« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の7件の記事

あやしいイヤホン レビュー

大掃除してたら,あやしいイヤホンを発掘したので,せっかくだから軽くレビューしとこう。

これは中国の家電メーカーのMP3プレーヤー,型番はFD351。
容量はなんと256MB(小さッ)。あまり興味がないと思うが,ココに写真がいっぱい載っている。

Tr_1

これに付属しているイヤホン。見た目は普通の安物って感じ。

Tr_2

MP3プレーヤーのストラップ穴につなげて,首にぶら下げる仕様になっているようだ。
コネクタ部はL型で非常にコンパクト。ケーブルも黒の表面にクリアコートされており,なかなか雰囲気が出ている。
残念なのはイヤホン部で,100円均一っぽい普通のデザインだ。

その音質の実力は... (全く期待してないけど...)
意外です。とっても意外なんです。これがいい感じだったりするんです。

サイズが大きく耳への収まりは悪いのだが,音はソコソコ出ている。
特に高音がスッキリしており,イヤーバッドを付けてみると低音もなっている。
決して音域は広くなく,魅力的な音って感じはしないが,音楽用として十分に合格点かと思う。(オレ耳的には)

殿堂入りのAKG K314Pとサクッと軽く聞き比べてみると,FD351のイヤホンのほうが聞きやすいと感じてしまうくらいだ。
よ~く聞き込むと,やっぱりK314Pのほうが細部にわたってなっているのだが,驚きの実力だ。

っと言っても日本では売っていないと思うので,入手は困難ですが... 。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL XPS OneではVista Businessな気分

Windows Vistaのクリーンインストールをマスター(?)したところで,DELL XPS OneもVistaをクリーンインストールしてみることにした。
リカバリーの方法は以前にココで記事にしているので参考にして。

今回は,
   a) 付属のCD-ROMからWindows Vistaをインストール+各ドライバをインストール+ソフトウエアをインストール
を試すことになる。せっかくなので,付属のCD-ROMではなく,Vista Business SP1で。

手順はX270のときと同じだが,XPS OneはAHCIモードではないようなので,何もせずに作業できそうだ。
DVDブートして,

Xps_vb1

日本語を選んで,

Xps_vb2

そのまま次へ。

Xps_vb3

インストールをポチッと,

Xps_vb4

カスタムで,

Xps_vb5

ブートドライブ(C:)を選んで,フォーマット。下の写真でパーティション3。(危うくD:ドライブに間違えるところだった)

Xps_vb6

あとは順調にインストールは進み,

Xps_vb7

Xps_vb8

Xps_vb9

特に問題なく,インストールはあっさりと完了。

Xps_vb10

次は付属のCD-ROMからドライバ類のインストール。参考URL

DELL Resource CDがインストールされ,ドライバ等を選択インストールする。

Xps_vb11

Xps_vb15

他にもCD-ROMが付属しているので,これらも一応インストールする。

Xps_vb12

Xps_vb13

Xps_vb14

最後にDELLのホームページからドライバ類を更新すれば完了。

ドライバ類はちゃんとインストールすれば,本体のタッチセンサーやリモコンも動作できた。

唯一ハマったこと... 。
Roxio Creator 9 DEでちょっと不具合が... バッチファイルなどで動作は特に問題ないのだが,
アンインストールしようとするとエラーとなり,一部(2つ)が削除できない。XPS ONEではなく,Roxioの問題らしい。

こうなったら強引にアンインストールするため,Windows Installer CleanUp ユーティリティを使うことにした。
アンインストールできなかったRoxio関係の2つとSonic関係の1つもあったので全部削除した。
これできれいさっぱり... のはずだったが,再起動してビックリ。エラーメッセージとともにDVDドライブが消失している...。
いったい何が起こったのだ。WEBで調べたところ,同じ事例はあるようで,対策方法はコレ
早速レジストリエディタで[UpperFilters]のキーはなかったが,[LowerFilters]があったので削除。
再起動後,何事もなかったようにDVDドライブが存在していた。(よかった)

結局,クリーンインストールで付属のCD-ROMは不要かも。 >> 続きを読む

クリーンインストールしたVista BusinessでのXPS ONEの使い心地は... あとでレビューしよう。(何となく調子がいいような予感)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Acer Veriton X270でVistaな気分

Acer Veriton X270のWindows Vista Business化が失敗に終わったので,今度はVista Home PremiumのDVDからインストールすることにした。

ドライバ類はAcerサポートから入手できそうなので,クリーンインストールにチャレンジ。
(考えてみたらXPやVistaのクリーンインストールは初めてだったりして... )

まずはDVDブートして,Windows Setupを選択。

Vtx_v1

インストールをポチッと。

Vtx_v2

アップグレードはできないようなのでカスタムを選んで。

Vtx_v3

ブートドライブ(C:)を選択しフォーマット。(この場合はパーティション2。D:ドライブと容量が似ているので紛らわしいな)

Vtx_v4

インストールが始まった。

Vtx_v5

勝手に再起動して。

Vtx_v6

インストールは続く...

Vtx_v7

はずなのだが,この状態で止まってしまった。HDDは動いているのだが全く進まず。
WEBで調べてみると,SATA-HDDのAHCIドライバがないために発生するらしい。BIOSを確認してみると確かにAHCIモードになっている。

Vtx_v8

IDEモードでインストール後,強引にAHCIモードにする方法もあるようだが,インストール時にIntelのAHCIドライバを組み込めばOKらしい。

Vtx_v9

ドライバの読み込みで,

Vtx_v9

Vtx_v10

適当にダウンロードしたIntelドライバを選択。

Vtx_v11

ドライバを認識しないので,互換性のチェックを外してみると,AHCIドライバはズラリと並んでいる。

Vtx_v12

適当に選択してインストールを続けたが,やはり無理...。
ちょっと待てよ。X270のチップセットは,NVIDIA GeForece7100 + nForce630i って書いてあったな。Intelではダメなのでは??

早速,適当にダウンロードしたドライバで試してみることに。
1) NVIDIAのホームページから最新版(下の写真ではNVIDIAフォルダ)
2) ACERのホームページからX270用ドライバ(下の写真ではChipset_Nvidia_...)

Vtx_v13

まずは,最新バージョンからsata_ideを選択してみたら,

Vtx_v15

ちゃんとSerial ATAドライバを認識できた。

Vtx_v16

このままインストールを続けたが,同じ場所で止まってしまったので断念。
(もしかしてそのまま待っていたら続行できたかも... せっかちなので数分くらいしか待たなかった気がする)

次はAcer提供の標準ドライバでチャレンジ。

Vtx_v14

ヤッタ~ッ!とりあえず難関を突破。

Vtx_v19

でもちょっと待てよ。フォルダ名がIDEってなっているし,本当にAHCIモードなのかな?

ちょっと疑わしいので,3) AHCIと明記してあるドライバを再入手してもう一回インストールしてみた。バージョンはかなり古そう...

Vtx_v17

Vtx_v18

これでも問題なくインストールが完了。

よくわからないので,デバイスマネージャで確認してみた。

Vvtx_old1

Vvtx_old2

Vvtx_old3

見てもAHCIモードなのかわからないが,だたのSATAのようだな。

2)のAcer標準ドライバで更新してみたら,こんな感じになった。

Vvtx_ori1

Vvtx_ori2

おやッ,HDDの音を制御できるのか。HDDのシーク音がうるさかったのでラッキー。

Vvtx_ori3

せっかくなので,1)の最新ドライバに更新してみたが,

Vvtx_new1

やはりAHCIモードでないような気がする。

Vvtx_new2

HDDの音の制御が消えてしまった。トホホ。CrystalDiskInfoでも設定できるらしいが。 >> 続きを読む

Vvtx_new3

いろいろあったが,とりあえずX270へのVistaのインストールは完了。なぜVista Businessでないのかって?特に理由はない。

結局,Acerの標準ドライバは使わなくても問題なさそうだ。
・ チップセット+グラフィックとか: NVIDIAから最新をダウンロードでOK
・ オーディオ: Realtekから最新をダウンロードでOK
・ BIOS: 最新なら不要
・ アプリケーション: 特に有用なものはなさそうなので不要
・ ドキュメント: 全く使えないマニュアルなので不要

それにしても,Veriton X270はCPUもメモリもショボイのに異様に速く感じるのはなぜ?
(やっぱりCeleron,気のせいだった)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Acer Veriton X270 リカバリーするぞ

Acer Veriton X270は,Windows Vista Business SP1のライセンスでWindows XP Professionalにダウングレードしている。
せっかくなので,Vista Businessを使ってみよう。... ということでリカバーしてみることにした。

