« dynapocket IS02 microUSBな悩み(その3) | トップページ | dynapocket IS02 レジストリエディタはどれがいい »

dynapocket IS02 microUSBな悩み(その4)

microUSB→3.5mmミニプラグ変換ケーブルを自作してみよう。
まずはどんなピンアサインになっているか解析しないと。そこでせかっく購入したオーディオmicroUSBアダプタだが分解してみることに。
思い切って黒いカバー部を切り裂いてみると,中身は一体成型されておりそのままでは解析不可能。

Rf03

それでもしつこく切り裂いてみたが,配線がぶちきれてしまった。
ミニジャック部とmicrUSB部だけ取り出せたので,はんだ跡から接続されていた配線を予想してみよう。

先輩方々の情報では,ツメが出ているほうを上にして,上の2ピンがD-,ID,下の3ピンがV+,D+,GNDのようだ。
分解したmicroUSB端子ではIDとGNDがショートしてあった。これで充電と通信を識別しているのだろう。
他にGND,D+,D-が接続されていた痕跡あり,V+は未使用。

オーディオプラグ側は先端がL,中央がR,根元がGNDらしいので,あとはこの組み合わせを考えればいいのだがよくわからん。
とりあえずGND同士(写真の緑コード)はつないでみて残りを適当につないでみたら,いちおう音が出た。
曲をよく聞き分けてながらLRを調べてみると,D-がL(写真の赤コード),D+がR(写真の白コード)っぽい感じだ。

Rf05

Rf04

Rf06

これで配線仕様がわかったので早速部材を集めよう。









|

« dynapocket IS02 microUSBな悩み(その3) | トップページ | dynapocket IS02 レジストリエディタはどれがいい »

01 携帯・スマホ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/39098827

この記事へのトラックバック一覧です: dynapocket IS02 microUSBな悩み(その4):

« dynapocket IS02 microUSBな悩み(その3) | トップページ | dynapocket IS02 レジストリエディタはどれがいい »