« 雑誌付録のイヤホンってどう? (その1) | トップページ | Apple イヤホン EarPods は確かにスゴイ »

雑誌付録のイヤホンってどう? (その2)

雑誌付録のイヤホン 第2弾。smart 2012年2月号に付録のSTUSSY ハイクオリティイヤフォンっぽい。
こっちもLRは識別できない。そんなのを気にする人が使うことを想定していないってことだろう。

A1

作りもよくないと思いながら眺めているとコードにキズが... やっぱり付録品質。

A2

エージングしろなんて生意気な... どれどれどんなハイクオリティな音を鳴らしてくれるんだ ってかでかすぎて耳の孔に収まらない。
しかもバリがあって痛いし。と不満を感じながらも音質を聴いてみたが,普通に悪い。
前の付録イヤホンがダメダメすぎて普通に感じるが,間違いなく安物イヤホンレベル。薄っぺらで少ない音色,強い音ではビリビリしている。

イヤーパッドを被せてみると,サイズは巨大化するが耳へのフィット感や音は少しだけ整ってくる。
普通なら高音のクリア感が犠牲になるのだが,もともと無い音域なので悪影響ゼロ。

A3

エージングしたら確かに向上するのかもしれないが,スタートラインが低すぎてダメだこりゃ。

|

« 雑誌付録のイヤホンってどう? (その1) | トップページ | Apple イヤホン EarPods は確かにスゴイ »

09 イヤホン・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/48847747

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌付録のイヤホンってどう? (その2):

« 雑誌付録のイヤホンってどう? (その1) | トップページ | Apple イヤホン EarPods は確かにスゴイ »