« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年4月の4件の記事

引越しました

ブログを引っ越しました。ブログ内のリンク切れなどの問題があったらごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MS-ProDuo変換アダプタ 比較

microSDHC→MS-ProDuo変換アダプタをまたまた購入した。
以前に買ったノーブランド(1枚挿し)でも不満がなかったのだが,本体が剥がれだしMicroSDカードとの接触に不安があったので買い換えた。
これで4枚目ってことか...

剥がれてきたのはここ。接着すればまだ使えそうだが。

Sda0

今回買ったのは2枚挿しのSDA-1800というヤツ。色が黒いのと文字がソコソコかっこいいので,これを選んだ。

Sda1

PhotoFast CR-5400と同じく,Slot #A/#Bで2枚挿せる。

Sda2

PhotoFast CR-5400との形状比較。見た目は全く同じだ。

Sda3

いちおうベンチマークで速度比較してみた。

<手順>
MS DuoアダプタにMS-ProDuo変換アダプタをセットして計測。(PSPでフォーマット)
microSDHC: Slot #1/A:SD-K08G (Class6,8GB),Slot #2/B:ノーブランド(Class不明,2GB)

<結果>
左がPhotoFast CR-5400,右がSDA-1800。SDA-1800のほうが僅かに速い値だが,測定が1回だけなので厳密に比較はできていない。
他のサイトではCR-5400のほうが少し速かったり,SDA-1800のほうが少し速かったりとマチマチなので,同じくらいなのだろう。

Cdmr Cdms

ちなみにCR-5400でフォーマットしたmicroSDカードをそのままSDA-1800に挿しても全く問題なく使えた。
形状だけではなく,中身も同じなのだろうか?

microSDカードリーダーとして使えるのはSlot #1/Aのみのようだ。間違ってSlot #2/Bに挿すと間違いなくデータが消えるので注意。(全てご自身の責任で)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッファロー BSCRMSDCは小さい

バッファロー BSCRMSDCを買ってみた。特に使い道もないのだが... 。

Sd1

手持ちのMicroSDカードリーダーのDN-CR266Bとサイズ比較してみた。
まずは正面から。BSCRMSDCのほうが小さい。

Sd2

本体の厚さはBSCRMSDCが若干厚いが,

Sd3

ケース部分はBSCRMSDCのほうが薄いので全体的に薄く感じる。

Sd4

カバーと取ったところ。

Sd5

つまみ部(?)の横幅はBSCRMSDCのほうが小さい。

Sd6

背比べ。

Sd7

背比べ(その2)。

Sd8

MicroSDを入れるところ。

Sd10

ニョキっと黄色いツメがスライドする。MicroSDが入っていることが一目瞭然でけっこう便利。

Sd9

DN-CR266Bと同じく接続やアクセスでブルーに光る。

Sd11

とってもコンパクトでいいな。

これってDN-CR268Bと同じ形状だね。バッファローブランドが不要なら激安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビクター HP-KF107 レビュー

ビクター HP-KF107を何となく買ってしまった。

オープン型イヤホンにはまっている今日この頃なのだが,ソニー MDR-ED31やビクター HP-F107の変な形のイヤーピースはどうなのか?
こんな動機なので価格が安いビクター HP-KF107を買ってみた。(平型プラグ変換コード付きで破格値だったのでどうでもいいって感覚で)

F1071

BASSブーストイヤーピースに期待。

F1072

中身は普通。

F1073

サイズは結構大きく,ちょっと古臭いデザイン。細部の作りはちゃんとしている。

F1074

これがBASSブーストイヤーピースか。ドライバ部はメタルパーツ。

F1075

ここにも重低音に効きそうな穴が開いているぞ。

F1076

それではお待たせの音質は...

イヤーピースの出っ張り部がうまく耳の穴にフィットしないとBASSブーストは効かず,ポジション(角度)を合わせるのは結構難しいな。
確かに低音は強調されているが,音域が狭く広がりがないので不快さが強くなっているだけのような... 。
(本体上部の穴をふさぐと低音が弱くなり,ラジオのような音になるので,穴は効いている)

他の手持ちの低音寄りのイヤホンと聴き比べてみると,どれにも負けている。
AKG K313やSENNHEISER MX51 Streetは低音の強さというよりも低音域が広い感じ。
残念なことに,SENNHEISER MX500RCフェイクにも低音の表現力が負けているぞ。
とにかく中途半端な低音だけがズッズンと強調されアンバランスなイメージだ。

試しにBASSブーストイヤーピースを外して,Pioneer SE-CS25-J1のゴムパーツに交換してみた。

F1077

レギュラーサイズでは少しブカブカ。

F1078

スモールサイズはちょっと小さめだが,問題ないレベルだ。

F1079

イヤーピースの交換で音質はどう変わったか... BASSブーストが効いていない状態になっただけで不快さもそのまま...。
HP-KF107/F107のドライバはもともと低音寄りの作りになっているようだ。

■ 結論
BASSブーストイヤーピースは確かに低音を強調するが,もともと出ていない低音域は出ない。(当たり前)

やっぱり,AKGやSENNHEISERって素晴らしい音作りだと実感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »