« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の24件の記事

無印不良品 microSD EverGreen DNF-TSD8192C6

microSDカードEverGreen DNF-TSD8192C6を買いました。ベンチマークとかはココを参照して。

USBカードリーダーDN-CR266B抜き差ししたら,アレッてことになったので,記事にしとくよ。

元はこんな感じで,今まで購入したmicroSDにはない鮮やかな白色印刷なのが特徴的。

Micro0

でもDN-CR266Bに1回抜き差ししたら...

Micro1

Class不明+SDの文字も消えかけている。これは...と思いツメで引っかいてみると,

Micro2

microHCに... 面白いので,

Micro3 Micro4

mic... セロテープでペタペタするだけでも簡単に剥がれて,

Micro5

ここまでくると無印良品レベル。こうなったらやるしかない。

Micro6

完全に消えてスッキリ。でもこんなんでいいのか?(単なる無印になる不良品?)

オレはシンプルで好きだけど,容量不明ってのは実用的ではないな。文字は消えてもいいがデータは消えないでくれよ。

上海問屋に問い合わせたら交換対応だって。
同時に購入したUSBカードリーダー DN-CR266Bも数日でmicroSDが認識されなくなった(2個購入しといてよかった)
それにしてもちょっと不良ヒット率が高すぎるような...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較

画面キャプチャーできないのでデジカメでとってみた。

左がmAgic TV Digital(GV-MVP/HZ2W),右がTV Enhance(XPS One,GV-DTV/HE)


フルスクリーン対決

・特に差はない。

Nz2w_full Enhance_full


最大化したところで対決

通常はフルスクリーンだが。マウスをフレーム付近に近づけるとこの画面表示になる。

・TV Enhanceは上下からボタン類がニョキっと出現。

・mAgic TV Digitalはフレームが出現(表示サイズが少し小さくなる)。チャンネルボタンがあるのでこっちのほうが使いやすい。
(一番上にチャンネル表示されるのだが,▲部をクリックすると,放送時間/番組名,番組解説に切替る意外な隠し機能もある。
マウスのホイールをチャンネル切替に設定すると便利。)

Nz2w_max Enhance_max


標準サイズ や中間サイズくらいで対決

前述の最大化と同じ。

・TV Enhanceは時間が経つと下のボタン類は消える挙動も同じ。

・mAgic TV Digitalはフレームは出たままで消えない。消したいときは画面のみ表示に設定すると余計なものが全て消せる(最小サイズを参照)

Nz2w_mid Enhance_mid


最小サイズ対決

・TV Enhanceはこれが限界。

・mAgic TV Digitalのほうが小さくできる。(画面のみ表示に設定)

Nz2w_min Enhance_min


その他

・TV Enhanceでチャンネル切り替えした瞬間.... はっきり言ってジャマだ。

Enhance_ch

ちなみにオレはフィギアスケート好きな訳ではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneでトリプルチューナー

調子にのってGV-MVP/HZ2WとXPS One(GV-DTV/HE(DL))で地デジのトリプルチューナーを試してみた。

<組合せと結果>

組合せ GV-MVP/HZ2W①
mAgic TV
GV-MVP/HZ2W②
mAgic TV
XPS One(GV-DTV/HE)
TV Enhance
結果
録画(3) 録画 録画 録画
録画(2) 録画 録画
録画(2) 録画 録画
録画(2)+視聴(1) 録画 録画 視聴
録画(2)+視聴(1) 録画 視聴 録画
録画(1)+視聴(2) 録画 視聴 視聴 ※2
録画(1)+視聴(1) 録画 視聴
録画(1)+視聴(1) 視聴 録画
録画(1)+視聴(1) 録画 視聴
視聴(2) 視聴 視聴 ※1

GV-MVP/HZ2Wでのダブル録画はmAgicマネージャがたまに失敗することあり。

※1: TV Enhance⇒mAgic TVの起動順: mAgicマネージャが強制終了し×
       mAgic TV⇒TV Enhanceの起動順: TV Enhanceは画像は表示されず音声だけ

※2: TV Enhance⇒mAgic TVの起動順: mAgicマネージャが強制終了し×
       mAgic TV⇒TV Enhanceの起動順: TV Enhanceは画像は表示されずブチブチ音声だけ(CPU使用率はほぼ100%のため?)

ダブル視聴は無理だが,トリプル録画は何とかできそうだ。...ってそんなに見たい番組があるのか? >オレ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較

XPS One付属のリモコンでGV-MVP/HZ2W(mAgic TV Digital/Player/ガイド)で使えるのは赤ポッチのボタン。
青ポッチのボタンはmAgic TVとは関係なく使用できるので,ほとんどのボタンが使えることになる。
それ以外はWindows Media Centerで使うようなボタンだ。

Rimokon_ok

これならGV-MVP/HZ2W専用のリモコンGV-RCKIT3はいらないな。

メーカー 型番 サイズ 重量
IO DATA GV-RCKIT3 約W53×D24.2×H200mm 約90g
DELL XPS One付属 約W49×D31(最薄部18) ×H214mm 約110g

(XPS One付属は実測値,重量は電池含まず)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W の音ズレ調査

XPS Oneで地デジ GV-MVP/HZ2Wはまあまあ快適だ。まだ標準表示サイズで音ズレの問題が残っているので調査してみた。

標準サイズから少しづつ縮小したり拡大すると,あるサイズで音ズレが無くなることがわかっている。

<標準サイズ>

Nz2w_mid

<標準から音ズレがなくなるまで縮小したサイズ>

Hz2w_mids

<標準から音ズレがなくなるまで拡大したサイズ>

Hz2w_midl

そこで,いろいろな表示サイズでCPU使用率がどうなっているか調べてみるとこんな感じになる。(Microsoftの古いHD Audioドライバを使用,16ビット,44100Hz)

表示サイズ 平均CPU使用率
(mtvManager.exe)
CPU使用率
(全体)
最小 38% 40~60%
標準 59% 60~75%
最大 26% 25~50%
標準から音ズレが
なくなるまで縮小
61% 65~85%
標準から音ズレが
なくなるまで拡大
26% 25~50%

                                       (クロックは2.2GHz固定)

参考までにXPS One付属のTV Enhanceでも同様に調べてみるとこんな感じ。

表示サイズ 平均CPU使用率
(TVEnhance.exe)
CPU使用率
(全体)
最小 62% 55~70%
中間 28~36% 20~50%
最大 28~53% 20~70%

                            (クロックは2.2GHz固定)

CPU使用率は 最大サイズ<最小サイズ<標準サイズ であり,音ズレが発生する標準サイズでCPU使用率が最も高くなっている。
GV-MVP/HZ2Wの対応CPUはCore 2 Duo E4400 (2.0GHz)以上なので,XPS ONEのCore 2 Duo E4500(2.2GHz)ではギリギリなのか?

しかし標準から縮小したときでもCPU使用率は高いが,音ズレが出ないので,それが全てでは無いような気もするが。
(TV Enhanceと比較してもCPU使用率が極端に高い訳でもない。メモリーも1GB程度が空いているので問題ないだろう)

Core 2 Duo E8500に換装したXPS Oneがオークションに出品されているので,CPUのパワーアップは問題なくできそう...
分解手順もココにあるようだし(情報元:価格.comのクチコミ掲示板)... ウゥ やってしまいそう。 >オレ

安物のXPS Oneにいったいいくら使う気なんだ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W 完璧になりました

やっと動作するようになったmAgic TV Digitalだが,まだ a) b)が不完全だ。

a) フルスクリーン起動の制約

ディスプレイドライバが関係しているのは間違いないのだが,DELLの最新バージョンが既にインストールされている。

Intel G33 Express ChipSet Family: DELLの最新ドライバは7.14.10.1322。Intelのホームページでは最新バージョンは7.15.10.1608だ。

工夫しながらIntelの最新バージョンをインストールしてみると...
なんと意図も簡単に解決できた。オィォィ,これまでの苦労はいったい...。DELLが最新ドライバの提供をサボっていただけ。

7) Intel 最新ディスプレイドライバ ⇒ ◎ 効果絶大

b) 音声にブチブチとノイズが入る。(録画ファイルでは問題なし)

もしかて,オーディオドライバも最新版にしたら... と考え調べてみたら,

Realtek  High Definition Audio: DELLの最新ドライバは6.0.1.5555a。Realtekのホームページでは最新バージョンは6.0.1.5772(R2.14)だ。
ちょっと苦労しながらRealtekとかのバージョンをインストールしてみると...

8) Realtek 最新オーディオドライバ ○効果あり(ブチブチノイズはまだ残っている)
24ビット/48000Hzより16ビット/44100Hzのほうがいいような気もするので,ブチブチノイズにはCPUパワーも関係しているのか?

9) Microsoftの古いHD Audioドライバ(6.0.6000.16386) ◎効果あり
Realtek 最新ドライバをインストール後,デバイスマネージャからドライバを元に戻し,Microsoftの古いドライバとするのがポイント。Realtekドライバをアンインストールしてしまうと効果がないので,何が起きているのかは謎。

ブチブチノイズはCPU使用率(クロック)が関係していることが判明。BIOSのSpeed StepをEnableにしたり,電源オプションで最小のプロセッサの状態の数値を上げることにより,かなり解決できそうだ。

こんなに苦戦したGV-MVP/HZ2Wの起動だったが,DELL以外の最新ドライバをインストールすればOKというオチでした。
長々と読んでくれたみなさま。あまり参考にならずにごめんなさい。

DELL XPS Oneを購入してから5ヶ月にしてやっと普通に地デジが見れるようになった。(普通に快適)

c) 標準表示サイズで音ズレが発生することを発見。a) b)ではまだ完璧ではない... ゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W 起動できました

アンテナ接続ができたので,やっと起動だ。
(mAgicマネージャ Digitalが常駐しているときは画面キャプチャーができないので画像なしで。著作権保護らしい)

初期設定しないと何も操作できない。チャンネルスキャンで全てのチャンネルを検出できた。(順調,順調)
待ちに待ったmAgic TV Digitalを起動... 初期化しています。少々お待ち下さい... チャンネルが選択され... 黒紫色になって... フルスクリーン(?)... 音が出た... ブルーバック(??)... 再起動。ハァ?
ブルーバックではigdkmd32.sysがエラーになっているようだ。これってディスプレイドライバっぽい。何度やっても同じ。

Blueback

マニュアルには他社製のキャプチャー製品は取り外し,ソフトも削除しろと書いてあるので,やはりこれが原因なのか?

1) XPS OneのGV-DTV/HE(DL)をデバイスマネージャーから無効化 ⇒ × 効果なし
2) CyberLink TV Enhanceをアンインストール ⇒ × 効果なし
3) Aero-OFFやMSCONFIGで最小限構成 ⇒ × 効果なし
4) mAgicTV Digital/ドライバがアップデートしているようなのでバージョンアップ ⇒ × 効果なし

やはりXPS Oneのハードウエア GV-DTV/HE(DL)を取り外さないとダメなのか... それともXPS ONEは未対応(×)なのか...。

あれこれ悩んでいるとひらめいた。音が出てからフリーズするので,音が出なかったら?=TV信号を入れなかったら?

アンテナを接続せずにmAgic TV Digitalを起動させてみると,エラーにならない(もちろん画面には何も映らないが)
電波が弱いとかのエラーメッセージが出てからアンテナを接続してみると... なんとキレイにテレビが写るではないか。つまり問題なく起動さえすればTV視聴できるということだ。

5) アンテナ抜き起動 ⇒ △ 効果あり

エラー現象のもう一つの特徴はフルスクリーン ⇒ はじめからフルスクリーンで起動したら?
早速,アンテナ抜きでmAgicTV Digitalを起動させ,フルスクリーンにしてから終了。次回からはフルスクリーンで起動できるぞ。

そしてその結果は,
6) フルスクリーン起動 ⇒ ○ 効果あり(遂にやった)

録画ファイルはmAgicガイド DigitalからmAgic Player Digitalを起動させて再生するのだが,これも全く同じエラーで再起動してしまう。
TV視聴と同じようにmAgic Player Digitalが起動したら直ぐにダブルクリックしてフルスクリーンにすると問題なく再生できた。

とりあえず,「動作しない」から「動作する」まで改善できたぞ。 >> 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W 接続してみました

マニュアルに従いドライバをインストール,次にmAgicTV Digitalをインストールして,よし本体を接続だ。

GV-MVP/HZ2Wをアンテナ線につなげたら... なんと別の部屋のテレビまで見えなくなってしまった。一体何が起こったんだ?
USBの接続には関係なく,アンテナ線をつなげただけで家中のテレビが見えなくなる。

他のテレビ用壁コンセントでも検証してみると,異常が出ない場所もある。その違いは...どうやら電通の配線ではダメな傾向がありそうだ。
(屋外ブースターの電源ユニットを接続して壁コンセントの電通の有無を確認)
GV-MVP/HZ2Wを電通配線につなげると,なんとブースターの電源が落ちるのだ。ナンデ?

壁コンセントを非電通にすればいいのだろうが,とりあえず確認のために分配器を買ってみた。
何でもいいのだが,日本アンテナ WDG-2L152を選んだ。(2分配器,1系統のみ電通(電通ランプ付き),金メッキのケーブル付きで非常にコンパクト)

Bunpai_1 Bunpai_2

早速,WDG-2L152とGV-MVP/HZ2Wを接続テストしてみると,
・電通配線にGV-MVP/HZ2Wをつなぐと ⇒ 電通ランプが消えた=ブースターの電源ユニットが落ちた。
・非電通配線にGV-MVP/HZ2Wをつなぐと ⇒ おぉォ~ 電通ランプは点灯したまま=ブースターの電源ユニットは生きている=これで地デジが見れる??
(電通ランプはけっこう便利)

■ 教訓 ■
GV-MVP/HZ2Wは電通配線にはつながないほうがいい(たぶん)
もし電通配線のときは分配器を使うべし。(電通ランプ付きがお薦め)

>> 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ubuntu カスタマイズ 小ネタ

LOOX UでUbuntuのカスタマイズネタを少しを少しまとめておくよ。(おそらくみんなやっている内容なので目新しいネタはないと思う)

1) Ubuntu Tweak

設定ファイル等を編集するとき管理者権限が必要になるので,スクリプトが特に便利。ココが参考になる。


2) ブートメニュー

ブートメニューの表示時間と表示項目の変更はココを参考にしてできた。


3) タッチパネル

タッチパネルは場所により1cm以上ズレる。手書き認識はゆっくり書けばつかえるレベル
ココココを参考にしながら,evtouchやjoytouchを試してみたが,実用的なレベルにはならない。
(joytouchはcalできないし,evtouchは画面の右側の反応がにぶく,右端付近は使えない)

WindowsXPでもタッチパネルなんて使っていないので諦めた。


4) 無線LAN

無線LAN 11aが使えるのか調べてみたらココに記事があった。設定ファイルを編集してみたが,使えなかった。


5) 動画

各コーデックがインストールされ再生可能。rmファイルはRealPlayerをインストールすれば再生できる。
RealPlayerをダウンロードするとデスクトップに保存されるので,端末からコマンドを打ち込む。
cd デスクトップ
chmod 777 RealPlayer11GOLD.bin
sudo ./RealPlayer11GOLD.bin
でインストールする。(LinuxのターミナルはZaurusや白箱以来だ)

どの種類の動画も再生はスムーズでまったくストレスなく見えるレベル。
ちなみにLOOX U本体のボリュームコントロールも使えるが,ミュートしても音が出るので注意。


6) 休止状態

Windowsを休止状態 → UbuntuのUSBブートメモリを差す → 休止状態を解除 → Ubuntuが起動する。(あら不思議)
Ubuntuを終了 → USBブートメモリを抜く → Windowsの休止状態を解除 → 何事もなかったようにWindowsが再開される。
(メモリの内容がHDDに書き込まれているので,ありえる現象なのだが... )

Windowsが休止状態のときはUbuntuからHDDをマウントできなかった。
Ubuntuのハイバーネートはうまくでいなかった。(USBメモリに書き込んでいるが終了せずに起動してしまう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBブートでUbuntuな気分

USBブートでUbuntuは最高じゃ。

いろいろ遊んでいるが,4GBの容量が少ないようだ。そこで8GBに容量アップして再インストールすることにした。
... といってもUSBカードリーダー(DN-CR266B)にmicroSD 4GB(DNF-TSD4096)から8GB(DNF-TSD8192C6)に変えるだけだが。 >>続きを読む

無印不良品メモリに早速インストール,2度目となると作業も手馴れたもので,あっという間にインストール完了。
LOOX UでUbuntuをUSBブートして立ち上がったら,直ぐに下のパネルのプロパティで自動的に隠す+隠すボタンを表示するにチェック。パネルが下に自動的 に隠れたり,パネルをクリックすれば左右に収納できるようになる。これでいろいろな設定時にOKボタンが押せないストレスは無くなるぞ。
アップデート・マネージャで全ての更新をインストール,以降については前回と同様なので省略。

いろいろカスタマイズ後の4GBと8GBで残り容量はこんな感じ。

メモリ容量 ファイルシステムの容量 使用済み 利用可能
4GB 3.5GB 2.8GB(79.5%) 730MB
8GB 7.0GB 2.8GB(40.4%) 4.2GB

4to8gb

参考までに起動速度とははこんな感じ。

比較項目 DNF-TSD4096 DNF-TSD8192C6
起動時間-1(FMV起動ロゴ~ログイン画面) 73秒 71秒
起動時間-2(ログイン画面~ビジー状態終了) 23秒 34秒
シャットダウン時間(~電源OFF) 23秒 20秒

これなら残り容量を気にする必要がないので精神的に安心だ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Philips SHE-255を買いました

Philips SHE-255を購入した。エキストラ バスってハングルで書いてあるのが怪しく,ジャンク心をくすぐる。

Philips

わざわざ書くほどの金額でもないが,海外メーカーのイヤホンは音の作り方が違うとか掲示板に書いてあり,ゼンハイザー SENNHEISERAKGを買ってみたいと思っていた。
カナル型も使っているがオープン型を好んでいる。「海外メーカー」+「オープン型」+「安物」と全ての条件が揃ったので買いだな。
早速,手持ちのイヤホンと比較してみよう。(この辺も参考に。比較対象が安すぎるが)

イヤホン 音質 (うまく表現できない...) 端子(形状/金メッキ) ケーブル(太さ/硬さ)
Philips SHE-255 中音のみだが少し低音も出て
いるようで広がりを感じる
L字型 / 無 細い / 中程度
audio-technica
ATH-CM4
高音が弱くこもった感じ
(音が異常に小さい)
直線型 / 有 太い / 硬い
i-river Clix2
付属のイヤホン
中音のみで普通 直線型 / 無 太い / 柔らかい
Creative EP-630
(XPS ONEのオマケ)
何もない(音楽用ではない…) 直線型 / 有 細い / 中程

Headphone

写真は左から,audio-technica ATH-CM4,i-river Clix2付属,Creative EP-630,Philips SHE-255

Philips SHE-255ってイイ。何か心に響く感じで好みの音だ。WEBで評判を見てみると,やはり値段の割にはいいようだ。

...ということで,しばらくメインのイヤホンはSHE-255に決定。
気になっているところは,
・イヤーパッドをつけるとデカすぎる。
・非対称の形状なので,LRを逆に付けられない。
・端子がL字型だが異常にデカくて硬い。(昔の形状とは違う)

もっと高いイヤホンを買えばいいのだろうが...

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較

GV-MVP/HZ2WとXPS One(GV-DTV/HE(DL))で地デジの性能比較してみた。

GV-MVP/HZ2Wのマニュアルには他社製のキャプチャー製品は取り外し,ソフトも削除しろと書いてあったが,
XPS One付属の(GV-DTV/HE/TV Enhanceは特に問題ないようだ。(mAgicの不安定さの原因かもしれないが...)

<地デジの性能比較>

ハードウエア GV-MVP/HZ2W XPS One(GV-DTV/HE)
ソフトウエア mAgic TV Digital/Player/ガイド/マネージャ TV Enhance
インストール いろいろ裏技が必要 プレインストール
動作の安定性 不安定,まだ完成度が低い。mAgicマネージャがよく落ちる 安定
XPS ONEのリモコン ほとんどのボタンが使える 全てのボタンが使える
機能・カスタマイズ 一通りの機能とカスタマイズが可能 ×本当に何もできない最小限の機能でカスタマイズできるところは
ほとんど無い(PCソフトというよりは単なるTVって感じ)
画質 デフォルトは自然でおとなしめな画質,この辺は好みの世界だが...
Aeroは自動的にOFF
いかにもデジタルといった画質(ソフト起動とともに電源オプションが高パフォーマンスに自動的に切替る)。Aeroは自動的にOFF
表示サイズ変更 任意に可 任意に可
最小サイズ 小さい。見ながら作業しやすい 大きい
起動速度 遅い 中程度
チャンネル切替速度
/切替表示
やや遅い
特に表示されない
中程度
×番組ガイドが画面の下3割を占領...ジャマすぎる
チャンネル設定 使用チャンネルを選択ができる 複数チャンネルが表示され使いにくい
番組表/予約録画 ジャンルで色分けされており見やすい
番組表の更新に時間がかかる
iEPGに対応
シンプルすぎる。ただの番組表
×マニュアルで番組表を更新できない
×iEPGに未対応
タイムシフト ×できない。これができないのはツライ... できる
追っかけ再生 できる ×できない
早送り/巻戻し ボタンを離すと戻ってしまう
シークバーでサーチしやすい
ボタンを押す回数でスピードを変えられる。一部で音声有り
×早送り/巻き戻しでサーチなのでかなりツライ
ダビング10 対応 ×未対応

総評としては,安定志向ならTV Enhance,カスタマイズ志向ならmAgic TVといった感じだ。

mAgic TVはまだ完成度が低いので,今後のドライバ/ソフトのアップデートにより安定化するかもしれない。
DELLからドライバ/ソフトがアップデートされる可能性は低いので,IO DATAに期待したい。

GV-MVP/HZ2WでXPS Oneのリモコンをそのまま使えたのは期待していなかっただけにうれしいぞ。 >> 続きを読む

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WNでUbuntuな気分

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WN(初代)でUbuntu(ウブントゥ )を使ってみた。(Ubuntuだけでは画面キャプチャーできないので文章中心で)

まずはLOOX UでUbuntu(8.10)は起動するのか? ISOファイルをダウンロード → CD-Rに焼く → CD-ROMから起動 → とりあえず動作できた。

UbuntuをインストールするにはHDDのパーティション操作が入るようだ。
CD-ROMからUbuntuを起動させてブートできるUSBメモリも作成できるのだが,残念ながらLOOX UにはUSBスロットが1個しかないので無理だ。

そこで,他のPCでUSBメモリにインストールしてみることにした。CD-ROMでUbuntu起動の可否はこんな感じ。手元のPCで条件が合うのはVALUESTAR FZだけだ。

Ubuntu ver. LOOX U50WN VAIO TypeTX XPS ONE VALUSTAR FZ
8.10 × ×
8.04 × ×

USBメモリを準備。実際はUSBメモリではなくUSBカードリーダー(DN-CR266B)+microSD(2GB)を使用した。(FAT32でフォーマットしておく)

VALUESTAR FZでCD-ROMからUbuntuを起動させ,USBメモリが認識されるとデスクトップにアイコンが現れる。
メニューの [システム] → [システム設定] → [Create a USB startup disk] でブートできるUSBメモリを作成できる... はずなのだが,何度やってもUSBブートできなかった。
WEBで調べたらUSBメモリにインストールする方法もあるようなので,早速試してみた。

USBメモリをマウントしたままではUSBを選択できないので,あらかじめアンマウントしておく。
以降はココの手順どおりに進める。途中でパーティションが小さすぎると警告が出たが,無視して続行。
その勢いのままインストールボタンをクリック... アレッ「やっちまったなぁ~!」のパターンじゃん。
急いでインストールを強制終了したので,HDDにブートローダーをインストールされなかった。(よかった)

気を取り直して,もう一度始めからトライ。インストールボタンの前に忘れずに [拡張] をクリックして,USBにブートローダーが入るようにする。
インストールは始まったのだが,後半で容量が足らないとかで途中で終了。

次はmicroSDを4GB(EverGreen DNF-TSD4096)に変更して全てをやり直し。今度は警告は出ずに問題なくインストールが完了した。

2GBと4GBのメモリの中身はこんな感じに自動的にパーティションを切られていた。

Ubusb

さてLOOX Uの出番です。BIOS設定でUSB HDDで起動できるようにしておく。(USB MEMORYでは認識されなかった)

Ubbios

インストールしたUSBメモリを差して,電源ポチッ,オォ~ ブートローダーが現れた。(下の写真は後述のアップデート後)

Ubboot1

Ubuntuを選択すると,ログイン画面が出た。(音がでかいので驚く)

Ubboot2 Ubboot3

そして,遂にUbuntuを起動できた。当たり前だがHDDの音はせず,アクセスランプも消えたまま。(右奥で青く光っているのがUSBメモリ)

Ubloox

LOOX Uでは画面(縦600ドット)が狭くて上下のバー(パネルって呼ぶようだ)がジャマで設定等でOKボタンが押しにくい。
プロパティでパネルを自動的に隠す設定にすればいいのだが,はじめはわからずに下のパネルを右サイドに寄せたら,起動時にフリーズするようになってしまった。(ブートローダーのrecovery modeで修復できた)

無線LANは設定しても接続ができない。CD-ROMブートの時は問題なかったような気がするので,別のPCでインストールしたためにドライバが入っていないのか?
とりあえず有線LANで接続することにした。

アップデートファイルがいっぱいあるぞとメッセージがあったので,全て更新してみた。(かなり時間がかかる)
全てが完了し,再起動したら... おぉ~ 無線LANが使えるようになっているではないか。ドライバを確認してみたところ,Atheros 802.11 wireless LAN cards. が追加されている。(11gは問題ないが,11aでは接続できないようだ)

せっかくなので,速度を計測してみた。Vistaよりは軽いとウワサされているが,XPより極端に早いということはなさそうだ。(USBブートなので比較できないが... )

比較項目 Ubuntu 8.10/USBブート WindowsXP(Vistamizer)
起動時間-1(FMV起動ロゴ~ログイン画面) 73秒 56秒
起動時間-2(ログイン画面~ビジー状態終了) 23秒 25秒くらい
シャットダウン時間(~電源OFF) 23秒 33秒

参考まで他のUSBリーダーについても試してみた。MSD-UCRでは問題なく起動したが,DN-MSCR-F376では起動途中でフリーズした。USBリーダーなら何でもOKというわけではないようだ。

Ubuntuの使い道は考えていないが,いろいろと遊べそう。オレにLinuxの知識があれば... 。

続きはこちらからどうぞ。

USBブートでUbuntuな気分

Ubuntu カスタマイズ 小ネタ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MicroSD用USBカードリーダーを買いました

MicroSD用USBカードリーダーを買ったので早速レビューを。

DN-MSCR-F376

3761 3762 3763

かなり小さくて薄いが,色は変なブルーだ。

DN-CR266B×2個(なんとなく)

2661 2662 2663

小さいが思ったより大きい。本当はBUFFALO RUF2-P8G-BKが欲しかったのだが,店に売っていなかった。とりあえず買ってみたが,なんか形状が似すぎている... RUF2-P8G-BKって中身はMicroSDってことはないよね。

 

1. サイズ比較
DN-MSCR-F376 vs MSD-UCR(以前に購入)

376a1 376a2

DN-CR266B vs Bluetoothアダプタ(比較する相手がないので)

266a1 266a2 266a3


2. ノートPCへの収まり具合

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WNのUSBスロットに差して,でっばり具合を比較(これって重要)

MSD-UCR
こんな感じ。

Looxucr

DN-MSCR-F376
MSD-UCRよりは小さいが,まだでっぱりがあり差したままは危険。

Loox376

DN-CR266B
惜しい。本体と一体化ってまではいかないな。

Loox266

ちなみにBluetoothアダプタはこんな。おぃ出すぎだろう。

Looxbt

 

3. ベンチマーク
使用するmicroSDはKingston SDC4/8Gを(ランダムライト激遅)

MSD-UCR

Ucrking

DN-MSCR-F376

376king

DN-CR266B

266king

大差なしという結論。


4. その他

DN-MSCR-F376とDN-CR266BにはアクセスLEDあり。(XPS ONEにはピッタリの青色,DN-MSCR-F376は眩しすぎる... )

Xps376 Xps266

DN-MSCR-F376,DN-CR266Bとも小ささのコンセプトは異なるが,なかなかいい感じ。小さいことはいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学習リモコン HH-C01を買いました

DELL XPS Oneのリモコンはデカ過ぎる。学習リモコンは各社から発売されているが,どれもXPS ONEと大差ないサイズ。何でみんなこんなにでかいんだ?
... といろいろ調べていたら,とっても小さいモノを発見,しかも怪しい価格帯。迷わず買ってみた。 しかも色違いで2個。

AV用ミニ学習リモコン HH-C01-W(ホワイト)/-IG(グリーン)

この値段にしてはちゃんとしたパッケージ。(リモコンで地デジ対応ってそんなにスゴイのか?)
本体はプラスチッキーな作りだがお値段以上な感じ。アンバランスなフォントが怪しさを更に引き立てている。

Hhc011 Hhc012

サイズはとってもコンパクト。

メーカー 型番 サイズ 重量
ビーティティ HH-C01 約W35×D10×H105mm 約 30g
DELL XPS One付属 約W49×D31(最薄部18) ×H214mm 約110g※

(実測値,※:電池含まず)

XPS Oneに合う色は... どちらかというとグリーンのほうがマシ。

Hhc013 Hhc014b

ボタンを押すと,ブルーに点灯,オォ~ッ XPS OneのプルーLEDと同じだ~(色だけだけど)。更にLIGHTボタンを押すとライトに早変わり。

Hhc015 Hhc017b

A/Bの切替スイッチがついており,ボタン数×2倍で活用できる。
(購入した2台でA/B切替スイッチの硬さが違っていて,1台は硬すぎて指の腹で切替しにくい。爪なら切り替え可能。この値段なら仕方が無いな)

Hhc016 Hhc01rcb

気を良くしながら信号を学習させた。設定マニュアル(紙)は添付されているのけど,かなりわかりにくい。
ようやくこんな感じで設定完了。

モード ◎ボタン 上下△▽ボタン 左右三角ボタン
A
電源ON/OFF
音量コントロール チャンネル切替
B 決定ボタン 上下ボタン 左右ボタン


さて,その実力は... ダメだこりゃ。リモコンに反応するも連続ボタンが正常動作しないぞ。

例)
△ボタンで音量アップするが続けて押すと反応せず。一旦,▽ボタンなど他のボタンを押すと再度有効になる。
音量調整など同じボタンを連続して押す操作には不適(チャンネル切替も無理)

試しに他の1台でも試してみたが,現象は全く同じ。

残念ながら,XPS Oneのミニリモコン化計画は失敗に終わった。電源ON/OFリモコン+おまけのライト機能が欲しい人にはお薦め。
(普通のテレビなら全く問題なく使えることは確認済み)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IO DATA GV-MVP/HZ2Wを買いました

DELL XPS Oneの地デジはもうあきらめて,外付けチューナーを増設することにした。
まずは機種選定を,無難(?)に Buffalo DT-H30/U2,リモコンもついてお得な MonsterTV HDUS SK-MTVHDUS/MTVHDUSF,黒いほうがXPS Oneにマッチするので Logitec Dialive LDT-FS100U
IO DATAは... GV-MVP/HZ2っていう新製品があるのか,おぉダブルチューナーのGV-MVP/HZ2W,特徴を読んでみると,高感度SONY製シリコンチューナー搭載などいろいろ良さげではないか。でもリモコンのGV-RCKIT3はデカそうだな...
対応表ではXPS Oneは×となっているが,地デジ相性チェッカーでは◎となる。ここは人柱覚悟で...ポチッ,お買い上げありがとうございます。

数日後,GV-MVP/HZ2Wが到着した。箱は意外と大きい。

Hz2w_1

本体の大きさはまあコンパクト。色艶もXPS Oneにピッタリ。

Hz2w_2_2

インターフェースはUSB,テレビコネクタ,B-CASカードだけ。

Hz2w_3Hz2w_4

さて動作のレビューは...10時間以上の格闘はこのあとのブログで書くことにしよう。地デジは甘くない。

続きはこちらからどうぞ。

IO DATA GV-MVP/HZ2W 接続してみました

IO DATA GV-MVP/HZ2W 起動できました

IO DATA GV-MVP/HZ2W 完璧になりました

IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較

IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneでトリプルチューナー

IO DATA GV-MVP/HZ2W の音ズレ調査

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WNでWindows7な気分

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WN(初代)にWindows7ベータをインストールしてみた。ウワサではViataよりも軽いらしいので検証を。

XPからのアップデートインストールはできない。

Loox7x

仕方が無いのでCDブートでクリーンインストールした。何の問題もなくあっさりとインストールは完了。
立ち上がると,こんな感じ... なんで青い金魚なの?

Loox7

数日間使ってみたが,ほとんどVistaって感じ。Vistaよりも軽いかはわからないが,XPよりは断然重い(当たり前だが...)

非力なLOOXにはツライので,XP+Vistamizerが最適な組合せという結論で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WNでVistaな気分

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WN(初代)のOSはWindows XPで快適なのだが,見た目だけはViataっぽくということでVistamizer(2.5.2.0)を使っていた。
暇なのでVistamizer 3.1.0.0にアップデートしてみたら大変なことに...

アップデートの前にVistamizer(2.5.2.0)を一旦アンインストール~再起動。懐かしいXPの画面がお目見え。

Looxxp

よし,Vistamizer(3.1.0.0)をインストール,再起動... 一瞬ブルーバック... 再起動... (ずっと繰り返す)
つまり,やってしまったということ。仕方が無くOSから再インストールすることに。

LOOX Uにはマイリカバリという便利なソフトがプレインストールされている。現在のC:ドライブの状態をバックアップして,リカバリできる機能だ。
今後のことも考えて,全てのインストールとアップデートが完了した状態でディスクイメージを作成しといた。

Looxr1

Looxr2 Looxr3

Looxr4 Looxr5

これなら何度でもリカバリーができるぞ。Vistamizerに再チャレンジだ。

まずは再現性とVistamizerのバージョン違いを試してみると,
3.1.0.0: 全く同じ現象(再起動の無限ループ)
3.0.0.0: 全く同じ現象(再起動の無限ループ)

システムのプロパティで起動と回復の設定で自動的に再起動するをOFFにすると,ブルーバックで止めることができる。

Looxer1 Looxer2

原因は,STOP: c000021a Unknown Hard Error / Unknown Hard Error って言われても...

WEBで調べたところ同様のトラブルになった人もいるようだ。SP3を適用するとなる?SP3 UxTheme Patcherが必要っぽいので,パッチを当ててからインストールしたり,インストールオプションを選択を変えてみたりなど,あれこれ10数回のリカバリーを繰り返したが,無理なので断念。

結局,2.5.2.0なら全く問題なくインストールできた... 元に戻っただけ。(このバージョンは起動画面まではVista化されないので,Bootskinを使うといい)

Looxvista

今回のトタバタでディスクイメージを作ったので,いろいろと思い切ったチャレンジができそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルマニア

今日は暇なので,これまでのA5ノートPC以下のモバイル関連について回想録を書こう。(古いものから順に記載)

<ノートPC>
1) CASIO カシオペア FIVA MPC-102
この時代としては小さくよくまとまっているが,スピードは激遅で,パッテリーもまったく持たないとモバイルには不向きの一台。
屋内でのネットPCくらいにしか使わなかった。

Mpc102

Mpc1022

2) CASIO カシオペア FIVA MPC-501×2台
ペンファイバっていうヤツ。タブレットPCが欲しくて入手したが,中身は前述のMPC-10xシリーズと同じだが,
発熱は更にひどい+重さのバランスが悪いという欠点があり,使い道がないマシンだった。(大容量バッテリーを付けると重すぎて手が痛くなる)

Mpc501

Mpc5012

3) SONY VAIO PCG-U101
LOOX Uが登場するまでの4年間は究極のモバイルPCだった。2003年の技術でこれだけのものを作ったソニーはさすがだ。
見た目のデザインはちょっと凝っているが,使い心地は至って普通。ポインティングデバイスやカーソルキーも使いやすかった。
性能もスピードが遅いと感じることもなく,まったく問題なく使っていたが,やはりバッテリーのもちが悪いのが唯一の弱点だった。(大容量バッテリーは厚すぎる)

U101

U1012

4) 富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WN
U50WNはLOOX Uの初期型だが,今でも使っておりとってもいいぞ。最近はネットPCとかでそこそこ小さいB5ノートがいろいろ出ているが,最もお勧めしたい1台である。
詳細についてはあとでブログに書こうと思う。

Loox

この流れだと,次はやっぱりSONY VAIO typeP??

<PDAっぽいもの-1> キーボード付き
1) CASIO カシオペア A-55V
WindowsCEに初めて触れた1台。何もできないと思わせた1台でもある。
この大きさでPCカードとCFのスロットがあるのは驚きだ。更に単3電池で駆動するのもこれが最後だろう。
Megahertz XJACKのモデムも認識できていちおうモバイル通信も可能だった。

2) DoCoMo シグマリオン2
テキスト入力専用機としての結構長い期間使っていた。
LCDはカラーSTNなので鮮やかさに劣る(写真や動画には向かない)。表示範囲も狭くインターネット端末としても無理がある。バッテリーの持ちも短め。

Sig

Sig2

3) DoCoMo ポケットポストペッ×2台
ポストペットをやりたかったわけではなく,WindowsCE化して遊んだだけ。実用性はとても低い。
当時はシグマリオン2よりも液晶がキレイと思っていたが,今見てみるとひどいものだ。時代は進歩しているなぁ

Ppp

4) SHARP Zaurus SL-C3100
今でも究極のPDAだと思う。もちろんスペシャルカーネルは入れたほうがいい。pdaXromまで入れるとPDAというよりは超ミニPCと言ったほうがいいくらいポテンシャルが上がる。
Linuxを使いこなせる人は使い方も広がるはず。いろいろいじりがいがある1台だった。
不満はLCDの視野角がとっても狭いこと。Linuxを使いこなせないオレはWindowsCEマシンへ

C3100

C31002

<PDAっぽいもの-2> キーボード無し
1) SONY VAIO Gear infoCarry×2台
テキストビューワーに特化したコンセプトは素晴らしいが,実際に文字を読むにはツラかった。

2) SHARP Zaurus SL-A300
とってもコンパクトで洒落たデザイン。LCDは今はほとんど見ないフロントライト。
CFの通信カードを使うためにはコミュニケーションアダプタ(ランドセルってみんな呼んでいるようだ)を使わないといけないので,結局は大きくなってしまう。とにかく遅く,使い道がなかった。

3) HP H2210
SL-A300の不満だったCFスロットも装備してあり,大きさ,機能ともPDAとしてはほぼ完成形と思わせてくれた1台。ただこれでインターネットするには表示範囲が狭すぎる(PDAはこんなものだが)。
でも究極のPDAを手に入れた時点で,自分がPDAでやりたいことがないことに気付いてしまったオレがそこにいた。

H2210

H22102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL XPS One カスタマイズ 小ネタ

DELL XPS Oneのカスタマイズネタを少し。(XPS OneネタというよりはVistaネタもあるが...くれぐれもご自身の責任で)

1) マウス
Logitech製だが,形からはLogicoolのLX5 Coordless Optical Mouseっぽいので,SetPointをインストールするとボタンのカスタマイズができる。

Logicool

2) ディスプレイドライバ
Intel G33 Express ChipSet Familyだが,DELLの最新ドライバは7.14.10.1322。Intelのホームページから最新版(15.12.4.1666) をダウンロードすればいい。しかし,EXEファイルだとインストール時に「インストールしようとしているドライバはこのコンピュータでは無効です。コン ピュータの製造元から適切なドライバを入手してください。」みたいなメッセージが出てはじかれるので,ZIPファイルをダウンロード~解凍し,デバイスマ ネージャーからドライバをインストールするとアップデートできる。

3) オーディオドライバ
こちらもRealtek Audio Driverだが,DELLの最新ドライバは6.0.1.5555a。Realtekのホームページから最新版(R2.22) をダウンロードすればいい。Setup.exeでインストールできたが,再起動後になぜかMicrosoftのドライバ(6.0.6000.16386) が入ってしまったので,2)と同じようにデバイスマネージャーからインストールしたほうがいいかもしれない。(あとで気付いたのだが,もう一度 Setup.exeを実行するのが正しい手順っぽい)

MicrosoftのHigh Definition Audioドライバは何か変で,出力先をスピーカーやヘッドホンと任意に選択できる。ヘッドホンを差したままスピーカーから音を出すという裏技も可能。但し,直ぐに反映するのではなく,アプリケーションソフトが起動したときの設定で決まるようだ。とにかく挙動不審。

4) Internet Explorer
Internet Explorerのタイトルバーに[Dellにより提供されたInternet Explorer]って表記されているのはなぜ?主張しすぎだぞDELL。
レジストリエディタでレジストリを編集すれば消えるので,やり方はココが一番詳しそう。

5) サイドバー
Googleデスクトップ(サイドバー)ってイマイチで,ガジェットも少なく気に入ったものもない。
Windows標準のサイドバーのほうが使いやすく,ガジェットはコレがお気に入りだ。欲しい機能は全て揃っているし,並べても統一感があるのが最高。

6) ユーザーアカウント制御
何かプログラムをインストールしたりすると,「プログラムを続行するには あなたの許可が必要です。」とユーザーアカウント制御の警告が出る。
これを無くすにはコントロールパネルのユーザーアカウントから無効にすればいいのだが,それでもこんな感じで警告される。まったく大きなお世話な機能...

Kakunin

ココを参考にレジストリを編集すれば出なくなる。

7) ログイン画面
あの変な色のオーロラは気に入らないと思って調べたら,やっぱり変更ツールがあった。
LogonStudio Vista
ココココを参考にしてデスクトップの背景と同じ赤いXPSの壁紙に変更してみた。ログインから背景が変わらないのがクールと思い込んでいる。>オレ
XPSの壁紙はC:\Windows\Web\Wallpaperに入っているので,そこを指定してApply。おぉ~ッ,とっても簡単。

Logonstudio_vista

でもちょうどXPSのPの文字でログインパスワード...ちょっとダサイな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL XPS Oneの起動音って

DELL XPS Oneの起動音は不思議,なぜかその時々により音が変わる。


DELL XPS One 起動音コレクション

ピッポッパピッポッパ

ヒピッポッパ(最初のヒはときどき頼りない音になる)

ピ・・・ピッポッパ

ちなみに後半のうねり音がPC本体のHDDの振動音。

それにしてもこの音ってセンスがない... これなら鳴らないほうが絶対にいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL XPS Oneの地デジってどう

DELL XPS Oneの地デジの感想をまとめました。

分類 メーカー 型番 コメント
ハードウエア I-O DATA GV-DTV/HE(DL) デバイスマネージャーから確認した型番。ドライバではAVerMedia ISBT-T
ソフトウエア CyberLink TV Enhance VAIOとかでも使っているソフトっぽいが,必要最小限の機能だけで好みにカスタマイズできない。

ダビング10には未対応で単にTVを見るくらいの用途なら問題ないはずなのだが,残念ながら購入したときからカクツキの不具合があった。
このブログでいうカクツキの定義:2~3分毎に画像が一瞬止まる現象で,視聴だけではなく録画でも同様に発生する。

特にスポーツ番組のような動きが速いシーンでは見るに耐えられないので,いろいろ原因調査したが自分では解決できず。

<調査内容>
・Aero/解像度/色数の変更
・不要なソフトウエア/ドライバ類を停止
・CPUの負荷
CPU使用率はこんな感じ(赤ポッチがカクツキの瞬間付近)。問題ないよな。

Xpsone_cpu

インターネットで調べても類似の同様の事例は見つからないので,DELLサポートに問合せてみたが解決せず。

■ 結論 ■
XPS Oneの地デジのカクツキは不良ではなく仕様だと思う。この値段で普通の地デジ性能を求めてはいけない。

XPS Oneで地デジをエンジョイしたい人は地デジなしを安く購入して外付けチューナーを増設したほうがいいかもよ。...って今なら地デジ付きでも異常に安いけど。
XPS Oneは他のメーカーがどこも作ろうとしなかった安くて素晴らしいパソコンなだけに非常に残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL XPS One レビュー

DELL XPS Oneを早速レビューする。(詳細のレビューはここのほうが詳しい)
梱包は73cm×52cm×25cmで重さ19.5kg。ちょっと大きいが取っ手が付いているので運びやすい。ォィォィそこからレビューするのか >オレ

Hako

外箱に納品書が貼ってある。外箱を開けると小箱が入っており,その中にはキーボートなどの付属品が入っている。

Hako2 Hako3

キーボード: テンキーはないがノートPC派なので全く不満はない。トラックパッドも付いているが使うことは殆どない。

Key

マウス: Logitech製のマウスで至って普通。もっとボタンがほしい。

マウスパッド: フレキシブル性はなくとっても丈夫(高級感あり)。表面は滑りやすく使いやすいがちょっとデカすぎる。

Mouse

リモコン: とってもデカい。使わないので邪魔なだけ。

Key2

ケーブル関係: 外部入力するときのケーブルだが使うことはなさそう。

Conect2

イヤホン(Creative EP-630): 使った感想はブログを参照。

Ep630

クロス: 何に使うかはわからないが色落ちしそう。

Cloth

マニュアル+CDケース: 無駄に高級で,分厚い割りに全ての冊子類が入らない。

Book

XPS One本体: 発泡スチロール+緩衝材+更に裏側は保護フィルムが貼られており,梱包は完璧。

Hako4 Film_3

インターフェースは裏側の中央部に全て集まっており,とってもシンプル。一体型PCは数多くあるが,これほど裏側が美しいのはXPS Oneだけだろう。(裏を見ることはほとんどないのだが...)

Conect

B-CASカードは別梱包となっており,マニュアル通りに差し込めばいいのだが,けっこう奥までズボッと差し込まないと認識されないので注意したほうがいい。

Bcas1 Bcas2

接続が完了したら電源ON。

Xps_one_2nd

残念な点①: ファンの音やHDDの振動音など動作音は静かなほうではない。
HDDの型番はWDC WD5000AAKS-75A7B0なので交換すればいいのだが,メーカー保証は受けられなくなる。
ちなみにDVDドライブはTEAC DVD+-RW DVW28SLC。

残念な点②: 地デジでカクツキが... >> 続きを読む

この値段で性能や品質に過度の期待をしてはいけないということだな。いろいろ不具合や不満はあるが,この安さはお買い得なのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DELL XPS Oneを買いました

パソコン用の地デジチューナーも出揃ってきたので増設しようかなと思ったら,手持ちのデスクトップPCは地デジチューナーに対応していなかった...
現在のパソコンに不満はないが,そろそろ買い替え時かということで本格的に機種選定をスタート。
実は次に購入するパソコンはACER Aspireとずっと決めていたのだが,DELL XPS ONEのあまりにもお買い得な金額にポチッてしまった。

それから数週間後,手元の届いたXPS Oneは今までにないモダンスタイリッシュな高級感(古臭いデザインと言われても否定できないが...)
地デジ,ワイヤレスキーボード/マウスだけでもうれしいのに,マウスパッドやらイヤホン,CDケースとあれこれオマケグッズも豊富で絶対に安いぞDELL。

設置後に緊張しながら電源ON,ドッド抜けはなさそうだと一安心。ファンは静かだが動作音は予想以上にうるさい。ウ~ンとかブ~ンとか振動音のような感じ(うるさいとまではいかなくても決して静かとは言えないレベル)
やっぱり静音ならACER Aspireにしとけばよかったか...という後悔の念を払拭しながら,いろいろセットアップ。

はじめてのVistaに戸惑いながらも,やっとお楽しみの地デジを...さすがキレイだ。LCDの発色や視野角はいい感じだが,応答速度は見劣りするな。あれッときどきカクツキが...  >> 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »