« Optimus chat L-04Cの液晶保護フィルム(その2) | トップページ | Touch Pro HT-01Aでも裏蓋な気分(その2) »

BUFFALO Bluetoothヘッドセット BSHSBE18 レビュー

BUFFALOのBluetoothヘッドセット BSHSBE18を買ってみた。

・ 何はともあれ小さいほうがいいだろう。
・ 音楽も聴きたいのでA2DPはマストでSCMS-T対応っていうのも制限がなくていい。
・ よくわからないが,Bluetooth3.0+EDRってなんかいいことありそう。
ってなのがコレを選んだ理由。

カラーは6色。現物を見比べたところ,ブルーやレッドは写真と全然違って深みがある落ち着いた感じだった。
ATH-CKM55に続いてレッド(BSHSBE18RD)に決定。

Buf1

パッケージの中身はこんな感じ。

Buf2

ワインレッドのような赤。色の濃さにけっこう個体差があるので,現物でお好みの色目を選んだほうがいい。(オレは一番濃い色をチョイス)

Buf3

カナル型イヤホンでイヤーピースまでは結構な長さがある。

Buf4

microUSBで充電するのだが,このキャップがかなり外しにくい。

Buf5

苦労して外したところ。こんな感じで外れるのだが,

Buf6

付属のUSBケーブルでつないでみるとケーブルのコシが強すぎて扱いにくい。

Buf7

別のmicroUSBの充電器でとりあえず充電。LEDランプの赤点灯はこんな感じで,

Buf8

接続時などの青点灯はこんな感じ。

Buf9

実際に音楽を聴いてみたところまぁまぁの音質。(片耳モノラルだが,最近買ったEHP-CINT20よりは格段に上)
音域は決して広くないが,高音~低音までは普通に出ており,音楽鑑賞用としても使えるレベルだろう。

イヤーピース形状は一般的な仕様っぽいので,

Buf10 Buf11

せっかくだからお気に入りイヤーピース Maxell HP-EPM.BKに交換してみた。

Buf12

オレ耳最強なので,耳の孔にピッタリ貼り付いて装着感がアップ。

少し使ってみての感想は,
・ 接続において不安定で挙動がおかしい。Bluetooth自体がそんなものなのだが。
・ 接続先は自動選択らしいが,手動選択できないのがこんな不便だったとは。他の機器のBluetoothをOFFにしないとダメらしい。
・ 接続機器によっては結構な頻度で音がブチブチ切れる。
・ 音ズレしやすい。
MW600と違ってコード類が一切ないので快適。
・ カナル型といっても音モレはソコソコあるので大音量では特に注意。

... といろいろ具合が悪いところもあるが,価格も安いのでそんなものだろう。
一番の不具合は... 本体が意外と厚くて耳に掛けるとけっこう主張する。見た目の違和感あり。

実際に使ってみてわかったのだが,ヘッドセットは,
・ サイズよりも薄さのほうが重要
・ 機能も大切だが見た目のデザインを絶対に重視したほうがいい。

残念ながらBSHSBE18はオシャレには見えないな... 。
オシャレなヘッドセットとしては,JabraPlantronicsMotorolaとかあるが,どれも値段が高めッス。

サイズイメージの参考までに全アングルでの写真をアップしとくよ。

Buf13 Buf14

Buf15 Buf16

|

« Optimus chat L-04Cの液晶保護フィルム(その2) | トップページ | Touch Pro HT-01Aでも裏蓋な気分(その2) »

09 イヤホン・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/43985305

この記事へのトラックバック一覧です: BUFFALO Bluetoothヘッドセット BSHSBE18 レビュー:

« Optimus chat L-04Cの液晶保護フィルム(その2) | トップページ | Touch Pro HT-01Aでも裏蓋な気分(その2) »