« MicroSD用USBカードリーダーを買いました | トップページ | IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較 »

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WNでUbuntuな気分

富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WN(初代)でUbuntu(ウブントゥ )を使ってみた。(Ubuntuだけでは画面キャプチャーできないので文章中心で)

まずはLOOX UでUbuntu(8.10)は起動するのか? ISOファイルをダウンロード → CD-Rに焼く → CD-ROMから起動 → とりあえず動作できた。

UbuntuをインストールするにはHDDのパーティション操作が入るようだ。
CD-ROMからUbuntuを起動させてブートできるUSBメモリも作成できるのだが,残念ながらLOOX UにはUSBスロットが1個しかないので無理だ。

そこで,他のPCでUSBメモリにインストールしてみることにした。CD-ROMでUbuntu起動の可否はこんな感じ。手元のPCで条件が合うのはVALUESTAR FZだけだ。

Ubuntu ver. LOOX U50WN VAIO TypeTX XPS ONE VALUSTAR FZ
8.10 × ×
8.04 × ×

USBメモリを準備。実際はUSBメモリではなくUSBカードリーダー(DN-CR266B)+microSD(2GB)を使用した。(FAT32でフォーマットしておく)

VALUESTAR FZでCD-ROMからUbuntuを起動させ,USBメモリが認識されるとデスクトップにアイコンが現れる。
メニューの [システム] → [システム設定] → [Create a USB startup disk] でブートできるUSBメモリを作成できる... はずなのだが,何度やってもUSBブートできなかった。
WEBで調べたらUSBメモリにインストールする方法もあるようなので,早速試してみた。

USBメモリをマウントしたままではUSBを選択できないので,あらかじめアンマウントしておく。
以降はココの手順どおりに進める。途中でパーティションが小さすぎると警告が出たが,無視して続行。
その勢いのままインストールボタンをクリック... アレッ「やっちまったなぁ~!」のパターンじゃん。
急いでインストールを強制終了したので,HDDにブートローダーをインストールされなかった。(よかった)

気を取り直して,もう一度始めからトライ。インストールボタンの前に忘れずに [拡張] をクリックして,USBにブートローダーが入るようにする。
インストールは始まったのだが,後半で容量が足らないとかで途中で終了。

次はmicroSDを4GB(EverGreen DNF-TSD4096)に変更して全てをやり直し。今度は警告は出ずに問題なくインストールが完了した。

2GBと4GBのメモリの中身はこんな感じに自動的にパーティションを切られていた。

Ubusb

さてLOOX Uの出番です。BIOS設定でUSB HDDで起動できるようにしておく。(USB MEMORYでは認識されなかった)

Ubbios

インストールしたUSBメモリを差して,電源ポチッ,オォ~ ブートローダーが現れた。(下の写真は後述のアップデート後)

Ubboot1

Ubuntuを選択すると,ログイン画面が出た。(音がでかいので驚く)

Ubboot2 Ubboot3

そして,遂にUbuntuを起動できた。当たり前だがHDDの音はせず,アクセスランプも消えたまま。(右奥で青く光っているのがUSBメモリ)

Ubloox

LOOX Uでは画面(縦600ドット)が狭くて上下のバー(パネルって呼ぶようだ)がジャマで設定等でOKボタンが押しにくい。
プロパティでパネルを自動的に隠す設定にすればいいのだが,はじめはわからずに下のパネルを右サイドに寄せたら,起動時にフリーズするようになってしまった。(ブートローダーのrecovery modeで修復できた)

無線LANは設定しても接続ができない。CD-ROMブートの時は問題なかったような気がするので,別のPCでインストールしたためにドライバが入っていないのか?
とりあえず有線LANで接続することにした。

アップデートファイルがいっぱいあるぞとメッセージがあったので,全て更新してみた。(かなり時間がかかる)
全てが完了し,再起動したら... おぉ~ 無線LANが使えるようになっているではないか。ドライバを確認してみたところ,Atheros 802.11 wireless LAN cards. が追加されている。(11gは問題ないが,11aでは接続できないようだ)

せっかくなので,速度を計測してみた。Vistaよりは軽いとウワサされているが,XPより極端に早いということはなさそうだ。(USBブートなので比較できないが... )

比較項目 Ubuntu 8.10/USBブート WindowsXP(Vistamizer)
起動時間-1(FMV起動ロゴ~ログイン画面) 73秒 56秒
起動時間-2(ログイン画面~ビジー状態終了) 23秒 25秒くらい
シャットダウン時間(~電源OFF) 23秒 33秒

参考まで他のUSBリーダーについても試してみた。MSD-UCRでは問題なく起動したが,DN-MSCR-F376では起動途中でフリーズした。USBリーダーなら何でもOKというわけではないようだ。

Ubuntuの使い道は考えていないが,いろいろと遊べそう。オレにLinuxの知識があれば... 。

続きはこちらからどうぞ。

USBブートでUbuntuな気分

Ubuntu カスタマイズ 小ネタ

|

« MicroSD用USBカードリーダーを買いました | トップページ | IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較 »

03 タブレット・ノートPC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1478988/39099033

この記事へのトラックバック一覧です: 富士通 FMV-BIBLO LOOX U50WNでUbuntuな気分:

« MicroSD用USBカードリーダーを買いました | トップページ | IO DATA GV-MVP/HZ2W とXPS Oneの地デジ比較 »