« ワイヤレスキーボード レビュー Lenovo LXH-JME8001R | トップページ | Lenovo LXH-JME8001R 英語キーボードを使いこなす »

Lenovo ワイヤレスキーボード LXH-JME8001R は最強か?

Lenovoのワイヤレスキーボード LXH-JME8001R を1日使ってみた感想を少し。(長文だけど...)

まずはドライバのインストール。
Vista標準でも問題なく使えそうだが,Lenovoのホームページにドライバがあったのでインストールしてみた... ,が特に変わった様子はない。

次はキータッチ。
キーストロークは十分にあるのだが,キータッチがひど過ぎる... こんなキータッチはノートPCでも最近はみない。
(記憶にあるのはHP Mini 1000がこんな感触だったような気がする)
最初の押込みは軽くて最後にカツンと強い感触(クリック感)があるといいのだが,このキーボードはまったく逆。
弱い力では押し込めなく,最初が重くてある力以上でグニャッと沈み込み,最後はペタッと貼り付く感じだ。
キーを押すのにとても力が必要で,更に押したつもりでも最後のペタッまでいかないと検出されない。
押したつもりでも油断は禁物で,よほどちゃんと意識して押さないと,タイプミスが連発される。しかもコリャ肩がこるぞ。
ウゥ~ッ,最悪。頻繁にキー入力する人には絶対にお薦めできない。

キーレイアウトは,
たぶん普通の英語キー配列なので余分なキーや表示がなのは非常にいいのだが,日本語入力ではやはり不便だ。
左下がCtrlキーではなく,Fnキーというのも少し使いにくい。
その前に英語キーボードはVistaでは認識されないようで,こんな手順でレジストリを書き換えて認識させる必要がある。

IMEのON/OFFの漢字キーに該当するのは[`~]キーだ。[Alt]+[`~]で切替できるが,やはりワンキーでできないのは不便だ。
いろいろ試したが,現時点ではうまくいっていない。とりあえずChange Keyで右下のアプリケーションキーを漢字キー[`~]に割り当てて使っている。
これなら右下の[Alt]+[アプリケーション]と隣どうしのキーを押せば切替ができるので少し楽になった。
また,入力変換時にカナ/かな変換したい時が一番不便に感じる。何か方法がありそうだが,時間があるときにトライしよう。   >> 続きを読む

続きましてタッチパッド。
広くて使いやすく,タッピングやドラッグもできるので,ボタンは使わなくても十分。
ノートPCなどで使うスクロール機能もあると便利なのだが,それは欲を出しすぎか。まぁ,隣のPgUp/Dnキーを使えばいいことだが。
単体ではいい感じなのだが,マウス(MX600)と組合わせると,スピード調整の両立が難しい。

最後にタッチセンサーキー。
XPS Oneと同じような光学式(たぶん)のタッチセンサーだが,触っただけでは反応しない。
1回触る → センサーが有効になる(マークが光る) → もう1回触る → やっとONになる。何だコレ?XPS ONEのタッチセンサーのほうが遥かに優秀だ。

Lnv_13 Dkb_13

ボタンはほぼすべて使えそうだ。ボリュームコントロールはスライドっぽい表示だが実際は左右のup/downとミュートだけが有効だ。オィッ,ただの飾りかよ。
上のショートカットボタンは,左からタイヤのマークはMediaPlayer,次のeはインターネットエクスプローラ,真中の封筒はwindowsメール,一番左の月はスリープボタンだ。
その隣のLVTって何だ?Lenovoのドライバと一緒にLVTというアプリケーションがあったので,インストールしてみた。

Lvt1

Lvt2

LVTはシステムソフトのようで,Lenovo Vantage TechnologyでLenovoのスゴイ最先端技術が集結されているらしい。
LVTボタンはC:\Program Files\Lenovo\LVT\LVT.exeのショートカットキーだった。
他のシステムユーティリティーソフトのランチャーって気もするが...,迷わずアンインストールで。

そして更に不便なところは,
タッチセンサーキーとタッチパッドがスリープモードに入ってしまうことだ。
しばらくキーボードを使わないでいると,まったく反応しなくなり,キーやタッチパッド下の左右ボタンを押すと,目覚めて有効になる。
起こして2度押しってどんだけお触りさせるんだよ。

ってな感じで,Lenovoのワイヤレスキーボード LXH-JME8001Rは全くいいところがない。
旧IBMでPCの老舗なのにこんなキーボードを作らないで~。デザインやコンセプトはいいところをついているのだが,テクニカルなツメが弱すぎるよ。

■ 結論 ■
残念ながら,Lenovo LXH-JME8001R は最強キーボードではなかった。

XPS ONEのキーボード  Y-RBJ-DEL3Lのほうが遥かに完成度が高いぞ。
でも,悔しいのでしばらく Lenovo LXH-JME8001Rを使い続けてみるよ。いつか慣れるかもしれないし...

|

« ワイヤレスキーボード レビュー Lenovo LXH-JME8001R | トップページ | Lenovo LXH-JME8001R 英語キーボードを使いこなす »

04 デスクトップPC・周辺機器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/39098957

この記事へのトラックバック一覧です: Lenovo ワイヤレスキーボード LXH-JME8001R は最強か?:

« ワイヤレスキーボード レビュー Lenovo LXH-JME8001R | トップページ | Lenovo LXH-JME8001R 英語キーボードを使いこなす »