« ワイヤレスキーボード レビュー DELL Y-RBJ-DEL3L | トップページ | Lenovo ワイヤレスキーボード LXH-JME8001R は最強か? »

ワイヤレスキーボード レビュー Lenovo LXH-JME8001R

オレ的完璧キーボード(予想)の Lenovo LXH-JME8001R を入手したのでレビューしよう。

Lnv_1

Lnv_2

これって何?
たぶん,LenovoのオールワンPC IdeaCentre A600に付属しているキーボードだ。このPCは日本では売られていないようだ。
なのになぜキーボードがあるのかは不思議だが,秋葉原でも見たことがあるような気がする。
(確かクレバリーのキーボード専門店(2号店)だったと思う。違うかなぁ?)

Lnv_3

どうしてもタッチパッド付きのワイヤレスキーボードが欲しかったが,どれもタッチパッドが小さく満足いくものではなかった。
そんな中でLenovo LXH-JME8001RだけはノートPC並みの大型タッチパッドが搭載されている。

下の写真はXPS ONEのキーボードとの比較。Lenovo LXH-JME8001Rのタッチバッドが如何にバカデカイかわかるだろう。

Lnv_4
サイズは408mmx177mmx18mmと非常にコンパクトだ。写真は下がXPS ONE付属のキーボード(厚さは23mmくらい),上がLenovo LXH-JME8001R(薄ッ)。
ちなみに重量(電池含む)はXPS ONE付属が945gに対し,520gと超軽量だ。

Lnv_5

手前の最薄部は7mmでXPS One(8mmくらい)と大差がないが,XPS Oneがパームレスト部からテーパーで薄くなっているのに対し,
Lenovo LXH-JME8001Rは全体がストレートに薄くなっている。

Lnv_6

キーの左側には左クリックのボタンがある。タッチパッドを使ってドラックするときに役立つ。

Lnv_7

XPS Oneのキーボードにも付いているのだが,実はあまり使ったことがない...

Dkb_7

Lenovo LXH-JME8001Rは英語キーボードだ。英語キーボードを本格的に使うのは初めての経験だが,Enterキーと間違って\キーを押してしまいそう。

矢印キーも他のキーと識別されていて使いやすそう。コンパクトキーボードでは矢印キーのレイアウトが犠牲になっているものも少なくない。
ここだけはこだわって欲しいものだ。

Lnv_8 Dkb_8

USBレシーバ部はこんな感じだ。
写真は左からLenovo LXH-JME8001R用,中央がY-RBJ-DEL3L用(この記事を参照),右がLogicool MX3200用。
最近のレシーバと比較すると大きいが,デスクトップPC用として使う分には十分にコンパクトだ。

Lnv_9

それでは早速,動作確認してみよう。

まずは電池を入れよう。本体裏側のオレンジ色の足の一部が電池ホルダーになっている。電池は単4電池×2本。

Lnv_11

マニュアルがないので,本体裏側に記載されている内容に従って,USBレシーバをPC本体に挿し込み,FnキーとF11キーを押す。
Wireless Syncボタンがないと思ったら,キーボードにBindと刻印されている。あとは5~10秒くらい待てばつながる... つながる... ん?

Lnv_10

つながらないズォ~。5~10秒くらいキーを押し続けろという意味か?(違うと思うが),長時間押してみたが,まったくつながる気配がない。
右側のマルチメディアキーも光らないので,電源が入っていない感じだ。“初期不良”の単語が頭をよぎりながら,冷静に考えよう。
USBレシーバーは問題なくPCに認識されている。レシーバにはWireless Syncボタンがないので,やはりキーボード本体の問題だろう。

アレコレ悩んでいると,偶然にキーボード側面のボタンがあったのを思い出した。PCの電源OFFボタンと思い込んでいたが,まさかキーボードの電源なのか?
試しに押してみたら,マルチメディアキーが光るようになり,PCとも接続できた。何はともあれ無事に接続できてよかった。

Lnv_12 Lnv_13

とりあえずワイヤレスキーボードとして何とか使えるようになったので,使用した感想などのレビューは次の機会に。 >> 続きを読む

マウスはMX3200のマウスを使うことにした。もともとかなり気に入っていたマウスで,MX3200を買った理由もこのマウスを使いたかったからだ。
MX600という型番で11ボタンと数が多いのが特長だ。
マウス単体ではMX610(12ボタン,2.4GHz)が類似機種だったが,残念ながらMX600は27MHzであり操作距離は異常に狭い。
実際に使ってみると,USBレシーバを挿す場所によっては机の上でも電波が不安定になり,ポインタの動きがぎこちなくなってしまう。
いちおうコードレスなのだが,これではUSBマウスのほうが使いやすいと思ってしまうレベル。

ん~,今度は急にMX610が欲しくなってきたぞ。後継はMX620か,マイクロレシーバからNanoレシーバでお次はUnifyingレシーバー。
となるとM705とかM950か... などと妄想を膨らませながら,勢いでポチッてしまうそうで怖い。

Lnv_15 Lnv_14

こうしてMX600とLenovo LXH-JME8001Rを並べてみると色艶ともピッタリだなぁ。

しばらくはMX600で我慢しろよ。 > オレ。

>> 続きを読む

 

 

|

« ワイヤレスキーボード レビュー DELL Y-RBJ-DEL3L | トップページ | Lenovo ワイヤレスキーボード LXH-JME8001R は最強か? »

04 デスクトップPC・周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/39098958

この記事へのトラックバック一覧です: ワイヤレスキーボード レビュー Lenovo LXH-JME8001R:

« ワイヤレスキーボード レビュー DELL Y-RBJ-DEL3L | トップページ | Lenovo ワイヤレスキーボード LXH-JME8001R は最強か? »