でもリカバリDVDもないし,HDDイメージからリカバリできるはずだ。
ォッとその前に,万が一もあるのでHDD毎バックアップしておこう。

以前だったらAcronis True Image(Personal 2)を使うところだが,
もっと便利そうなEASEUS Disk Copyというフリーソフトがあるようなので試してみることに。

1) EASEUS Disk Copyをダウンロードして,
2) CD-Rに焼いて,
3) X270に外付けHDDをUSB接続して,
4) CDブートして,
5) あとは指示通りにHDDを指定すれば,

あら簡単にHDD全体をコピーできた。(3時間近くかかったけど...)
元のHDD(ディスク0,160GB)とコピーしたHDD(ディスク1,200GB)を比較してみたらこんな感じ。

Rcv0

隠しパーテーションも含めてちゃんとバックアップできてそうだ。Dドライブは空っぽだったんだけど...。
これで何があっても安心だ。(たぶん)

早速,リカバリー作業を... あれッ 起動メニューにリカバリーらしき項目がないぞ。どうすりゃいいんだ。
HDD内にマニュアルのPDFファイルがあったが,リカバリーについては一切記載がない。

WEBで調べてもX270みたいなマニアックな機種の情報はないし... これは困った。
しつこくWEB検索し続けたら,偶然に発掘!

Veriton 3600D/3600GのマニュアルのP92以降にバッチリ記載されている。
[ ワンタッチ修復] ボタン,またはPower On Self Test(POST) 終了後にAlt + F10 を押せばいいのか!(そんなのわかるかい!)
(【追記】 Aspire Oneの初心者向けにこんなに親切に書かれていたぞ)

X270にはワンタッチ修復ボタンはないので,起動メニューでAlt + F10....

Rcv1

キタ~!

Rcv2

是非初期設定にさせていただきます。

Rcv3

どうぞ上書きしてやってください。

Rcv5

OKッ,OK~!(とハイテンションで)

Rcv6

書き込み開始。たったの3分で完了。

Rcv7

変な日本語で時を待つと,

Rcv8

リカバリーが完了。

Rcv9

初回起動でいろいろなドライバが組み込まれて,XP Professionalのインストールが無事に完了。

... って,オィッ待て Vista Businessはどこにいったの?初めからHDDイメージには入っていなかったのか....。

>> 続きを読む

【 警告 】 機器の分解・改造により故障や事故等の不具合が発生する危険性があります。一切の責任を取れませんので実施されるときはご自身の責任でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Acer Veriton X270の経緯

どうでもいい妄想記事です。

XPS Oneで柄にもなくビデオ編集してみたが,CPUパワー不足を痛感した。
更に地デジの標準ソフト(TV Enhance)のカクツキ現象もCPUパワーが関係しているのではと推測しているし,
暇なのでCPUをグレードアップしたい衝動にかられていた。

候補としてCore2 Duo E8500 or E8400を狙っていたが,まだまだ高く暇つぶしで遊ぶにはちょっと...。
これならこのCPUを搭載した安物PCを買ったほうがいいじゃん。

... という思考回路で物色を開始。コンセプトはコンパクトPC。

Acer Aspire L3600シリーズ や Acer Veriton L670シリーズ,特にL3600は憧れたPCだ。
L3600をよく調べてみると,なんとHDCPに対応していないじゃん。
地デジを見るためにはアナログ出力かMonster TV HDUシリーズ(裏技)するしかない。
L670はビジネス用途らしいが,すごく魅力的。でもL3600よりも更に高い。

などと考えながら,結局安いものなんか入手できず,気付いたらASL3600-A10(中古)を安く購入してしまった。
ところがあまりに粗悪品だったので返品... そしてまたまた安いVTX270-B11D(中古)が手元にくることに。

って両方ともCeleron 450じゃん。そうです。
XPS OneのCPUをE8500/8400に換装して,余ったE4500を乗せようと思って... 完全に手段と目的が逆転しているぞ。 >オレ。

【 追記 】

この妄想を2年半後に実現したぞ。

今更ながらXPS Oneパワーアップ... 今更だけどCore 2 Duo E8500

ついでにAcer Veriton X270もパワーアップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Acer Veriton X270を買ったぞ

成り行きで Acer Veriton VTX270-B11D(中古,メーカー再生品)を買ったぞ。
なぜ買ったのか?オレにもよくわからないが,どうでもいい経緯はココ。 >> 続きを読む

Veriton X270シリーズの情報はレアかと思うので,せっかくだからレビューしよう。

外箱はこんな感じ。

Vtx_1

箱を開けると,ジャ~ン,ヘナヘナな純正マウスパッドが登場...

Vtx_2

しっかりとした梱包なので,中古品と言えども期待しちゃうな。

Vtx_3

PC本体は思ったよりもきれいで新品同様...

Vtx_7

と言いたかったが,やはり側面に大きな傷があった。

Vtx_9

それ以外はとってもきれいなので,まあ満足できるレベル。

付属品は...

とっても普通な純正キーボード,Scr LkのeボタンはAcerのユーティリティ用っぽい気がする。
右上にボリュームコントローラがあるのが少し変わっている。

Vtx_5

そして,とっても普通な純正マウス,ともに保護フィルムが貼ってあり新品同様。

Vtx_6

あとは電源ケーブルだけ... バックアップDVDや冊子類は全くない。

Vtx_4

さて,気を取り直して,本体のレビューから。

前面パネルのいろいろなコネクタ類。特に目新しいところはないが,完全な剥き出し状態なのがビジネス用っぽい。

Vtx_8

背面のコネクタ類

Vtx_11

空スロットもあるようだ。封印シールが貼ってあるので保証期間の3ヶ月間は改造はやめとこう。

Vtx_12

音声コネクタがいっぱいある。デジタル出力はDVIではなくHMDIなのが珍しい。

Vtx_14

PS/2やシリアルポートも健在(さすがビジネス用)

Vtx_13

電源は内臓タイプだ。カタログではACアダプタと記載があったのでちょっと不安だったが内臓でよかった。

側面はCPUファン付近に大きく通気孔が開けられている。

Vtx_10

コンパクトPCと思って購入したが,実際は普通のデスクトップPCサイズのような気がする。
ちなみに超コンパクトのASL3600と体積比較してみると

X270 ASL3600
本体サイズ 265(H) x 100(W) x 315(D) mm 60(H) x 250(W) x 200(D) mm
本体体積 8348 cm3 3000 cm3
ACアダプタサイズ - デカイ
合計体積 8348 cm3 3000 cm3 + デカイ

巨大VALUESTAR FZとサイズ比較してみると,さすがに小さいが...

Vtx_15 Vtx_17

Vtx_18 Vtx_16

VALUESTAR FZのモニタ F17R1Aと繋いでみた。特に違和感もなくWindows XP Professionalが起動した。

Vtx_19

気になる動作音は...
爆音ではないが,静音とは言えないレベル。ファンの音は普通なのだが,HDDのアクセス音がちょっと大きめだ。 >> 続きを読む

ドライブはいまどきDVD-ROMしかないのは不便だ。でも形状的に市販品と交換できそうだ。

Vtx_20

お次は,きれいにラベルを剥がして... そんなことはどうでもいい。

X270は本体デザイン,サイズ,豊富なコネクタ類,拡張性とそつなくできているが,最大の欠点は,
「まったく魅力がない」こと。まぁ ビジネス用PCだから仕方がないけど。

>> 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに NEC VALUESTAR FZ(初代水冷PC)

久しぶりにNEC VALUESTAR FZ VZ700/6F(初代水冷)をいじってみた。

ずっとリビングPCとしてTV(ブラビア)で使っていたが,オリジナル構成で再構築してみた。

Fz700_1

全体がシルバー調だが,こうやって標準構成で並べてみるとちょっとシツコイな。

標準モニターはF17R1Aで17インチといまどきでは小さいが,SXGA表示(1280×1024)と縦の解像度は十分なので意外と使えるレベルだ。

キーボードにはテンキーも付いているが非常にコンパクトで,キータッチもカツカツとしっかりしており心地いいぞ。
電源ボタンも付いており,こりゃ便利だ。

マウスも有線ながらキーボードに接続してあるので比較的とり回ししやすい。

リコモンもついており,TV視聴のときに便利そうだが,実際は全く使わなかった。(未だに新品同様の状態)

そしてその最大の特長である水冷は...
やっぱり静かだ。普段はDELL XPS Oneを使っているが,完全にVALUESTAR FZの勝ち。
排気ファンらしき音が全くしないので,静音性は今も健在だ。

Fz700_3

以前はHDDのうねり音に悩まされていたが,類似モデルのHDDを2台入れていたのが悪かったのだろう。(丈夫な天板の机で使うのも重要)

ん~いいPCだ... デカすぎるけど。

Fz700_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »