« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の5件の記事

dynapocket IS02 液晶じゃないけど液晶保護フィルム

dynapocket IS02の画面の保護フィルムはアンチグレアタイプのEasy Protectorを貼ってみたが,これがとってもヒドイ。
いろいろと液晶保護フィルムを貼ったことがあるが,初めて体験したモレア。特に白地のときはギラギラガサガサで耐えられない。

Isf1

ここは何度も買ったことがあるOverLay Brilliantに貼り替えよう。
本当は指紋防止+ハードコート+ARコート+(バリ無し)のタイプが欲しかったが,この組合わせはあまりないらしい。
唯一見つけたのがスーパーファインガード(SFGIS02)だが,これ以上失敗買い物したくないので...

OverLay Brilliantに貼り替えた感想は...

Isf2

普通にすっごくきれいだ。

Isf3

Easy Protectorを貼った状態だと,液晶より劣っているのではと思いたくなる有機ELの画面だったが,
OverLay Brilliantに替えたら,IS02の有機ELはきれいと言われているのも納得できるレベル。

アンチグレアタイプを買うときは必ず悪評を要チェックだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dynapocket IS02 microUSBな悩み(その1)

dynapocket IS02の外部コネクタはmicroUSBのみ。これが結構やっかいなのだ。

まずは充電確保が先決だが,付属のコネクタケーブルは携帯用充電器との接続ケーブルとPCとのUSB接続ケーブルの2つ。
やっぱりシンプルイズベストのモバイラーとしては変換無しの直接充電だ。以前に(間違って)購入したmicroUSBタイプの充電器があるので,早速つないでみた。

Isb0

... アレッ?が充電されず。規格が違うのか。

Isb1

miniUSB充電器→購入したminiUSB・microUSB変換アダプタを使ってもダメだ。
miniUSB充電器→携帯アダプタ変換→IS02付属のmicroUSB変換ケーブルでは問題なく充電できる。

Isb3

ちなみにPCからの接続では充電も通信も全く問題ない。単純にminiUSBからmicroUSBに変換すればいいってもんじゃないらしい。

Isb2

いろいろ調べてみると,充電用とデータ通信用で専用の変換コネクタ/ケーブルがあるではないか。即追加購入ッス。

Isb4

Isb5

現物は予想以上に小さくていい感じ。(IS02付属のmicroUSBコネクタと比較した写真)

Isb6

miniUSBの充電器を接続しても問題なく充電できるし,スイッチを切替えればPCとのデータ通信もOK。

Isb7

本当にコネクタの切替スイッチが効いているのか疑って,試しに通信モードにしてみたら充電されなかった。(疑ってゴメン)

Isb8

ちょっと気になるのは,キーボードをスライドさせたときに画面の裏側との隙間はかなりギリギリ。
(ちゃんと考えて設計されているのかもしれないが,個体差によっては接触しそう)

Isb9

とりあえずこれで電源は安定確保できたってことで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スマートフォン 物欲ファイヤーッ

シャープ GALAPAGOSは無かったことにして...

S21HTはイーモバイルとの2年縛りの契約ももう直ぐ切れるぞ。やはりスマートフォンを買い換えるのは必須ですな。
i-Phone4を含めていろいろ候補はあるが,i-Phone4にしてもAndroidフォンにしてもS21HTの後継としては何か物足りない。

ん~って数日調べてみたが,現行機種から選ぶと選択肢は少ない。まともなのは,AU IS01/IS02またはドコモ T-01A/T-01BとWM6.5のモデルだけか...
S21HTで使っていたソフトウエアはそのまま使えるし,特に辞書ウォーカーを使うときにはキーボードはあったほうがいい。
となるとdynapocket AU IS02/ドコモ T-01Bだが,テザリングするにはAU IS02しかない。

しかしIS02は(T-01Bも)既にショップでは扱っておらず,在庫はどこにもないようだ。
更にIS割も12月で終了しており,あまりメリットは無いのだが,今買わないとWM機をもう入手できないような気もするので... ポチッとな。

Is05

ついでにアレコレ大人買いでポチリまくり。

液晶保護フィルム
何はともあれまずはコレ。いろいろあるが,携帯電話では画面が汚れるのでアンチグレアタイプのほうがいいだろう。
となるとEasy Protectorってことで。

Is02 >> 続きを読む。

バッテリー(3個)と充電器
IS02用の型番はTSI01UAAだが,他の機種IS01/T01A/X02T(TSBBS1)と共通のようだ。
純正の1000mAhでは少ないらしく,他に1300mAhや更に大容量も裏蓋付きで販売されているようだ。
1300mAhは魅力的だが意外と高く,それなら1000mAhを軽く3個買えたりして。費用対効果で純正×3個に決定。

Isb01 >> 続きを読む。

となるとやはり充電器はマストとなり,怪しいメーカー品を購入した。作りはS21HT用と同じ系統だ。

Is01 >> 続きを読む。

変換アダプタ類
使い慣れないmicroUSBがインタフェースなので,イヤホン変換とminiUSB変換が必要になる。

イヤホン変換: 選択肢はほとんど無い。本当は短いケーブルタイプがいいのだが,とりあえず購入

Is03 >> 続きを読む。

miniUSB変換: いくつか種類があるが,短いケーブルタイプを購入。コネクタタイプではコレが最小っぽい。

Is06 >> 続きを読む。

ACアダプタ
microUSBって何か記憶が...。以前に失敗買い物したヤツが残っていたので追加購入はいらいないだろう。 >> 続きを読む。

裏蓋
純正の裏蓋を買える。もちろん2個を購入。

Is07

ちょっと変わったタイプではこんなものもありそうだが,興味があるのはT-01Bのシルバータイプ
あとで購入をチャレンジしてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャープ GALAPAGOSって

何となくタブレットPC(スレートPC)が欲しいな。
i-Padのような10インチクラスはちょっと大きすぎるので,一回り小さいGalaxy Tabとかはいい感じ。

... と思ってお店で触っているのだが,どうにも物欲がでない。
i-Padの2番煎じみたいだし,ANDROIDのLinuxに慣れていないのもパッと見は細かなカスタマイズができないような...
いろいろできないように≒i-Padみたいに素人向けに簡単にしたいのだろうが,Linuxを極めた玄人までいかないと本当のカスタマイズが難しいような気がする。
シャープのリナザウで挫折したオレには無理かも...

なんて思っているところで,なぜかシャープ GALAPAGOS EB-W51GJ-Sを入手してしまった。

Gal01

サイズ的にはGalaxy Tabよりも最適なのだが,ANDROIDでも中途半端な設計で機能の制約は尋常ではない。

誰かが脱獄してくれるのを待つのか?ってそれほど普及しないぞこの機種は。>オレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりにTouch Diamond S21HT

S21HTのその後を少し。

ステレオ オーディオアダプター for HTC

S21HTでずっと使っていたステレオオーディオアダプターがケーブルの根元から折れた。

Ht02

それほど雑に扱った訳ではないが,付根部はやはり弱いのだろう。再購入しようと探してみると,旧機種なので取り扱いは減っているな。
miniUSB側がL型になっているタイプもあるようだが,同じものをリピートでポチッとな。次は大切に使おうっと。

Ht03

バッテリー
使いまわしていた2個はヘタリ+充電のときに挙動不審なので,予備の2個に世代交代。
やっぱりバッテリーは消耗品なので,入手しやすいときに2個×2セットはマストだな。

電池カバー(裏蓋)
内側ベルト部に擦れた跡ができるので新品と交換。やはり裏蓋も入手できるときに予備を準備しておいたほうがいい。(保険も考えてできれば2個)

Ht01

その他はすこぶる順調
スマートフォンもこれだけ流行るとまったく違和感がないが,でもスタイラスペンを出すとみんなに注目されるのはいいことなのだろうか。
(抵抗膜式タッチパネルの悲しさ...)

他に何か新しいネタがないか調べていたら,何と流行のANDROID化できるらしい。さっそく試してみた。

他の人のWEBを参考にしながら,最新バージョンのXDANDROIDをコピーしてharet.exeを実行。

Hta1

Hta2

待つこと数10分,何か途中から進まないような...,実はタッチパネルの補正を待っていたらしい。気付けよ。>オレ

Hta3

Hta4

何とかANDROIDを起動させて使ってみた感想は,
・動きが遅い。
・動作が不安定
・バッテリーの消費の激しさ
と噂どおりの実用性のなさなので,即アンインストールで。

WM6.5にもアップデートできるらしいが,日本語の表示や入力でまだ問題があるようなので試さなかった。
特に現状のWM6.1でも全く不自由はないし,試した人の多くは元に戻しているようなので。

それにしてもS21HTは古くなってもアレコレ遊べる携帯だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »