdd1

せっかくマザーボードが露出できたので,見えないところを記念写真。ジャンパーピンが2ヵ所あるが何に使うかは不明だ。(左側はBIOSリセットのような気がするが)

Hdd2

XPS Oneから取り出したHDDを組み込めば完成。160GBから500GBに容量アップだ。

Ssd3

お決まりのCrystalmark 2004R3のベンチマーク(2回)はこんな感じ。もしかして少し遅くなっている?
WD1600AAJS-22L7A0(8MB/7200rpm/160GB)がWD5000AAKS-75A7B0(16MB/7200rpm/500GB)になっているのでスペックダウンしていないとは思うが...
>> 自分でも忘れていたがたぶんコレが原因

HDD換装 WD1600AAJS WD5000AAKS
HDD 13511,13846 12586,12613
Read 101,112 92,92
Write 107,103 85,81
RandomRead512K 43,45 42,43
RandomWrite512K 59,61 60,64
RandomRead 64K 8.3,8.2 8.8,8.6
RandomWrite 64K 24,25 27,27

Veriton X270はほとんど使わないもっさり動作のセカンドPCだったが,かなり使えるレベルまでアップしたぞ。メインPCのXPS Oneのスコアにはかなわないが...

X270 original X270改造 XPS One改造
CrystalMark 47433,47725 94253,95802 119949,119014
ALU 9769,9815 31264,31125 26168,26149
FPU 9851,9830 27089,28820 28622,27753
MEM 8126,8163 11495,11438 15824,15808
HDD 13516,13697 12586,12613 36874,36867
GDI 3575,3567 7839,7817 7849,7820
D2D 1689,1750 2612,2611 3393,3409
OGL 907,903 1368,1378 1219,1208

ってどっちも時代遅れのPCなんだけど。まだまだ現役バリバリ。



【 警告 】 機器の分解・改造により故障や事故等の不具合が発生する危険性があります。一切の責任を取れませんので実施されるときはご自身の責任でお願いします。


|

« 今更ながらXPS Oneパワーアップ... 最後に最強のSSD | トップページ | 久しぶりに地デジネタ Buffalo DT-F110/U2 »

04 デスクトップPC・周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/51587317

この記事へのトラックバック一覧です: ついでにAcer Veriton X270もパワーアップ:

« 今更ながらXPS Oneパワーアップ... 最後に最強のSSD | トップページ | 久しぶりに地デジネタ Buffalo DT-F110/U2 »