« Optimus chat L-04Cのケースはどれがいい?(その2) | トップページ | Optimus chat L-04Cの液晶保護フィルム »

Optimus chat L-04Cのケースはどれがいい?(その3)

とりあえず完成したフラップタイプレザージャケット改だが,どうやって両面テープで固定しようか?
固定しなくても,使うときだけケースから取り出して終わったらしまう。キャリアケースとしては十分に機能するのだが,ひとつだけ問題が。

このケースはホックが携帯の裏面にあるのだ。(このデザインになったのは固定ベルトがカメラカバーを兼ねているためだろう)

Ncs11

ホックを上面にして開くのが普通の動作だが,このケースの場合はホックを下面にする必要がある。
上面でホックを外し,ひっくり返してから開けるという一連の動作もできるが,間違えるとL-04Cが落下する悲しい結末に...

ということで,やはり両面テープでの固定は必要だな。

予備の電池カバーを持っているので,強粘着テープで完全に固定しても問題ないが,取り外したいときもあるだろうから,剥がせるタイプにしよう。

まずは電子辞書などをケースに固定するときに使う粘着シートを試してみた。

Tp1

固定力と剥がしやすさは何とかなりそうだが,剥がすときにケースと携帯本体のどちらにシートが残留するかは気まぐれだ。
またシートが厚いため携帯での操作感がいまいちだった。

片面は強粘着でもう片面は弱粘着,厚さが薄いテープはないかと探したら,理想的な両面テープを発見したぞ。

ニトムズ はがせる両面テープ くりかえし貼れる透明 T3810

Tp2
Tp3

試しに15mm幅×2cmくらいのサイズでケースに貼ってみたところ,逆さにしても携帯本体がかろうじて落下しないレベルだった。
そこで15mm幅×8cmくらい×2列で両面テープを貼ることにした。予備テストの8倍の強度なので十分なはず。

Tp4

その強度は... かなり強く固定できている。逆さにしても,たたいても携帯本体が外れることはない。
逆に剥がそうと思えば剥がせるレベルでちょうどいいぞ。

Tp5

いろいろな改造でとっても使いやすくなったケースだが,欠点がないこともない。

・ 携帯電話として使うには不自然なフラップタイプ。昔のPDAマニアみたいで白い目で見られることは必至。
・ オレンジ色の内側がレトロで安っぽく見える。
・ ケースの底部(折り曲げ部)が重要で,ここが柔らかくなると携帯本体の電源ボタンが押されてしまい知らないうちにONになってしまう。
   (実はモミモミ加工してしまった)
・ かなり厚くなる。左写真のHT-01Aケースや右のE30HTケースと大差ない厚さ... せっかくの本体の薄さが台無しに。

Tp6

|

« Optimus chat L-04Cのケースはどれがいい?(その2) | トップページ | Optimus chat L-04Cの液晶保護フィルム »

01 携帯・スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/43900623

この記事へのトラックバック一覧です: Optimus chat L-04Cのケースはどれがいい?(その3):

« Optimus chat L-04Cのケースはどれがいい?(その2) | トップページ | Optimus chat L-04Cの液晶保護フィルム »