« Philips SHE-255を買いました | トップページ | Ubuntu カスタマイズ 小ネタ »

USBブートでUbuntuな気分

USBブートでUbuntuは最高じゃ。

いろいろ遊んでいるが,4GBの容量が少ないようだ。そこで8GBに容量アップして再インストールすることにした。
... といってもUSBカードリーダー(DN-CR266B)にmicroSD 4GB(DNF-TSD4096)から8GB(DNF-TSD8192C6)に変えるだけだが。 >>続きを読む

無印不良品メモリに早速インストール,2度目となると作業も手馴れたもので,あっという間にインストール完了。
LOOX UでUbuntuをUSBブートして立ち上がったら,直ぐに下のパネルのプロパティで自動的に隠す+隠すボタンを表示するにチェック。パネルが下に自動的 に隠れたり,パネルをクリックすれば左右に収納できるようになる。これでいろいろな設定時にOKボタンが押せないストレスは無くなるぞ。
アップデート・マネージャで全ての更新をインストール,以降については前回と同様なので省略。

いろいろカスタマイズ後の4GBと8GBで残り容量はこんな感じ。

メモリ容量 ファイルシステムの容量 使用済み 利用可能
4GB 3.5GB 2.8GB(79.5%) 730MB
8GB 7.0GB 2.8GB(40.4%) 4.2GB

4to8gb

参考までに起動速度とははこんな感じ。

比較項目 DNF-TSD4096 DNF-TSD8192C6
起動時間-1(FMV起動ロゴ~ログイン画面) 73秒 71秒
起動時間-2(ログイン画面~ビジー状態終了) 23秒 34秒
シャットダウン時間(~電源OFF) 23秒 20秒

これなら残り容量を気にする必要がないので精神的に安心だ。

|

« Philips SHE-255を買いました | トップページ | Ubuntu カスタマイズ 小ネタ »

03 タブレット・ノートPC」カテゴリの記事

コメント

USBブート関連リンク:

USBブート Windows系システム用 - Windows板 [転載禁止]2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/win/1416409524/


Windows7をUSBブート可能にする方法(dddi.bat+UsbBootWatcher)
http://freesoft.tvbok.com/tips/usb_boot/windows7_dddibat.html

Windows8をUSBブートできる新機能Windows To Goが面白い!Enterprise版のみの提供なんて勿体無い!
http://freesoft.tvbok.com/win8/windows-to-go.html

投稿: USB Boot Agent | 2015年3月10日 (火) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/51784774

この記事へのトラックバック一覧です: USBブートでUbuntuな気分:

« Philips SHE-255を買いました | トップページ | Ubuntu カスタマイズ 小ネタ »