« SHARP EL-9000 関数電卓レビュー | トップページ | 久しぶりに Creative EP-630 »

オーディオテクニカ ATH-CKM55 レビュー

カナル型イヤホンはMaxell HP-CN40-BKを使用しているが,開放型と比べると満足できるレベルではない。
何かいいイヤホンはないかな?と調べていると,オーディオテクニカ ATH-CKM50の評判がいいようだ。

買う気満々でお店に行ってみると,何やら在庫処分のような感じ。
もしやと思いもっと調べてみると,やはり後継機種 ATH-CKM55が発表されていた。8/21発売か。

...ということで待ちました数週間,遂に本日買いました。ってそんなに欲しかったのか? >オレ
という心の声は無視して早速レビューしよう。

色は,ブラック/ゴールド/レッド/シルバー/ホワイトの5色があるが,写真と現物では全然違うので必ず現物を見てから選んだほうがいい。
ATH-CKM50の本体部はプラスチッキーな着色だったが,ATH-CKM55はメタリックな光沢パーツの上にクリアパーツで着色されているようで
高級感をかもしだしている。

  ブラック   ⇒ ダークメタリック調
  ゴールド  ⇒ ゴールドというよりは黄味かかった高級メタリック調
  レッド      ⇒ 自動車のテールランプのようなレッドメタリック調
  シルバー ⇒ 普通のメタリック調
  ホワイト   ⇒ クリヤーっぽい軽い感じ

せっかくなので一番ビビットなレッドで,お買い上げありがとうございます。

Ckm_0

Ckm_1

付属品は延長コード,交換用イヤーピース,キャリングポーチ。

Ckm_2

テールランプレッド(?),やっぱりカッコイイ。

Ckm_3

HP-CN40と比較してみると,大きさはATH-CKM55のほうがコンパクトだ。

Ckm_4

Ckm_5

ATH-CKM55のほうがコードも細めで,分岐部も小さくていい。

コード長はATH-CKM55のほうが全体で13cm程度長く,分岐部~コネクタ間では11~12cm長い。
(普通のバランス。HP-CN40が短すぎてアンバランスなのだが...)

下の写真は上がATH-CKM55,下がHP-CN40。
Ckm_7

コネクタ部はちょっと長めだ。

下の写真は上がATH-CKM55,下がHP-CN40。
Ckm_6

延長コードのコネクタ部もコンパクトで,長さはATH-CKM55のほうが7cm程度短い。

下の写真は左がATH-CKM55,右がHP-CN40。
Ckm_8

でその音質は... ショボーッ! こんなんでいいのかオーディオテクニカ?

HP-CN40とは正反対で完全な高音寄りっていうか低音は全く出ていないぞ。
同じ中高音寄りでもAKG K314Pより明らかに音が少ない。音に広がりがなく,高音はただうるさいだけだ。

ん~失敗買い物の予感。HP-CN40は実はいいイヤホンだったのか。

イヤホンを耳に押し込んでみると低音は鳴っているようだ。イヤーピースが合っていないだけなのか?
そこで,イヤーピースをMからL,S,XSと変えてみた。(イヤーピースの穴が小さくて取り付けにくいなぁ)

    L: 特に音は変わらない。フィット感が良くなった感じもしない。
    S: んッ?少し音が変わったような。特にフィットしている訳でもないが,普通に聞こえてくる。
    XS: さすがに小さいな。でもSよりも更に音が鮮やかになっている。

イヤーピースを外して気付いたのだが,本体の穴はHP-CN40と同じくらいに大きい。それに比べてイヤーピースは穴が小さすぎるのでは?

Ckm_11

試しにHP-CN40のイヤーピース(M)を付けてみたところ,きつくもなくちょうどいい感じにセットできた。

Ckm_12

そしてその音質は.... 何とガッツンと低音が出て高音もすごい迫力。いや~びっくりした。
あれほど出ていなかった低音もHP-CN40以上で,これまでとは間違いなく別世界。イヤーピースだけでここまで変わるものなのか。

下の写真は上がATH-CKM55付属品,下がHP-CN40付属品。ともに右から2番目がMサイズ。(いかにATH-CKM55の穴が小さいかわかるだろう)

Ckm_10

参考までにHP-CN40の交換用イヤーピース(M)はたぶんHP-EPM.BK  >> 続きを読む。

ATH-CKM55の真の実力を知りたい人は是非お試しあれ。(絶対にお薦め)

カナル型イヤホンは生かすも殺すもイヤーピース次第ってことか。いい勉強になった。

【 追記 】
ATH-CKM55と比較して,HP-CN40はカナル型の中でも異常なまでに音漏れしていることに気付かされた。

|

« SHARP EL-9000 関数電卓レビュー | トップページ | 久しぶりに Creative EP-630 »

09 イヤホン・音楽」カテゴリの記事

コメント

ATH-CKM55はデフォルトでファインフィットがついてくるのかぁ
別の意味でオトク感あるかも
通常ファインフィットの特性は高音が抑えられて低音が強調されるはずなんだけど はて。

投稿: | 2011年3月 5日 (土) 11時20分

55ユーザーです。
maxellのイヤーピース、買って試してみました。
おっしゃる通り、すごくよくなりました。
55買ってよかった…ありがとうございます!

投稿: しず | 2011年3月 5日 (土) 11時17分

オーテクのダイレクトダイアフラムはエージング必須ですね

購入直後に聞いてみると噂に違わずこもった音と痛いくらいの高音。
慣れでごまかせるレベルではなかったので、早速エージングしてみることに。
適当な音源が無かったので、FMの雑音を壊れない程度の音量で入力して
待つ事一時間。確かに変わりました。こんなに音が変わるヘッドフォンは
初めてだったので驚きです。(この後更に1時間Aging)

「ダイレクトダイアフラムマウント方式」の物はどれもエージングが
必要みたいなので、この接着方式だと新品状態ではダイアフラムが
うまく振動できないみたいですね。しかし、Aging後の現在は、
ちょっと強めの高音と減衰の速い切れの良い低音の響きに大変満足しています。

投稿: あ | 2011年3月 5日 (土) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/39098982

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオテクニカ ATH-CKM55 レビュー:

« SHARP EL-9000 関数電卓レビュー | トップページ | 久しぶりに Creative EP-630 »