« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の11件の記事

Touch Pro E30HT ケース探し(その6)

注文していたPDAIRのTouch Diamond2用革ケースが届いたぞ。箱は前回と変わらず。

Pd01 Pd02

作りもまぁまぁで前回同様。

Pd03 Pd04

厚さは数値以上にうっ...薄い。分厚いE30HTが入るのかって不安がよぎる。

Pd05
で,E30HTを入れてみたところ... ジャストフィッ~ト!(これがケースマニアの醍醐味)

Pd06

長さもピッタリ。でもサイドのゴムはパッツンパッツンでちょっと苦しそう... 。心配していた角の形状も全く違和感がない。

Pd07 Pd08
Touch Pro用の革ケースと比較すると,ちょっと長い+サイドゴムが短いこともあり,見た目はスッキリした印象になる。
目の錯覚なのだがTouch Pro用はかなりズングリムックリに見える。

Pd11

Touch Diamond2の純正革ケースと比較するとサイズは同じくらいだが,

Pd12

もちろん厚さは全然ちがう。

Pd16

サイドゴムの張りはやはり気になるので,少しモミモミ加工してエッジや全体的にRを付けてみた。

Pd14 Pd15
サイドゴムへの負担は少しだけ緩和されただけではなく,手にも馴染む形状になったぞ。すっごくいいッス。

ひとつだけ気になることは内側の革が変わっているところ。Touch Pro用ではスエードだったが,Touch Diamond2用では光沢表面となっている。
携帯本体に傷は付かないとは思うが,本体出し入れで滑りにくく少し張り付く感じがあり。(キツメなのでそう感じるだけかもしれないが)

Pd09 Pd10

ぉっと忘れていけないのが,オマケのPDAIR革キーホルダー... 2個目。

Pd13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT SIPでいろいろ

E30HTでSIP設定してたらいろいろ発見したので記事にしておくよ。

Pocketの手で入力パネル設定しようとしたら,「ローマ字/かな」と「ひらがな/カタカナ」のモードが2つあった。何で?

Sip0

試しにチェックを入れてみたところ,入力選択で2つ出た。

Sip1

通常は左側だが,隠されていた入力設定では右側のようになる。これってもしかしてATOKのソフトキーボードでは?

Sip2 Sip3

見た目だけで特に違いが無いようにも見えるが,実は少し挙動が違う。
標準キーボードでは日本語入力ON/OFFで[あ]→[ab]と表示が切り替るのだが,ATOKキーボードでは[A]のままでON/OFFがわかりにくいという欠点がある。
一方で携帯本体のハードキーボードを使うと,
標準用では日本語入力ON/OFFで一瞬ソフトキーボードが表示されてウザイのだが,ATOK用では表示されないというメリットもある。
入力状態表示でバグがあるので隠されているのだろか?

ちなみに入力パネル設定で不要なモードを外したら,こんな状態になってしまった。

Sip4

どうやら「10キー入力」「ローマ字/かな」「ひらがな/カタカナ」の3つはジャマでも選択しとかないとダメらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT タスク管理って面倒すぎる(解決編)

GSPocketMagic++ではいろいろと難があるので,他のアプリを試してみた。

St1

まずはシンプルにSmallMenuPlus
そういえばポポペで使ったなぁ... って懐かしんでいる場合ではない。> オレ。

St2

機能や動作的には特に悪くないのだが,見た目がちょっとショボイ... 。何か使う意欲が薄れるよ。

お次はQuickMenu
インストールしたら文字化け中国語だったので,日本語化ファイル(up1471.zip)をいれても変わらず。
ココ
を参考にレジストリを変更したらやっと日本語化できた。

St3

動作も安定していてかなりいい感じだ。スタートボタンの画像は変えられないが,何と言ってもメニュー背景が黒っぽいのがいいぞ。
でもなぜかクイックメニューが消えてしまったのだが,ちょっと調べたら簡単に復活できる...

St4

んだッ? Xボタンでプログラム終了って標準機能としてあるんじゃん。
Xボタンの長押しで終了することは偶然に知っていたが,まさかカスタマイズできるとは... 。

いろいろあったけど,タスク管理っていうかスタートメニューのカスタマイズネタってことで。これにて解決っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HTでもTouchFLO 3Dっぽく(その3)

Touch FLO 3Dモドキを実現すべくrlTodayとDiamond Skinを組合わせているが,通話履歴を呼び出すと,
LaunchMSitem.exeがないとエラーメッセージが出て使えない。LaunchMSitem.exeってファイルはどこにもないのだ。

Ph1

そこで,通話履歴を呼び出すアプリを探してみた。

1) LaunchMSitem.exeのファイルを入手する方法
エラーメッセージが出なくなり,無事に通話履歴を開けるようになった。(コマンドライン併用)

Ph2

2) CallHistory.exeを使う方法
LaunchMSitem.exeと同様に使える。(コマンドライン併用)

3) XIAMultiThemeからToolを流用する方法
呼び出す履歴を実行ファイルで選択できる。

Xia

<オマケ>
・ tmail.exeのコマンドラインを活用すれば,SMSなどのサービスや受信トレイなどのフォルダも指定できる。
・ 他にもrlTodayで使えそうなネタもあり。

E30HTはどんどん使いやすくなっていくなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT wifi/bluetoothをON/OFF切替

E30HTを使っていると,wifiやbluetoothのON/OFFが面倒だ。

Touch FLO 3Dなら設定アイコンから通信を選らんでコミュニケーションマネージャにアクセスできたので,特に不便はなかったが,
E30HTのTouch FLの場合,ニュルッとアプリケーションランチャーを出して,コミュニケーションマネージャを探して... 面倒すぎる。
直接 CommManagerLink.exeを呼び出したほうが絶対に早いじゃん。

もっと一発でON/OFF切替できたら....

一部の機種にはtfwifi.exeやtfbluetooth.exeといった切替できる実行ファイルがあるようだが,残念ながらE30HTやS21HTにはない。
何かいいアプリはないか探してみたら,一番良さそうなのはwifictrl。これだけでwifiとbluetoothの両方に対応できる。

こんなに便利なツールがあったとは... もっと早く使えばよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT タスク管理って面倒すぎる

Windows CEWindows Mobileと長らく使っているが,タスク管理って面倒すぎる。アプリを終了したつもりがバックグランドで動いており,たまに終了してやらないといけない。
これを解決するタスク管理ソフトとしてGSPocketMagic++が定番らしいので試してみた。

軽く使ってみた感想としては,全体的には悪くないのだが...
・ スタートボタンとクイックメニュー部の背景色がおかしい。また使っているうちにクイックメニューのアイコンが消えて,変な色の空きスペースに。
・ スタートボタンがカッコ悪すぎ。OK/×(クローズ)ボタンの色も薄くてイマイチ。
・ メニューの背景画像を使えない。白地なのでせっかくのブラック調が台無し。
・ メニューの折り返しが効かない。(まあいいけど)
・ タスクを閉じると下側のソフトキーまで消えてしまい致命的。(画像ではEnglishとChinese)

Gsp11 Gsp12 Gsp13

けっこう便利そうなのだが,見た目や動作で問題ありあり。そこで見た目だけでも何とかできないかアレコレ試してみた。

スタートボタン
Pocketの手で [色の設定] → [Today画面] → [スタートアイコン背景色] で黒を指定したら,背景を黒くできた。(上の画像では変更済み)
でもボタンのクオリティが低いので,GSPocketMagic++の設定で画像を変えたほうがいい。

クイックメニュー
同様に [基本色] でクイックメニュー部の背景色を変えられるが,残念ながら黒を指定できないようだ。目立たないグレーが精一杯だった。
(上の画像は限界まで目立たなくしたところ)

OK/×(クローズ)ボタン
画像ファイルを差し替えられるので透明色を使わなければいいのでは?と思って,該当のファイルgspmagic2_L.bmpの透明色の設定を変更してみたが状況は変わらず。
0×0に違う色にして透明にはならないようにしたが,ボタンの右側と下側ではそのまま背景色が出てしまう。他にもいろいろ試したが,これが限界のようだ。
ついでにボタン色合いも浮いた感じだったので少し濃くしてみた。黒ベースに馴染んだと思う。

Gsp21 Gsp22 Gsp23

アレコレやってみること数時間。見た目ではクイックメニュー部のタスククローズ拡張機能は使わないほうがいいかも。(ォィォィ,このソフトのメイン機能だぞ... > オレ。)
更にスタートボタンのWindowsの4色ロゴは古臭いので,グレースケールにしてみた。ん~一気に地味な印象に。

Gsp3

どうせならWM6.5風のほうがカッコいいじゃん。

Gsp4

 

我流でいろいろと工夫してみたが,他の問題について対策方法があったら誰か教えてくれ~。
↑解決しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT ATOK for Windows Mobileはやっぱりいい

ATOK for Windows Mobileの評判がいいようだが,どんなもん?

って試しに入れてみたら,これがもうスッゴクいいんですよ。
特に設定でもちょうどかゆいところに届くカスタマイズ性もグッドです。

At1

横画面ではキーボードを使うので,余計な表示はさせずにサクサク入力する。

At2

縦画面では逆にソフトキーボードなので,推測変換を最大限に活用する。

At3

これはもう間違いなく必需品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HTでCメール

E30HTはCメールは受信できるが送信はできない。
受信できるだけでも便利なんだけど,そうなってくると送信もしたくなるものだ。

...って調べてみたらやっぱり方法がありました。

Cmailer

Cm

とってもすばらしいソフトです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT ケース探し(番外編)

Touch Diamond2の純正革ケースはE30HTではキツキツで長すぎだったが,他の携帯電話を入れてみた。

まずはiida G-9

Cs6

悪くないが,本体上側の取っ手部(?)がイマイチしっくりこない。

お次はS006

Cs7

G-9よりフィット感あり。若干本体が露出するが,かなりいい感じ。
しかし本体の厚さが部分的に異なるために入れた時のケース形状はちょっとカッコ悪くなる。

微妙に使い道がないTouch Diamond2の純正革ケース(未使用)が余っているので,欲しい人はコメントからご連絡ください。安価でお譲りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT ケース探し(その5)

Touch Diamond2の純正革ケースがやっと到着した。もう発送連絡から1ヶ月以上経っているのだが...

Cs1

さっそくE30HTを入れてみると... きっキツイ。モミモミ加工して何とか入れてみたが,たぶんかなり使い込んだ状態でちょうどいい感じになるくらい。
電話がかかってきてとっさに取り出せるレベルではない。(S21HTの時もこれくらいキツかった気もしないでもないが... )

Cs2

しかしここで問題が... 今度はちょっと長すぎる~。ケース自体の長さは113mmくらいと大きめにできているので,
本体を入れると上下で約3ミリの空間ができるのだが,本体の曲線的なデザインもあって数値以上にブカブカ感が大きいぞ。

Cs3 Cs4  

使えなくはないが,PDAIRと比較しても超長いのがわかるだろう。

Cs5

Touch Proには2系統があり,HT-01AやX05HTのようにスクエアデザインで長さは102~103mmのもの,
もうひとつはE30HTのように曲面デザインで長さが106mmのもの。
海外ではAlltel,Sprint,US CellularからE30HTと同形状のTouch Proが販売されている。
(色はシルバーっぽいものもあるようだ。裏蓋だけでも交換したら... なんて妄想しちゃうが,たぶんカッコ悪いだろう。ボツ)
これらの純正ケースを検索しても見つからず。

X50HTには純正革ケース(キャリングケース)が付属している。幅と厚さは問題ないはずなので,長さがマッチすれば申し分ない。
そこで,ソフトバックにも問合せてみたが,残念ながら試供品なので購入はできないとのこと。革ケース欲しさにX05HTを買うのか? > オレ。
(海外サイトでも見つけたが買えなさそう)

やっぱり専用ケースしかないのか?E30HT用はベルトクリップ付しかなく,これ以上厚くなるのはゴメンだ。
こうなったら再度,Diamond Touch2にチャレンジしてみるか?

PDAIR Leather Case for HTC Touch Diamond2 - Vertical Pouch Type (3BHTD2VX1)

オレの緻密な計算によると,
幅は+1mmでヨシとして,長さで+2mm,厚さで-4mmとなるが,ケース構造により長さは厚さに変換できる。
その場合は厚さ4mm分で長さは2mm縮む。更に厚さの不足分はゴムの伸縮で対応できる。ォォ~計算上は完璧じゃん。

って同じ発想で1回失敗しているので,現物合わせの別な切り口で,
現在のPDAIRの革ケース(3BHTTPVX1)にE30HTを入れると実測で2~3mm足らない。
つまりPDAIRは本体102~103mmに対して103~104mmとほぼジャストサイズで設計していることになる。
Diamond Touch2の本体は108mmなのでケースの設計値では109mm程度となる。極端な大きめ設計ではないので前述の想定は問題ない。(はず)
心配なのは角のシルエットのフィット状態だけ。E30HT用ケースは大きな曲面カットデザインだが,
Diamond Touch2用は角ばったカットになっているので,ここでブカブカ感がでてしまうリスクはある。

これ以上悩んでもわからないので,ホチッとな。あとは1週間後のお楽しみってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Touch Pro E30HT 画面の色合い

手持ちのE30HTの2台の画面を見比べたら...
明るさが違うのはバックライトの劣化具合もあるので仕方が無いが,どうやら色目も違うようだ。

白を表示させるとその違いは一目瞭然。

写真の左側: 明るい,青味かかった白で鮮やかに感じる。(日本人好みの白)
写真の右側: やや暗い,やや黄色っぽい。1号機と比較するとレトロ感が漂う。

Lcd

騒ぐほどの差ではないが,もともと液晶はきれいなほうではないので,この個体差はちょっと気になるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »