« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月の14件の記事

Touch Pro HT-01Aの液晶保護フィルム

Touch Pro HT-01Aにも液晶保護フィルムを貼ってみよう。オレ定番(ワンパターン)のOverLay Brilliant ... っていきたかったのだが,時既に遅し。
なんともう生産停止でどこにも在庫もないのだ。

他にもボタン部の保護フィルムも付属しているものでCrystal Shieldというものもある。
たぶんOverLay Brilliantと大差ないとは思うのだが,マニアとしてはこだわってみたい。

探しに探しまくって秋葉原のモバイルプラザでやっと見つけた。しかも最後の一枚。

Ob1

スピーカー部の位置もピッタリ。

Ob3

ボタン部も貼っていることがわからないくらいピッタリ形状。

Ob2

 

これで画面のキズを気にせずにバリバリHT-01Aを使えるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cyber-shotケータイ S006のカメラ性能って(その3)

カメラ性能比較,Cyber-shotケータイ S006 vs スマホ軍団(HT-01A,E30HT,SH-10B)の屋外編です。

HT-01A
実際はこんなに青々していないのだが,深い緑が美しい。

Ht01 Ht01z Ht01z2

E30HT
実際の見た目の色に近いのだが,何か魅力がない写真。

E30 E30z E30z2

SH-10B
ウゥッ,これは何もかもがヒドイ。

Sh10 Sh10z Sh10z2

S006(プログラムオート)
さすがの高画素。細かなところまでクッキリ撮れているのがわかる。

S006 S006z S006z2

ちょっとしたスナップショットではわかりにくいが,やはりダントツの画素数でS006の勝ち。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LYNX SH-10Bにも予備バッテリー

デジモノ3種の神器 その③ 最後はLYNX SH-10Bの予備バッテリー。
厳密にはIS01のバッテリーSHI01UAAだが,全く問題ないはず。

Bat1

auついでにS006の予備バッテリーSO004UAAも2個ばかり購入しといた。

Bat2

これで2~3年分はキープっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LYNX SH-10B 白ケースは大スキ

デジモノ3種の神器 その② LYNX SH-10BでDSi用黒ケースは失敗だったので,白いケースを買ったぞ。

ロアス ニンテンドーDSi用フェイクレザーケース(ホワイト)

Ds1

外側だけが白くても内側が黒かったら意味がないが,ちゃんとグレー系の淡い色なので大丈夫だろう。
ホワイトといっても厳密はクリーム色っぽい。汚れはかなり目立ちそう。

Ds2

SH-10BはDSiよりも若干大きいのでマグネットの位置が合わないのだが,ブラックではギリギリマグネットを有効に使えたのにホワイトはマグネットまで届かない。
個体差かもしれないが,ブラックと比べて素材が厚い(コシがある)ように感じる。使い込めばもう少し柔軟になってマグネットを活用できるかもしれないが... 。

Ds3

とにかくSH-10Bのケース選定は無事に完了ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LYNX SH-10Bの液晶保護フィルム

デジモノ3種の神器 その① LYNX SH-10Bにも液晶保護フィルムを貼ってみよう。オレ定番(ワンパターン)のOverLay Brilliant

Ol1

IS01は標準で保護フィルムが貼ってあったが,SH-10Bでは必要だろう。
余談だが,IS01と同じサイズの液晶のはずなのにパネル全面がフラット形状なので画面が大きく感じる。(更にタッチもしやすい)

いつもどおりに普通にきれいに貼れた。やはり湿度が高い風呂場で作業するのがいちばんのポイントだな。何度でも貼り直しができる。

Ol2

限りなくベストポジションに貼れて,カメラ部の穴もほぼ中央部に収まっているのだが,

Ol3

なぜかセンサー部の穴は大幅にずれてしまった。保護フィルムの抜き位置の設計が甘いようだ。カメラにしてもセンサーにしてもわざわざ穴を開けないほうがいいと思うが... 。

Ol4

もし液晶保護フィルムを貼り替えることがあったら別の種類を選択することにしよう。たぶんもう無いと思うが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジモノ 3種の神器 >オレ。

大切なデジモノは必ず次の3つをやっていることに今気付いた。ワンパターンだよ。 >オレ。

①真っ先に液晶保護フィルムで画面を保護。
(とできれば予備の裏蓋を入手して,裏側も万一のキズに備える)

②ジャストサイズなケースを探し続けて完全防備。

③予備バッテリーで末永く使用可能。(実際はそんなに長く使わないのだが...)

って4つじゃんという細かいところは別にして,大切なLYNX SH-10Bのためにを急がなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT 録音アプリはどれがいい

録音アプリが欲しい。ほとんど使うことはないのだが,いざ使いたいと思ったら無いと不便なものだ。

一般的にはRECOZEROが使われているらしい... が,E30HTでは不安定で途中で止まってしまう。

Vr0

S21HTやHT-01Aにはボイスレコーダーっていうのが標準でインストールされている。シンプルだが十分な機能。
.amrという拡張子でGSM AMR-NB ファイルという形式で保存されるようだ。

Vr1 Vr2

ボイスレコーダーは,Recorder.exe と Recorder.exe.0411.mui があれば実行できるようだ。試しにE30HTに入れてみたら問題なく動作した。
とりあえず最低限の録音はできるが,S21HTのバージョン(1815.1728)では他の操作をすると録音停止してしまうので何もできない。
一方 HT-01Aのバージョンアップ(1819.2131)では停止せずに安定している。

Vr3 Vr8

他のアプリではRiAy Applicationsにいろいろとシンプルな録音アプリがあるようだ。

Dictaphone

Vr4

Dictaphone Audio Recorder

Vr5

Dictaphone Touch

Vr6

いろんな種類があるが,何がどう違うんだ?Dictaphoneはフリー。
シェアウェアになって見た目がかっこよくなったのがDictaphone Audio Recorder。
同じくシェアウェアで高機能になったのがDictaphone Touch っていう感じだろう。(たぶん)

他にもResco Audio Recorderっていうとっても良さそうなアプリもあるが,やっぱり有料か... 。

Vr7

 

録音ごときにお金をかけたくないが,結局 HT-01Aのボイスレコーダーが一番いいような気がする。
またまた気持ちはHT-01Aに傾きまくっている。 >オレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cyber-shotケータイ S006のカメラ性能って(その2)

S006のカメラ性能のキーワード検索が多いので,HT-01Aの検証ついでに撮影してみたよ。

まずはHT-01A
けっこう好みに撮れるHT-01Aと比較して,

Ht01a Ht01a2

ついでにS006
やっぱりイマイチなんだよなぁ。明るすぎて黒が弱い感じ?しまらない感じ?

S006 S0062

S006をあまり悪評しても申し訳ないし,Cyber-shotの名を持つ携帯が古いスマホのなんちゃってオマケカメラに負ける訳がないので,再トライしてみた。

これまでは解像度以外はほぼ初期設定で撮影してきたが,全ておまかせオートだったため,求めている画質と違うモードになっているような気がする。
そこで,自分で撮影モードを変えてみた。

S006 プログラムオート(初期設定)
ほとんど変わらないがザラツキ感は減ったような。明るすぎて締りがない。

P1 P2

S006 プログラムオート(明るさ-1.0)
全体的に暗くなっただけで,逆効果のように感じる。

Dk1 Dk2  

S006 プログラムオート(ISO感度100)
少ししまったが,やはり暗くなってしまった。

Iso1 Iso2  

S006 ソフトスナップモード
ノッペリとして更に明るくなってしまった。

S1 S2

S006 料理モード
もっと明るくなって色が強調された感じ。S006の中では一番いいと思う。

R1 R2

上の写真を加工(コントラストup)
明るさといいビビットな色合いといい完璧じゃん。

R1x R2x

暗いところでも明るく撮れるのがS006(Exmor R)の特徴だろう。解像度が高く色もつぶれていないので,後からイメージ加工すれば十分にきれいが写真となる。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro HT-01A もちろんカメラ性能比較

HT-01Aのカメラ性能をE30HTと比較してみた。スペック上は同じでも液晶が全く違っていたので,カメラ性能も違っていても不思議ではないだろう。

<屋内の照明で撮影>

不自然な色だけど何かいいS21HT
いつもと同じすごいコントラスト。でもいい感じ。

S21ht S21ht2

ダメダメE30HT
コントラストが弱くてやっぱりダメっす。

E30ht E30ht2

HT-01A
上の2機種と比較して... ウォーッ,明るくて色もソコソコ自然でいちばんバランスがいいじゃん。

Ht01a Ht01a2

ますますHT-01Aに本気モードとなりそうな予感... 。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LYNX SH-10B 黒ケースなんて大キライ

LYNX SH-10Bを入手してウホウホしていたのだが,何となく画面部のゴム足で片側だけ色が違うような...
気のせいかって思っていたら,どんどん濃くなっていることに気付いた。

Gmk Gmk2

もッ もしや... そうDSi用ケースで色移りしていたのだ。

大後悔

ゴム足の引っかかりが少し気になっていたが,引っかかるだけではなく,かなり擦っていたのだろう。
でもこんなに簡単に色移りするなんて,安物ケースは危ない。

黒いモバイル機器が多いので,ケースも黒系を選んでいたが,淡い色の機器ときは注意しないといけない。
ケースマニアのオレとしたことが... 大失敗+大後悔。サイズだけではなく,色にも注意ってことで。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープ Android IS01ではなくSH-10B

今度はシャープの Android機種 au IS01ではなく,ドコモ LYNX SH-10B... ってこれまたほとんど同じじゃん。> オレ。
IS01を久しぶりに触ったら,すっごく使いやすいことを再認識してしまった。ちょっとした調べものやメールチェックとかで家モバイル機種としては完璧。
ただひとつ残念なのは,個性的にすぎるデザインと指紋が目立ちすぎることだ。

ということで,キャリアは違うがSH-10Bを新品で購入してしまった。完全に家モバ専用か...

Sh01

サイズ的にはほとんど同じだが,IS01がプラスチッキーな外観に対して,SH-10Bはとてもキレイな塗装で高級感あり。

Sh02

キーボードの形状は全く同じだが,SH-10B(ホワイト)は指紋は全く目立たないのがいい。(たぶんレッドはブラックキーボードなのでIS01と同じだろう)

Sh03

SH-10Bのほうが若干薄いようだ。インターフェースのレイアウトは全く同じ。

Sh04

SH-10Bは画面を開いたとき用にちゃんとゴム足が付いている。小さすぎて千切れそうだが...

Sh05

サイズが同じなので,もちろんニンテンドーDSiのケースにピッタリ入るのだが,底部や前述の画面部のゴム足がひっかかり,精神的にはよくないぞ。

Sh06

SH-10BはノートPCのようなベーシックなデザインと塗装なので,普通にいいッス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HTではなくHT-01A

au Touch Pro E30HTネタは飽きたので,今度はドコモ Touch Pro HT-01Aで... ってほとんど同じじゃん。> オレ。
成り行きでHT-01Aを新品で購入してしまった。

Ht01

見た目はE30HTと少し違う。HT-01Aのほうが角ばっている分だけ長さが少し短い。実際に手で持ってみるとサイズ以上に小さく感じる。
たぶん裏側のエッジ部が大きく面取りされたデザインのためだろう。

Ht02

裏蓋のデザインは全く異なり,HT-01AはHTCのダイヤモンドデザインだ。
あまり好きではなかったが,テカテカの光沢ではなくマット状だと結構いい雰囲気をかもし出している。

Ht03

HT-01Aのほうがやや厚い。E30HTの側面はグロス仕上げに対して,HT-01Aは側面もマット状である。

Ht04

キーボードの見た目はほとんど同じなのだが,キータッチは全然違う。
E30HTはコツコツと強めのキータッチでしっかりしているのに対して,HT-01Aはペコペコしてシート状のキーボードを押しているような感触だ。
よく見るとE30HTのほうがキーパーツ間の隙間が広いようだ。E30HTのほうが好みだが,キーボードの換装まではやる気はしない。

Ht05
液晶は... 何と全く違う。S21HTのように黒がはっきりとしている。視野角も広いのでたぶんIPS系のパネルなのだろう。
E30HTのニセモノのTouchFLO 3Dではなく,やっぱり本物はいいなぁ。

Ht06 Ht07

以前にE30HT用で失敗買い物したPDAIRの革ケース(HT-01A用)に入れてみたら,ピッタリいい感じ。(当たり前だが...)

Ht08 Ht09

E30HTとHT-01Aは同じTouch Proで見た目も似ているが,細かなところで設計は全く違う。完全に別機種だ。

ここまで環境構築したE30HTだが,HT-01Aに浮気しそう。(浮気ではなく本気モード)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんなに速いSanDisk SDSDX-032G-J95

速そうなSanDisk Extreme SDSDX-032G-J95(32GB, Class10)を買ってみた。

Sd01

比較するのは手持ちのSDカードでいちばん大容量のATP ProMax SD(1GB, Class不明)。

Sd02

ベンチマークの結果はコレ。

SanDisk Extreme SDSDX-032G-J95

1

ATP ProMax SD

2

容量が違いすぎるためか何となく微妙な結果...。
ClassウンヌンよりもmicroSDHCと比べるとSDHCカードって激速だったんだな。(デカイだけではなかった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT 裏蓋な気分

E30HTとTouch Diamond2用革ケースの組合せはすこぶるいい感じなのだが,どうも裏蓋が少し擦れているようだ。
やっぱりキツイのだろうか?または革ケースの裏地のせい?

ちょっと心配なのでスペアの裏蓋を買っておこう。せっかくなので標準品ではなく,互換品を試しに購入してみた。

Cs01

海外版HTC Touch proの裏蓋らしく,色は微妙なカーキ色っぽいシルバー調。裏側はグレー色。
(実は黒を注文したのだが,先方の手違いでこんな色になってしまった... )

Cs02 Cs03

カメラ部のロゴはS21HTと同じHTCオリジナルっぽい文字デザイン。

Cs04 Cs05

実際にE30HTに装着してみたところ。ちょっとキツイ感じはあるが特に問題はなさそうだ。

Cs06

とってもピッタリな形状。

Cs07 Cs08

色合いは大人っぽくエレガントっていうか,オヤジっぽくなるが,この辺は好みだろう。他の人と違う着せ替え携帯.... ってかE30HTなんて誰も持っていないよ。> オレ。

Cs09

ツメの形状が少し違うのだが,ややキツク感じるのは別の原因っぽい。

Cs10 Cs11

たぶんSIMカード部がE30HT標準品は少し窪んでいるのに対し,海外品はフラットなためだろう。

Cs12 Cs13

 

ちょっと微妙な色なのだが,指紋の付着が目立たないという隠れたメリットもあり,気分転換には悪くない選択肢かと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2012年1月 »